吉本超合金F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉本超合金F
ジャンル バラエティ番組
出演者 FUJIWARA
ほか
製作
プロデューサー 岩谷哲幸
山田桂子
ほか
制作 テレビ大阪
吉本興業
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
2001年3月まで
放送期間 2000年7月9日 - 2001年3月25日
放送時間 日曜 24:20 - 25:15
放送分 55分
回数 36
2001年4月以降
放送期間 2001年4月1日 - 2002年9月29日
放送時間 日曜 24:35 - 25:30
放送分 55分
回数 75

吉本超合金F』(よしもとちょうごうきんエフ)は、一部テレビ東京系列局びわ湖放送で放送されていたテレビ大阪吉本興業共同製作のバラエティ番組。全111回。製作局のテレビ大阪では2000年7月9日から2002年9月29日まで、毎週日曜深夜に放送。

概要[編集]

FUJIWARAの2人が毎回街へ繰り出しては面白ロケを敢行していた深夜番組。収録の殆どをロケで行うロケ番組であり、FUJIWARAをロケ芸人に仕立てていった番組である[独自研究?]。前身番組の『吉本超合金』ではFUJIWARAと2丁拳銃がメインを務めていたが、2丁拳銃の東京進出が決まったため、新番組としてリニューアルしたのがこの『吉本超合金F』である。放送第1回目では、藤本敏史の「パワーダウン間違いなし!」と半ば自虐的な発言から始まった。

番組は『吉本超合金』の流れを継承し、素人のおっちゃんやおばちゃんを弄る、アポイントメント無しでゲリラロケを敢行する、企画内容をタレントに知らせない、台本が無い、嘘の企画を伝える、公共の河川敷で大量の火薬を実験せずに爆破する、番組内で「LOVEゲーム」と呼ばれる罰ゲーム類をスタッフが事前にチェックせず、ぶっつけ本番でタレントに行わせるなどしていた。他にもうどん等の食べ物を粗末にしたり、出演者が全裸になった姿を放送したため、PTAの「子どもに見せたくない番組」の関西地区版では、全国放送の番組である「めちゃイケ」や、「ロンドンハーツ」と並んでトップ5に入ったこともある[1]。また、このランキングを逆手に取った企画を放送したこともある。

実施する企画の内容によっては、FUJIWARA以外の芸人が仕切ることもあった(バッファロー吾郎竹若元博サバンナ高橋茂雄、ピン芸人の陣内智則など)。また、テコンドー東アジアチャンピオンの有田充臣やパンクラス美濃輪育久等の格闘家が出演することもあり、芸人が格闘家を相手にガチンコで対決するという無謀な企画を行ったこともある。

番組の冒頭では毎回、藤本が一発ギャグ的な雄叫びを上げ、それをきっかけに番組がスタートしていた。番組の流れとしては、baseよしもと前でロケのオープニングを行い、そこからロケ現場へ移動して撮影を始めるというものであった。1時間番組にしてはロケ時間は非常に長かったらしく、オープニング時には早朝であっても、エンディング時には深夜という状況がよく見られた。エンディングテーマのクレジット等の表記は無かったが、T.M.Revolutionの歌が主に使用されていた。

2001年4月15日放送分からは「インタラクティブエンターテイメントロケバラエティー」と称し、視聴者からのリクエストに応じたロケも行うようになった。また、放送中期に差し掛かると、意味も無く頻繁にLOVEゲームを行うようになった。LOVEゲームの執行人は、FUJIWARAよりも若手の芸人や素人が担うことが多かった。

最終回では、感動系番組でよく見られるような長距離マラソン企画を実施した。内容は、FUJIWARA自らが100キロメートルという長大なマラソンにチャレンジし、ゴールであるフェスティバルゲートを目指すというものである。特にお互いが走る距離を決めずに、走れなくなったら交代するといういい加減な内容でスタートしたため、交代の度に2人の間で小競り合いが起きた。また、ゴール500メートル手前でどちらがゴールするかでも、同様に小競り合いが起こった。マラソン自体は医師が同伴する、それなりに本格的なものであったが、治療を受けている無防備な状態の相方を攻撃したり、藤本が医師を待たずに自分でテーピングを剥がしたため、生皮を剥いでしまったりとハプニングは絶えなかった。道中には、今までゲストとして出演した吉本タレントを含め、原西、藤本親子などが出演し、FUJIWARAにとても微妙な声援を送った。ゴールであるフェスティバルゲートには、『吉本超合金』出演時に共演していた2丁拳銃が待機しており、最後に2丁拳銃との感動の再会を果たす、というエンディングが用意されていた。「終着であるゴールへ到着した2人は、再会により2人だった頃の原点へ戻り新たなスタートを切る」という、普通なら涙を誘う内容で締め括られるはずが、吉本超合金らしく特に感動は無くグダグダのまま終了した。ちなみに、番組の最後を締め括った台詞は、『吉本超合金』の第1回放送時に藤本が発した雄叫び「んんん〜! ストライーク!」である。

番組の終了後、同日曜深夜枠では替わってケンドーコバヤシをメインに据えた後継番組『吉本超合金K・ケンコバ大王』がスタートした。そしてFUJIWARAの2人は、かつて『吉本超合金』が放送されていた水曜深夜枠で始まったコント番組『吉本もののけバラエティー 妖怪ブッサイくん』を担当した。

2017年9月17日に吉本超合金F2017として15年ぶりに特番として放送された。

出演者[編集]

FUJIWARA[編集]

藤本敏史(ふじもと としふみ)
この番組に出演する若手芸人たちの言わばリーダー的存在。若手芸人の面倒見も非常に良いらしく、悩み相談を受けたりもしているらしい。しかし、大変なヘタレであるという一面も持つ。番組でもその事がフィーチャーされ、ドリフトカーに無理やり乗せられてヘタレを克服するという企画が行われたが、結局直らなかった上、嫌になって逃げようとして下半身が深いドブにはまったりと散々な目に遭った(藤本は2丁拳銃のいた『吉本超合金』時代にもロケ中にドブにはまったことがある)。また、ツッコミという立場であるにもかかわらず、ギャグ(申し訳ない・マ〜!)を作ったり、原西のギャグをパクったりと積極的に笑いを取りに行こうとする。その事がきっかけで原西と口論になった事もある。野性爆弾城野の家で『KAZEの谷のNEWシカ』というタイトルのアダルトビデオを見つけ、そこからNEWシカというキャラクターが出来た。あだ名は「フジモン」(番組内のテロップなどにも使用)、原西のみ「おとち」と呼ぶ。
原西孝幸(はらにし たかゆき)
顔がゴリラに似ているという事から、番組内で「ラリーゴ」と呼ばれていた。突然、意味不明の動きで笑いを取る事を得意とする。また、力が強く、この番組に出演する若手芸人の中では最強クラスのパワーを誇り相撲が得意。しかし、「有言実行超合金」でサバンナの八木とのガチンコバトルに負け、後輩に土下座するという屈辱を味わった事もある。藤本がギャグを作ったりすることを腹立たしく感じている。女性が大の苦手であることから、女性のヌードをデッサンさせられたことがあるが、まったく何が描いてあるか分からない状態だった。愛猫(オス)と結婚させられたことがある。後輩の若手芸人と積極的に付き合う相方の藤本に対し、原西は後輩の若手芸人とは深く付き合おうとせず、仕事が終わればさっさと家に帰ってしまうため、私生活が謎だとされた。そんな私生活を探るため、原西自身が抜き打ち家庭訪問企画の最初の餌食になったり、隠しカメラで私生活を盗み撮りされたりしている。また、大変な酒豪で知られているが、深酒が原因でロケに遅刻したり、マンションの階段から転げ落ちて鎖骨を骨折するという重傷を負ったこともある。

ゲスト出演者[編集]

サブタイトル(放送日)[編集]

2000年[編集]

  • FUJIWARA接待超合金(2000年7月9日)
  • 料理対決超合金(2000年7月16日)
  • 原西ボケまくり超合金(2000年7月23日)
  • 祝!FUJIWARA10周年超合金(2000年7月30日)
  • 超合金 巌流島の戦い(2000年8月6日)
  • できるかな超合金(2000年8月13日)
  • レース超合金 in 鈴鹿(2000年8月20日)
  • ヤッタゼ!CD発売超合金(2000年8月27日)
  • フジワラポリス超合金(2000年9月3日)
  • 夏休み絵日記超合金(2000年9月10日)
  • ルパン超合金(2000年9月24日)
  • 完全アドリブ芝居超合金(2000年10月1日)
  • 無人島超合金(2000年10月8日)
  • 総集編だよ!超合金F (2000年10月15日)
  • 大江戸超合金(2000年10月22日)
  • 死ぬまで働け!超合金(2000年10月29日)
  • ドキュメント超合金(2000年11月5日)
  • クイズ!罰ゲーム超合金(2000年11月12日)
  • しゃべりまくり超合金(2000年11月19日)
  • 視聴率アップ超合金(2000年11月26日)
  • スターFUJIWARA てんぐ超合金(2000年12月3日)
  • 親孝行超合金(2000年12月10日)
  • タイマン対決 ラーメン超合金(2000年12月17日)
  • 善VS悪 クリスマス サンタ超合金(2000年12月24日)

2001年[編集]

  • 酔っぱらいレポート超合金 IN 神戸(2001年1月7日)
  • マジクイズ超合金 IN 須磨(2001年1月14日)
  • 京都競馬 with 師匠 超合金(2001年1月21日)
  • 帰ってこいよ!超合金(2001年1月28日)
  • 帰ってこいよ!超合金 完結編(2001年2月4日)
  • バレンタイン LOVE 超合金(2001年2月11日)
  • 完全アドリブ芝居超合金2 (2001年2月18日)
  • 転職超合金(2001年2月25日)
  • 祝30歳だよ超合金(2001年3月4日)
  • 日帰り温泉!禁止づくしツアー超合金(2001年3月11日)
  • 世直し!新撰組超合金(2001年3月18日)
  • 総集編だよ超合金 原西がオシャレゴリラに変身するよスペシャル(2001年3月25日)
  • チャレンジ超合金(2001年4月1日)
  • お勉強2択世界ツアー超合金(2001年4月8日)
  • 催眠能力アップ超合金(2001年4月15日)
  • コギャルといっしょ キャンプ超合金(2001年4月22日)
  • 自腹超合金(2001年4月29日)
  • 目指せ!原付き免許超合金(2001年5月6日)
  • OKINAWA満喫超合金(2001年5月13日)
  • どんどんこなせ!!リクエスト超合金(2001年5月20日)
  • 知名度調査超合金 in 滋賀(2001年5月27日)
  • パパはお笑い芸人超合金(2001年6月3日)
  • 完全アドリブ芝居超合金3 (2001年6月17日)
  • THE・ガマン対決超合金(2001年6月24日)
  • 祝50回直前吉本超合金F大前夜祭(2001年7月1日)
  • 50回だよ!超合金 ラブゲームツアー with 2丁拳銃(2001年7月8日)
  • サルの人間観察超合金(2001年7月15日)
  • 目指せ!!全国区タレント超合金(2001年7月22日)
  • ルパン超合金2 (2001年8月5日)
  • ギャンブル超合金 in 須磨(2001年8月12日)
  • ツーリング超合金 in 宮崎(2001年8月19日)
  • お笑い仁義なき戦い超合金(2001年8月26日)
  • 2001年大阪ゴリンピック超合金(2001年9月2日)
  • コンビラブツアー超合金(2001年9月9日)
  • 超合金抜き打ち家庭訪問(2001年9月16日)
  • 超合金未公開シーン蔵出しSP (2001年9月23日)
  • 告白超合金(2001年9月30日)
  • 秋のグルメ祭り超合金(2001年10月7日)
  • 超合金なにわ運だめしツアー(2001年10月14日)
  • 秋の修学旅行超合金 in 京都(2001年10月21日)
  • ダンディ超合金(2001年10月28日)
  • お弁当発売だよ!超合金(2001年11月4日)
  • バカ殿を守れ!!超合金(2001年11月11日)
  • 超合金未公開シーン大放出SP (2001年11月18日)
  • ドッキリ芸人クイズ超合金(2001年11月25日)
  • 世紀末救世主超合金(2001年12月2日)
  • 帰ってこいよ!超合金2 (前編)(2001年12月9日)
  • 帰ってこいよ!超合金2 (中編)、フジモンバースデイ!超合金(2001年12月16日)
  • 帰ってこいよ!超合金2 (後編)、フジモンバースデイ!超合金(2001年12月23日)

2002年[編集]

  • 新春!酔っぱらいお年玉争奪超合金(2002年1月6日)
  • 影武者・原西スカウトキャラバン超合金(2002年1月13日)
  • 完全アドリブ芝居超合金4 (2002年1月20日)
  • サルの人間観察超合金2 (2002年1月27日)
  • ゴリー・ポッターとけんじの石 超合金(2002年2月3日)
  • 北海道グルメ&スノボツアー超合金(2002年2月10日)
  • 原西全快祈願!超合金(2002年2月17日)
  • 魁!未公開超合金(2002年2月24日)
  • 原西!モー娘。裁判超合金、子育てシミュレーション!超合金(2002年3月3日)
  • 超合金抜き打ち家庭訪問2 (2002年3月10日)
  • みんなで頑張れ!トリプルファイト超合金(2002年3月17日)
  • 原西やっぱりネコが好き超合金、マサイの戦士!超合金!(2002年3月24日)
  • 祝東京進出!!おめでとうハリガネロック超合金(2002年3月31日)
  • 未来を変えろ!超合金(2002年4月7日)
  • base戦隊イチオシ5 超合金(2002年4月14日)
  • キャンパスイメージアップ超合金(2002年4月21日)
  • 下剋上ツアー超合金 in 滋賀(2002年4月28日)
  • 祝!子供に見せたくない番組関西ナンバー1超合金(2002年5月5日)
  • 親孝行ツアー超合金2 in 四国(2002年5月12日)
  • しげしげしげお超合金、base戦隊イチオシ5超合金2 (2002年5月19日)
  • 未公開だよ!超合金3 (2002年5月26日)
  • 7時間耐久タイマン鬼ごっこ超合金(2002年6月2日)
  • 血の抗争!ゴッドファーザー超合金(2002年6月16日)
  • 原西ジューンブライド超合金、恨み節!男ののど自慢超合金(2002年6月23日)
  • 原西有言実行超合金(2002年6月30日)
  • 祝100回!カムサハムニダ!超合金(前編)(2002年7月7日)
  • 祝100回!カムサハムニダ!超合金(後編)(2002年7月14日)
  • 大喜利修学旅行超合金(2002年7月21日)
  • サルの人間観察超合金3 with 巨人師匠(2002年7月28日)
  • FUJIWARAぶらり旅!超合金(2002年8月4日)
  • 超合金 渚のモテモテ王決定戦 in 須磨(2002年8月11日)
  • 超合金抜き打ち家庭訪問3(2002年8月18日)
  • 100人CMを作れ!街角Tシャツ狩り超合金(2002年8月25日)
  • 芸人クイズ超合金2 (2002年9月1日)
  • 残暑お見舞い!下克上ツアー超合金2 (2002年9月8日)
  • base戦隊イチオシ5超合金3 (2002年9月15日)
  • 100kmマラソン超合金 最終回スペシャル(2002年9月22日)
  • 100kmマラソン超合金 最終回スペシャル(2002年9月29日)

2017年[編集]

  • 帰ってこいよ!超合金90分SP (2017年9月17日)

スタッフ[編集]

レギュラー版[編集]

  • 構成:杉本つよし、ハスミマサオ、上地茂晴、渡邊仁
  • CAM:細川貴史
  • AUD:直田輝彦
  • EED:宮本憲一、上田重樹、冨山政義、岡崎由起子
  • MA/音効:衛藤恒明
  • CG:原田専門家、吉田恭子
  • デスク:加古なつめ
  • AD:土屋良介、安達澄子
  • ディレクター:大谷真也 → 笠原健広
  • プロデューサー:岩谷哲幸 → 清原寛(テレビ大阪)、山田桂子 → 上田泰三 → 磯俣拓生 → 安達祐子(吉本興業)
  • 制作協力:アイ・ティ・エス / WELLCAM (吉本系の独立前)、Trash戯音工房
  • 製作:テレビ大阪、吉本興業

復活スペシャル版[編集]

  • 技術協力:NTT西日本
  • ナレーター:ゆりやんレトリィバァ
  • 構成:ハスミマサオ、上地茂晴、上野貴
  • CAM:細川貴史、三村友昭(共によしもとブロードエンタテインメント
  • AUD:本城宣彰(よしもとブロードエンタテインメント)
  • CA:
  • EED:徳安悠治、高浦祐希(共によしもとブロードエンタテインメント編集室
  • SE:黒澤秀一(Studio Nest)
  • MA:直田輝彦(よしもとブロードエンタテインメント編集室)
  • 協力:よしもとブロードエンタテインメント、Studio Nest、すくらんぶる、WITH YOU
  • 編成:大川一馬(TVO)
  • 宣伝:内海あづさ(TVO)
  • WEB:
  • アシスタントプロデューサー:木谷綾子、新免奈々(よしもとブロードエンタテインメント)
  • ディレクター:平野孝雄、守屋賢(共によしもとブロードエンタテインメント)
  • 演出:石田耕平(よしもとブロードエンタテインメント)
  • プロデューサー:与十田孝輔(TVO)、小林めい(よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  • チーフプロデューサー:清原寛(TVO)
  • 制作協力:吉本興業
  • 製作著作:テレビ大阪

放送局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
大阪府 テレビ大阪 テレビ東京系列 日曜 24:20 - 25:15 (2000年7月9日 - 2001年3月25日)
日曜 24:35 - 25:30 (2001年4月1日 - 2002年9月29日)
製作局
北海道 テレビ北海道 火曜 25:40 - 26:35 (2000年8月1日 - 2001年3月27日)
木曜 25:50 - 26:45 (2001年7月12日 - 2002年3月28日)[2][3]
土曜 25:50 - 26:45 (2002年4月6日 - 2002年9月28日)
木曜 26:00 - 26:55 (2002年10月3日 - 2002年10月31日)
岡山県香川県 テレビせとうち 金曜 24:40 - 25:40 (不明 - 2002年3月29日)
金曜 24:50 - 25:45 (2002年4月5日 - 2002年10月11日)
福岡県 TVQ九州放送 水曜 24:40 - 25:35 [4]
滋賀県 びわ湖放送 独立UHF局 木曜 24:10 - 25:05 [5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ このランキングは、2002年に毎日放送の『たかじんONE MAN』で発表され、放送内容の一部が当番組でも放送されている(なお、当該回ではFUJIWARAもゲスト出演していたが、全く知らないふりをしていた)。
  2. ^ 2001年3月に一旦打ち切ったが、同年7月に放送を再開し、以後は最終回まで放送。テレビ大阪での放送休止回や空いた枠を使って打ち切り期間中の内容を補完していた。
  3. ^ 終了時刻に関しては若干の変動あり。
  4. ^ 2002年6月に打ち切り。その後の放送再開は無く、同局の公式サイトで突然の打ち切りについての謝罪文が掲載された。
  5. ^ びわ湖放送でのネット開始記念として、滋賀県北から県庁所在地の大津市まで自転車で巡るロケが行われた。
テレビ大阪 超合金シリーズ
前番組 番組名 次番組
吉本超合金
(1997年10月 - 2000年7月2日)
吉本超合金F
(2000年7月9日 - 2002年9月29日)
吉本超合金K・ケンコバ大王
(2002年10月6日 - 2003年3月30日)