吉川泰弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

吉川 泰弘(よしかわ やすひろ、1946年11月 - )は、日本獣医師獣医学者。

長野県飯田市出身[1]1965年長野県飯田高等学校卒業[1]東京大学理科Ⅱ類入学[1]1971年東京大学農学部畜産獣医学科卒業[2]1976年、東京大学農学系大学院博士課程修了[1][2]、農学博士号取得[1][2]、獣医師免許取得[1]厚生省国立予防衛生研究所入所[2]1977年-1979年ユストゥス・リービッヒ大学ギーセンのウイルス研究所に留学[2]1980年東京大学医科学研究所助手、同講師、同助教授[2]1991年厚生省国立予防衛生研究所筑波霊長類センター長[2]2007年東京大学大学院農学生命科学研究科教授[2]を歴任し、2010年定年退職、名誉教授[2]。2010年北里大学獣医学部教授に就任、2012年定年退職[2]。2012年、千葉科学大学副学長・危機管理学部教授に就任[2]2018年4月、岡山理科大学獣医学部長に就任[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g プロフィール”. 吉川泰弘のホームページへようこそ!. 2018年5月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 獣医さん走る―家畜防疫の最前線 著者等紹介”. 紀伊國屋書店. 2018年5月10日閲覧。