吉田信三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

吉田 信三(よしだ しんぞう、1903年12月4日 - 1972年12月1日)は、日本の映画監督脚本家である。第二次世界大戦前の京都のインディペンデント映画会社「マキノ・プロダクション」の脚本および助監督からキャリアを始め、同社の解散まで同社に残り、嵐寛寿郎プロダクション(寛プロ)、新興キネマで監督をつとめるも、戦後は昔の仲間の作品の助監督をつとめた。寛プロで一時吉田 保次(-やすつぐ)、戦後には豊田 栄(とよだ さかえ)と名乗った。

よしだ しんぞう
吉田 信三
吉田 信三
別名義 吉田 保次、豊田 栄
生年月日 (1903-12-04) 1903年12月4日
没年月日 (1972-12-01) 1972年12月1日(68歳没)
出生地 京都府京都市
死没地 京都府京都市
職業 映画監督、脚本家
テンプレートを表示

来歴・人物[編集]

1903年(明治36年)12月4日京都市上京区西陣の商家に生まれる[1]

マキノ・プロダクション御室撮影所の脚本部に入社、1927年(昭和2年)ごろには同僚の社堂沙汰夫こと山中貞雄とともに過ごし、ふたり共同で現代劇の脚本『街かど行進曲』を書き、当時すでに俳優助監督から映画監督としてデビューしていたマキノ正博に読ませたところ、高い評価を得たものの、当時の同社では映画化はできないと脚本は返却された[1]

1928年(昭和3年)4月のスター俳優総退社事件の折にも同社に残り、1929年(昭和4年)の『浪人街 第二話 楽屋風呂第一篇』では5歳下のマキノ正博の助監督をつとめ、同年、人見吉之助監督にオリジナル脚本が採用され、『剣士弥源太』で脚本家としてデビューした。1931年(昭和6年)5月の同社の解散まで残り、同年、同社の古参監督の金森万象が設立した「協立映画プロダクション」の設立に参加、第1作の脚本を書いた。協立映画も早々に行き詰まって解散し、翌1932年(昭和7年)、金森が市川右太衛門プロダクションで監督した『甚内俄か役人』の脚本を書いている。

同年、嵐寛寿郎プロダクションに入社、マキノ同窓の並木鏡太郎監督の『御家人桜』の脚本を書き、その後も並木や山本松男らの脚本を書いているうちに、1934年(昭和9年)、『鞍馬天狗 地獄の門』で監督としてデビューした。その後も監督・脚本作は少ないが、1936年(昭和11年)に「吉田保次」と改名してからは、監督作が増えた。

1938年(昭和13年)、新興キネマ京都撮影所に入社、このころはすでにすべてトーキーの時代に入った。名はもとの本名に戻した。年間4-5本は監督することができたが、1941年(昭和16年)1月、新興キネマの大映への合併の際に同社を退社した[1]

戦争が終わって6年が経ち、高村正次の「宝プロダクション」に、47歳にして脚本家兼助監督として入社した[1]。ただし名義は「豊田栄」を用いた。元マキノの中川信夫や、盟友だった山中貞雄の弟子・萩原遼の実弟・萩原章、あるいは大曾根辰夫を脚本と演出の現場で支えた。同社は早晩に崩壊する。1955年(昭和30年)には同社と提携していた新東宝で、山中の甥・加藤泰が萩原遼と共同監督した作品をチーフ助監督として支えたほか、並木鏡太郎に声をかけられ、助監督として手伝ったりした[1]。すでに吉田は50代であった。

その後、マキノ真三宮城千賀子の「宮城千賀子プロダクション」に入社して舞台の仕事をし、晩年は大阪府枚方市で菊人形の舞踊振付を仕事としていた。1972年(昭和47年)12月1日、京都市内の自宅で心不全のため死去した[1]。誕生日直前の68歳没。

フィルモグラフィ[編集]

マキノ・プロダクション御室撮影所[編集]

1929年
1930年
  • 祇園小唄絵日傘 第一話 舞の袖 監督補・脚本 監督金森万象、原作長田幹彦、脚色東艸之介、撮影松浦茂、主演秋田伸一
  • 次郎長旅日記 第一篇 脚本 監督吉野二郎、原作神田伯山、撮影吉田俊作、主演南光明、松浦築枝
  • 嵐山小唄 しぐれ茶屋 脚本 監督金森万象、原作長田幹彦、撮影若宮広三、主演秋田伸一
1932年 - マキノ崩壊後

嵐寛寿郎プロダクション[編集]

1932年 脚本
1933年 脚本
  • 丸橋忠弥 原作・脚本 監督山本松男、撮影吉見滋男、主演嵐寛寿郎
  • 銭形平次捕物控 富籖政談 監督山本松男、原作野村胡堂、撮影三浦茂樹、主演嵐寛寿郎
  • 山を守る兄弟 前篇 脚本・助監督 監督並木鏡太郎、原作大佛次郎、撮影藤井春美、主演嵐寛寿郎
  • 山を守る兄弟 後篇 脚本・助監督 監督並木鏡太郎、原作大佛次郎、撮影藤井春美、主演嵐寛寿郎
  • 銭形平次捕物控 復讐鬼 監督山本松男、原作野村胡堂、撮影三浦茂樹、主演嵐寛寿郎
  • 黄金騎士 前篇 陽に叛くもの 監督白井戦太郎、原作土師清二、撮影藤井春美、主演嵐寛寿郎
  • 右門捕物帖 三十五番手柄 越後獅子の兄弟 監督山本松男、原作佐々木味津三、撮影吉見滋男、主演嵐寛寿郎
  • 磧の霧 滝の与平次 監督山本松男、原作湊邦三、撮影藤井春美、主演嵐寛寿郎
  • 相馬の金さん 監督山本松男、原作岡本綺堂、撮影吉見滋男、主演嵐寛寿郎
1934年
  • 右門捕物帖 三十八番手柄 白矢・黒影・青空 脚本 監督山本松男、原作佐々木味津三、撮影吉見滋男、主演嵐寛寿郎
  • 鞍馬天狗 地獄の門 監督・脚本 原作大佛次郎、撮影野村金吾、主演嵐寛寿郎 ※サウンド版、監督デビュー作
1935年
  • なりひら小僧 春霞八百八町 原作・脚本 監督・録音マキノ正博、共同脚本山本松男、撮影野村金吾、主演嵐寛寿郎 ※トーキー
  • 文武太平記 監督 脚本如月敏、撮影吉見滋男、主演嵐寛寿郎 ※サウンド版
1936年 監督 - 「吉田保次」名義
  • 破れ合羽 監督・脚本 原作湊邦三、撮影野村金吾、主演嵐寛寿郎 ※サウンド版
  • 又太郎大明神 監督・脚本 原作長谷川伸、撮影野村金吾、主演嵐寛寿郎 ※サウンド版
  • 鳴門秘帖 前篇 本土篇 監督 原作吉川英治、脚本白谷一夫、撮影野村金吾、主演嵐寛寿郎 ※トーキー
1937年 監督 - 「吉田保次」名義
  • 鳴門秘帖 鳴門篇 監督 原作吉川英治、脚本白谷一夫、撮影野村金吾、主演嵐寛寿郎 ※トーキー
  • 右門捕物帖 木曽路の謎 監督・脚本 原作佐々木味津三、撮影吉見滋男、主演嵐寛寿郎 ※トーキー

新興キネマ京都撮影所[編集]

※以下すべてトーキー

1938年
1939年 監督
  • 出世餅 藤堂高虎 脚本原健一郎、撮影広田晴巳、主演大谷日出夫
  • 妻恋信州城 原作・脚本稲田不可止、撮影原義勝、主演市川男女之助
  • 左甚五郎 原作・脚本松本常男、撮影竹野正恒、浪曲京山華千代、主演市川男女之助
  • 里見八犬伝 原作曲亭馬琴 脚本神脇満、撮影原義勝、主演大谷日出夫
1940年 監督
  • 天野屋利兵衛 原作・脚本武田昌夫、撮影竹野治夫、主演羅門光三郎
  • 槍の権三 原作・脚本稲田不可止、撮影原義勝、主演大友柳太郎
  • 金毛狐 原作・脚本松本常男、撮影竹野治夫、主演鈴木澄子 
  • 千両役者 原作・脚本日夏英太郎、撮影日下雅夫、主演市川男女之助
  • 忠孝染分手綱 脚本石橋浜太郎、撮影竹野治夫、主演鈴木澄子 
1941年 監督
  • 大石山鹿護送 脚本波多謙治、撮影日下雅夫、主演南条新太郎 
  • 江戸の紅葵 原作野村胡堂、脚本波多謙治、撮影与吉宥、主演大友柳太郎
  • 羅生門 原作・脚本丹下知嘉美、撮影牧田行正、主演鈴木澄子、月形龍之介
  • 花丸小鳥丸 原作大仏次郎、脚本八尋不二、撮影牧田行正、主演嵐寛童、羅門光三郎

宝プロダクション[編集]

1951年 脚本・助監督 - 「豊田栄」名義
  • 右門捕物帖 片眼狼 製作竹井諒・金田良平、監督中川信夫、原作佐々木味津三、撮影河崎喜久三、音楽鈴木静一、主演嵐寛寿郎 ※綜芸プロダクション・新東宝
  • 神変美女峠 監督萩原章、原作山手樹一郎、撮影藤井春美、主演黒川弥太郎宮城千賀子、大友柳太郎 ※新東宝提携
  • 神変美女峠 解決篇 又四郎笠 監督・共同脚本萩原章、原作山手樹一郎、撮影藤井春美、主演黒川弥太郎、市川春代花井蘭子、大友柳太郎 ※新東宝提携
  • 鞍馬天狗 鞍馬の火祭 脚本のみ 製作小倉浩一郎・杉山茂樹、監督大曾根辰夫、原作大仏次郎、撮影片岡清、主演嵐寛寿郎、黒川弥太郎、美空ひばり岸惠子 ※松竹京都撮影所

新東宝[編集]

1955年 助監督 - 「豊田栄」名義

[編集]

  1. ^ a b c d e f 『日本映画監督全集』(キネマ旬報社、1976年)の「吉田信三」の項(p.444-445)を参照。同項執筆は岸松雄マキノ正博並木鏡太郎加藤泰らの証言が盛り込まれている。

関連項目[編集]