吉川三左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

吉川三左衛門(よしかわさんざえもん)は、当時今浜と呼ばれた町を豊臣秀吉の命により長浜城下町として整備することに尽力した。長浜十人衆・長浜三年寄の一人。

近江国浅井郡早崎村(現・滋賀県長浜市)出身。墓は天台真盛宗宝生山知善院にある。吉川家の跡地は現在長浜市立長浜幼稚園となっており、門柱が残存している。代々吉川三左衛門を名乗るが、幕末の三左衛門(五助)の息子で荒木寿山の養子となった漢方医荒木舜庵の娘庸の夫は江戸芝神明の根付師・幇間で名高い尾崎惣蔵(尾崎谷斎・武田谷斎)であり、その長男が作家の尾崎紅葉である。

今日は何の日(1月16日

もっと見る

「吉川三左衛門」のQ&A