吉村寅太郎 (教育者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉村 寅太郎
Yoshimura Torataro, 1st director of the Second Higher School.jpg
誕生 (1848-03-09) 1848年3月9日弘化5年2月5日
但馬国城崎郡豊岡(現・兵庫県豊岡市
死没 (1917-01-14) 1917年1月14日(68歳没)
東京府東京市赤坂区青山(現・東京都港区
墓地 谷中霊園(東京都台東区谷中
職業 教育者官吏
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 慶應義塾
代表作 『日本現時教育』(1898年)
配偶者 みね(市川兼恭五女)
子供 みわ(長女・塚田逢二郎妻)、寛二(息子)、みち(四女・長谷川彊妻)、毅四郎(四男)
テンプレートを表示

吉村 寅太郎(よしむら とらたろう、弘化5年2月5日1848年3月9日) - 大正6年(1917年1月14日[1])は、日本教育者

経歴[編集]

但馬国豊岡兵庫県豊岡市)出身[2]1869年明治2年)から4年間慶應義塾で英学を学んだ。1873年(明治6年)、文部省に出仕し、広島外国語学校校長、広島英語学校長、広島県英学校長、広島県師範学校校長、広島県医学校長、広島県博物館長などを務めた。1879年(明治12年)からは文部一等属、文部省御用掛、同権少書記官、太政官御用掛、文部省視学官、同参事官を歴任。1887年(明治20年)、第二高等中学校(のち第二高等学校)校長に就任した。1897年(明治30年)に退官した後は、成女学校を創設し、校長に就任した。その他、東京女学館長、日本体育会体操学校(現在の日本体育大学)校長を務めた[2]1902年(明治35年)、第四高等学校校長に起用された。1911年(明治44年)に退官し、1916年(大正5年)に第四高等学校名誉教授の称号を得た。

著作[編集]

著書
訳書

脚注[編集]

  1. ^ 『明治時代史大辞典 3』。なお『官報』は叙勲が行われた1月15日死去と発表している(『官報』第1335号、1917年1月17日、257頁)。
  2. ^ a b 『豊岡誌 巻中』。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 吉村寅太郎」(内尾直二編輯 『第三版 人事興信録』 人事興信所、1911年4月)
  • 宿南保著 『明治期郷土出身文教の偉人群 浜尾新』 吉田学院、1992年2月
  • 吉家定夫 「豊岡藩と慶応義塾」(『近代日本研究』第17巻、慶応義塾福沢研究センター、2001年3月、NAID 120005347352
  • 「吉村寅太郎」(慶應義塾150年史資料集編集委員会編 『慶應義塾150年史資料集 1 塾員塾生資料集成』 慶應義塾、2012年10月)


公職
先代:
(新設)
広島県中学校
1877年 - 1878年
広島県英語学校長
1877年

日本の旗 広島英語学校
1875年 - 1877年
広島外国語学校長
1874年 - 1875年
次代:
矢部善蔵
先代:
岩本元行
広島県師範学校長
1877年 - 1878年
次代:
矢部善蔵
その他の役職
先代:
(新設)
成女学校
1899年 - 1903年
次代:
山根正次
先代:
辻新次
東京女学館
1898年 - 1899年
次代:
土方久元