吉持章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉持章
生誕 1936年????
日本の旗 日本 愛知県
出身校 日本クリスチャン・カレッジ(現、東京基督教大学
職業 実業家
テンプレートを表示

吉持 章(よしもち あきら、旧姓:鈴木、1936年 - 2019)は、スウェーデン同盟キリスト教団(いのちのことば社-伝道グループの正式法人名称)の代表役員。[1]

夫人と神学生時代に結婚し、夫人の姓になる。義父は吉持久雄きよめ教会の出身。戦前はハルピン教会で活躍した。[2] 2019年6月14日朝、召天。 長女は牧師夫人、長男厳信は外科医。 次男日輪生(ひわお)は大阪の茨木聖書教会の牧師である。

経歴[編集]

  • 1936年 愛知県に生まれる
  • 1953年 岡崎城の本丸跡での天幕集会で入信
  • 1959年 日本クリスチャン・カレッジ(現、東京基督教大学)を卒業。(1期生)
  • 1959年 岡崎愛宕山教会に赴任
  • 1963年 浜松中沢教会に赴任
  • 1975年 大阪の茨木聖書教会に赴任
  • 1981年 東京基督教大学4代目学長倉沢正則が茨木教会の吉持の元に赴任する。
  • 1987年 学校法人東京キリスト教学園理事長・学園長に就任する。
  • 1989年 千葉県流山市に平和台恵教会の開拓を始める。
  • 1996年 バイオラ大学より名誉神学博士号を授与
  • 1989年 宗教法人日本同盟基督教団理事長
  • 1998年より2年間 日本福音同盟理事長を勤める。 
  • 2011年 千葉県館山教会へ転任。
  • 2016年3月 退職。
  • 2019年6月14日朝、召天

著書[編集]

  • 「あすは明日に」ニューライフ出版社,ISBN 4822501221
  • 「天使の腰掛け」
  • 「全き安らぎ」ニューライフ出版社,1991年
  • 「用いられる教会役員・リーダーの20ポイント」いのちのことば社 1993年 ISBN 4264013879
  • 「旅人の歌 : 恵みの霊想」いのちのことば社 1995年 ISBN 4264015170

脚注[編集]

  1. ^ 宗教年鑑 平成 28 年版 (文化庁、151p) [1]
  2. ^ 吉持久雄は日本ホーリネス教会福音使として、安東に在住している時に、1933年5月14日に訪問中の中田重治監督の司式により結婚式を挙げた。『中田重治伝』417ページ
先代:
舟喜信
日本福音同盟理事長
第5代1998-1999
次代:
蔦田公義
先代:
安藤仲市
東京キリスト教学園理事長
第2代:1987-2004
次代:
赤江弘之