吉武正成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉武 正成
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県
生年月日 (1953-01-02) 1953年1月2日(65歳)
身長
体重
180 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1974年 ドラフト3位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉武 正成(よしたけ まさなり、1953年1月2日 - )は、山口県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

山口県桜ヶ丘高等学校ではエースとして1年下の山形和幸とバッテリーを組む。1970年春季中国大会県予選準決勝に進むが、早鞆高に敗退。同年夏の甲子園県予選でも、準決勝で松崎泰治のいた防府商に敗退した。高校時代には完全試合を達成した事もある[要出典]。卒業後は専修大学に入学。当時の専大は東都大学リーグ二部に低迷していたが、1年下の大屋好正と投の二本柱を組み、1974年春季リーグに二部優勝。入替戦で青学大を降し一部リーグ昇格に貢献する。

1974年のドラフト日本ハムファイターズから3位で指名され入団。3位指名で目立たなかったが、スリークォーター気味のフォームから繰り出す速球は球質も重く、見た目よりは、はるかに打ちにくい型のタイプだった[要出典]。一軍公式戦に出場することはなく、1977年現役を引退し、打撃投手となるが、わずか1年間にて1978年に退団した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場無し

背番号[編集]

  • 13 (1975年)
  • 56 (1976年 - 1977年)
  • 65 (1978年)

関連項目[編集]