吉村大輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉村 大輝(よしむら たいき 1992年6月19日- )は鹿児島県姶良市出身の陸上競技選手。専門は長距離走マラソン鹿児島実業高校流通経済大学卒業。旭化成陸上部所属。箱根駅伝関東学連選抜(現・関東学生連合)チームから3度出場したという珍しい経歴を持つ。

経歴・人物[編集]

高校は地元鹿児島県鹿児島実業高校に通い陸上部に所属。3年時には主将としてチームを引っ張り、同学年の市田孝市田宏兄弟や有村優樹らとともに活躍。2010年12月の全国高校駅伝では4区を担当し、先頭との差を40秒以上縮める力走でチームを初優勝に導いた[1]

高校卒業後、同級生の市田兄弟は大東文化大学、有村は明治大学箱根駅伝優勝経験のある強豪校に進学する中、箱根駅伝出場経験のない流通経済大学に進学した。吉村は入学初年度から箱根駅伝予選会で活躍。第88回箱根駅伝予選会では、流通経済大学の予選突破はならなかったものの、吉村は予選会での活躍から関東学連選抜のメンバーに選抜された。箱根駅伝本戦では山登りの5区を担当した。(区間8位) 翌年の第89回箱根駅伝でも関東学連選抜のメンバーとして再び5区を走った。(区間9位) 第90回箱根駅伝では関東学連選抜チームは編成されず、流通経済大学も予選会を通過できなかったため本戦への出場はなかった。 翌年の第91回箱根駅伝では関東学連選抜から改名した関東学生連合(オープン参加)の一員として選抜され、3度目の5区を走った。(区間9位相当)[2] 結果として吉村の在籍した4年間で流通経済大学は箱根駅伝本戦出場を果たせなかったものの、吉村は大学4年間で関東学連選抜(関東学生連合)チームから3度箱根駅伝に出走し、そのすべてで5区区間一桁の記録を残した。関東学連選抜チームからの箱根駅伝3度の出場は、史上唯一4年連続で関東学連選抜チームから箱根駅伝に出場した梶原有高(松蔭大学)に次ぐ記録である。ちなみに、関東学連選抜チームが編成されなかった第90回箱根駅伝の予選会でも吉村は全体の29位(流通経済大学内の1位)という好成績を収めており、仮に前年までの規則に則り関東学連選抜チームが編成されていたならば、吉村はその一員に選出された。

大学時代にはトラックレースでも関東インカレ男子2部10000mで2年生から4年生まで3年連続8位内入賞を果たすなど活躍した。また、大学卒業直前の2015年3月にはびわ湖毎日マラソンでマラソンデビューも果たしている。

大学卒業後、鹿児島実業時代のチームメイトである市田孝・宏兄弟、有村優樹に加え、村山謙太村山紘太兄弟(それぞれ駒沢大学卒・城西大学卒)、吉村らと同じく鹿児島県出身の大六野秀畝(明治大学卒)とともに旭化成に入社し話題を呼んだ[3]。旭化成入社後は同期の中で最も積極的にマラソンに挑戦し、2016年3月に地元鹿児島県で初開催された鹿児島マラソンではマラソン初優勝を果たした。

記録[編集]

自己ベスト[編集]

マラソン歴[編集]

大会 順位 記録 備考
1 2015年 第70回びわ湖毎日マラソン 29位 2時間19分36秒 初マラソン
2 北海道マラソン2015 19位 2時間23分32秒
3 第46回防府読売マラソン 4位 2時間13分12秒
4 2016年 第54回延岡西日本マラソン 2位 2時間16分15秒
5 鹿児島マラソン2016 優勝 2時間17分16秒 マラソン初優勝
6 シドニーマラソン2016 4位 2時間15分48秒
7 第47回防府読売マラソン 2位 2時間12分19秒
8 2017年 第72回びわ湖毎日マラソン 12位 2時間14分07秒
9 北海道マラソン2017 2位 2時間15分04秒
10 2018年 第67回別府大分毎日マラソン 27位 2時間18分09秒

駅伝成績[編集]

その他成績[編集]

出典[編集]

  1. ^ [1]鹿児島実 初優勝
  2. ^ [2]箱根駅伝公式Webサイト
  3. ^ [3]【箱根への道】旭化成から世界へ!スター7人衆そろって入社
  4. ^ [4]旭化成陸上部 選手・スタッフ紹介-吉村大輝
  5. ^ [5]男子 3000mSC 決勝
  6. ^ [6]男子2部 10000m 決勝
  7. ^ [7]男子2部 10000m 決勝
  8. ^ [8]男子2部 10000m 決勝