吉川静夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

吉川 静夫(よしかわ しずお、1907年明治40年)8月28日 - 1999年平成11年)4月10日)は、日本の作詞家詩人。日本音楽著作家協会名誉会長[1]

来歴[編集]

北海道帯広市出身。生まれは札幌市北海中学駒澤大学卒業。小学校校長を経て、1936年キングレコードの「追分月夜」で作詞家デビュー[2]。戦時中はヒット作に恵まれなかったが、1946年岡晴夫「青春のパラダイス」で復活。その後はビクター専属となり、津村謙流れの旅路」、三浦洸一「落葉しぐれ」、三沢あけみ島のブルース」、青江三奈長崎ブルース」「池袋の夜」、森進一女のためいき」、竹山逸郎「熱き泪を」などのヒット作を生んだ[3][4]

その後は、日本詩人連盟、作歌者協会、民謡芸術協会常任理事、音楽著作権協会理事などを務めた。

1999年4月10日肝不全のため横浜市の病院で死去。享年91。

受賞[編集]

代表曲[編集]

校歌・応援歌など[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ コトバンク. “吉川静夫”. 2021年8月21日閲覧。
  2. ^ 十勝毎日新聞. “「編集余録「作詞家吉川静夫」2012.5.13”. 2021年8月21日閲覧。
  3. ^ コトバンク. “吉川静夫”. 2021年8月21日閲覧。
  4. ^ 歌ネット. “「吉川静夫作詞の歌詞一覧」”. 2021年8月21日閲覧。
  5. ^ 本別町. “「作詞家 吉川静夫と ほんべつ」2014”. 2021年8月21日閲覧。