吉澤義則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉澤 義則(よしざわ よしのり、1876年8月22日 - 1954年11月5日)は、日本国語学者国文学者歌人

氏名の表記は吉沢義則とされることも多い。

略歴[編集]

愛知県名古屋市に生まれる。旧姓・木村。愛知県第一中学校第一高等学校を経て東京帝国大学国文科卒業。同助手、広島高等師範学校教授、1908年京都帝国大学助教授、1918年文学博士号を授与され、1919年教授、1936年定年退官。京都帝国大学名誉教授。

訓詁学の基礎を築いたほか、『源氏物語』を研究、学者として初めてその現代語訳を行い、谷崎潤一郎もこれを参考にした。短歌にも手を染め、多数の著作がある。

栄典[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 日本文典(修文館 1915年
  • 中等日本文法教科書(修文館 1918年
  • 国語国文の研究(岩波書店 1927年
  • 国文学講座〔第2巻 国語学史〕(受験講座刊行会 1930年
  • 国語説鈴(立命館出版部 1931年
  • 国語史概説(立命館大学出版部 1931年 第4版)
  • 国語学史概説(文献書院 1933年)(続国文学講座)
  • 高等国文法(修文館 1934年
  • 国文学大講座〔第15巻 王朝文学概説〕(日本文学社 1935年
  • 室町文学史(東京堂 1936年)(日本文学全史)
  • 家庭書道講座(朝日新聞社 1937年
  • 山なみ集 第2巻(帚木の会 1938年
  • 大和魂と万葉歌人(平凡社 1939年
  • 鎌倉文学史(東京堂 1940年)(日本文学全史)
  • 日本書道新講(白水社 1941年
  • やまとことば(教育図書 1942年
  • 源氏随攷(晃文社 1942年)
  • 日本書道の生ひ立ち(教育図書 1943年
  • 日本書道随攷(白水社 1943年)
  • 歌と書(京都印書館 1945年
  • 源氏物語今かがみ(新日本図書 1946年
  • 日本国民書道史論(講談社 1947年
  • 源語釈泉(誠和書院 1950年
  • 「知」の平安婦人 源氏物語を通して観たる(一正堂書店 1951年)(美夫君志会選書)

校注・訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1830号「叙任及辞令」1933年2月7日。