吉川赳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
吉川 赳
よしかわ たける
生年月日 (1982-04-07) 1982年4月7日(38歳)
出生地 日本の旗 日本 静岡県富士宮市
出身校 大東文化大学法学部
日本大学大学院国際関係研究科
前職 宮沢洋一衆議院議員秘書
岩井茂樹参議院議員秘書
所属政党 自由民主党岸田派
称号 修士(国際関係)
配偶者
親族 父・吉川雄二(静岡県議会議員)
公式サイト 吉川たける事務所

選挙区 比例東海ブロック静岡5区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月21日[1] - 2014年11月21日
2019年3月13日 - 現職
テンプレートを表示

吉川 赳(よしかわ たける、1982年4月7日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。

来歴[編集]

静岡県富士宮市出身(現住所は富士市横割本町)[2][3]。父親は後に静岡県議会議員となる吉川雄二で、次男として生まれた[4]。吉川雄二は1991年より6期連続当選中[5]2005年3月、大東文化大学法学部卒業[要出典]。この後、日本大学大学院国際関係研究科国際関係研究専攻博士前期課程修了。宮沢洋一衆議院議員や岩井茂樹参議院議員の秘書を務める[2]

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙静岡5区から立候補。小選挙区では民主党政調会長細野豪志に敗れたが、比例東海ブロックで復活し初当選した[6][1]

2014年12月、第47回衆議院議員総選挙で再び細野豪志に敗れ、比例東海ブロックでも復活ならず落選した[7]

2017年10月、第48回衆議院議員総選挙希望の党公認の細野に三たび敗れ、比例東海ブロックでも復活ならず落選した。

その後、2019年1月27日に大見正安城市長選挙に立候補したことに伴い議員を失職し、青山周平が2月5日付で繰り上げ当選。2月6日、田畑毅準強制性交容疑で刑事告訴され[8]、自民党を離党したのち3月1日に議員辞職。これに伴い、同月12日に行われた選挙会で吉川の繰り上げ当選が決定し[9][10][11][12]、翌13日に告示された[13]

政策[編集]

不祥事[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ a b プロフィール | 吉川たける公式WEB
  3. ^ 自由民主党静岡県第五選挙区支部 政治資金収支報告書(平成29年分定期公表) (PDF)”. 静岡県選挙管理委員会 (2018年11月21日). 2019年10月31日閲覧。
  4. ^ 富士ニュース 衆院静岡5区支部長 吉川赳氏が内定 (2012/07/02)
  5. ^ 静岡県議会議員 吉川雄二 プロフィール
  6. ^ 読売新聞 2012年衆院選 民主・細野政調会長、知名度生かし5選
  7. ^ 「自公3分の2維持 ― 県内 自民6勝 民主2勝 ― 小選挙区 前回と変わらず」 『中日新聞』(中日新聞東海本社) 2014年12月15日朝刊 第12版 p.1
  8. ^ “田畑毅衆院議員に「乱暴された」 元交際女性が告訴、愛知”. 西日本新聞. (2019年2月20日). https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/488261/ 2019年2月20日閲覧。 
  9. ^ “田畑毅・衆院議員が辞職願提出 準強制性交疑いで告訴状”. 朝日新聞. (2019年2月27日). https://www.asahi.com/articles/ASM2W63MGM2WUTFK01N.html 2019年2月28日閲覧。 
  10. ^ “田畑毅衆院議員の辞職願を許可 準強制性交容疑で告訴状”. 朝日新聞. (2019年3月1日). https://www.asahi.com/articles/ASM314D57M31UTFK00M.html 2019年3月3日閲覧。 
  11. ^ “東海ブロック(比例区)-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選)”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2017/kaihyo/O07.html 2019年2月28日閲覧。 
  12. ^ 自民・吉川氏が繰り上げ当選=二階派入り細野氏と競合-衆院 - 時事ドットコム 2019年3月12日
  13. ^ 中央選挙管理会告示第8号平成31年3月13日官報(本紙 第7466号)2ページ
  14. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  15. ^ “国会のモラル崩壊 「女帝」熟読、ワニ動画閲覧… 審議と無関係な行為横行”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2020年7月24日). https://mainichi.jp/articles/20200715/k00/00m/040/167000c 2020年11月8日閲覧。 
  16. ^ プロフィール”. 吉川たける公式WEB. 2019年8月12日閲覧。
公職
先代:
神田憲次
今井絵理子
藤原崇
進藤金日子
青山周平
中野洋昌
和田政宗
加藤鮎子
渡辺孝一
日本の旗岡下昌平
和田義明
宗清皇一
鳩山二郎
神谷昇
松川るい
三谷英弘
佐藤啓と共同

2020年 -
次代:
現職
先代:
藤原崇
青山周平
中野洋昌
日本の旗 復興大臣政務官
三谷英弘
佐藤啓と共同

2020年 -
次代:
現職