吉川景都

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

吉川 景都(よしかわ けいと 、12月11日 - )は、日本の女性漫画家神奈川県出身、東京都在住。

吉川 景都 (よしかわ けいと)
生誕 12月11日
神奈川県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2003年 -
ジャンル 少女漫画
エッセイ漫画
青年漫画
代表作
  • 『片桐くん家に猫がいる』
  • 『猫とふたりの鎌倉手帖』
  • 『鬼を飼う』
  • 『子育てビフォーアフター』
  • 『さよならわたしのおかあさん』
  • 『葬式探偵モズ シリーズ』
テンプレートを表示

来歴[編集]

  • 2003年、大学在学中に少女誌『LaLa』でデビュー。藤栄道彦の元アシスタント[1]。『まんがタイムスペシャル』で2005年から2008年にかけて連載した『24時間サンシャイン!』で初の単行本を上梓。多岐に亘る作風が特徴的で、テンポのいい会話でみせるストーリーエッセイコミックなどで人気を博す。著書に『片桐くん家に猫がいる』『子育てビフォーアフター』(新潮社)、『モズ』シリーズ(集英社クリエイティブ)、『鬼を飼う』(少年画報社)などがある。
  • 2019年、『みんなが選ぶ!!電子コミック大賞』にて、『鬼を飼う』が男性部門賞を受賞。

人物[編集]

  • 自宅にを4匹飼っている。名前は「リュー」「ニナ」「リン」「ハル」。全て雑種。吉川氏のtwitterにてしばしば写真が公開されている。その愛らしい姿に、時には数千単位のRTがつくことがある。
  • 猫を題材にした漫画が多い。飼っている猫をモデルにしているものもある。
  • えっちゃんという娘がおり、産前の子育てに対するイメージと、産後のギャップをコミカルに描いたエッセイ漫画『子育てビフォーアフター』をtwitterに投稿すると、幅広い世代に拡散され話題になる。その後も漫画をtwitterに投稿を続け、後に『コミックバンチweb』にて連載漫画となる。

作品リスト[編集]

連載作品

単行本

読み切り

  • 『しゃばけ漫画 仁吉の巻』(新潮社)

挿絵・イラスト

脚注[編集]