吉田勝豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉田 勝豊
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県武雄市
生年月日 (1935-03-21) 1935年3月21日
没年月日 (2016-03-09) 2016年3月9日(80歳没)
身長
体重
173 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1957年
初出場 1957年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

吉田 勝豊(よしだ かつとよ、1935年3月21日 - 2016年3月9日)は、佐賀県武雄市出身の元プロ野球選手外野手一塁手)・コーチ

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

武雄高校では、1951年秋季九州大会県予選準決勝に進むが佐賀高に敗退。翌1952年夏の甲子園県予選も準決勝で佐賀商に敗れる。卒業後は日鉄二瀬に入社し、1956年都市対抗に四番打者として出場。1回戦では本塁打を放ち富士製鐵室蘭を降すが、2回戦で日本コロムビアに9回サヨナラ負け。チームメートには古葉竹識江藤慎一井洋雄らがいた。

現役時代[編集]

1957年東映フライヤーズへ入団。3月30日阪急との開幕戦(西宮)で四番打者、左翼手に抜擢され、梶本隆夫からプロ初安打を放つ。同年は主に左翼手として94試合に先発出場、うち59試合に四番打者として起用された。2年目の1958年には新入団のジャック・ラドラに定位置を奪われるが、1959年は主に中堅手としてレギュラーに返り咲く。1960年一塁手も兼ね、8月には故障欠場の張本勲に代わり四番打者に座り、初の規定打席(23位、打率.253)にも達する。1961年には打率.298(8位)、82打点(5位)を記録。1962年には打率.306(11位)と初の打率3割に到達、18本塁打(5位)を放ち球団初のリーグ優勝に貢献。阪神との日本シリーズでは全7試合に先発出場。10月13日の第1戦(甲子園)で小山正明から2点本塁打、同18日の第5戦(神宮)では村山実から先制の3点本塁打を放つ。シリーズ通算30打数8安打5打点を記録し、チーム日本一に力を添えた。同年は外野手として初のベストナインにも選出されている。西鉄戦に強く、稲尾和久キラーでもあった。

1965年には安藤元博石原碩夫とともに、池沢義行山崎正之坂崎一彦との交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍。1年目はレギュラー中堅手として五番あるいは六番打者を任されリーグ優勝に貢献、3度目のオールスターゲームにも出場した。南海との日本シリーズは全5試合に出場するが、10打数1安打と力を発揮できなかった。1966年からは柴田勲の台頭もあって出場機会が激減、1968年井上善夫との交換トレードで益田昭雄と共に西鉄ライオンズへ移籍。同年は開幕から中心打者として起用され34試合に先発出場するが、1969年は出場機会が減り、同年限りで現役を引退。

引退後[編集]

引退後は、金田正一監督の下でロッテオリオンズのヘッドコーチ(1973年)・一軍外野守備兼打撃コーチ(1974年 - 1976年)・二軍コーチ(1977年)・一軍コーチ(1978年)を歴任し、1974年のリーグ優勝・日本一に貢献。2016年3月9日午前9時23分、肺炎のため東京都内の病院で死去[1][2]。80歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1957 東映 115 349 319 34 71 12 3 11 122 45 6 2 1 2 27 2 0 65 9 .223 .282 .382 .564
1958 50 132 123 11 25 5 1 2 38 10 0 0 2 0 7 0 0 26 3 .203 .246 .309 .555
1959 124 392 358 47 92 21 6 11 158 44 2 3 7 3 23 3 1 76 9 .257 .301 .441 .743
1960 130 523 462 50 117 21 3 8 168 44 11 8 8 3 50 2 0 110 13 .253 .324 .364 .688
1961 140 586 527 77 157 21 6 17 241 82 21 11 5 4 48 2 2 99 11 .298 .356 .457 .814
1962 130 529 474 73 145 23 3 18 228 79 26 6 3 6 42 2 4 81 14 .306 .363 .481 .844
1963 140 532 485 60 114 16 3 19 193 76 11 2 2 1 42 2 2 78 21 .235 .298 .398 .696
1964 142 516 454 53 121 20 6 9 180 48 9 1 6 3 51 1 2 61 14 .267 .341 .396 .738
1965 巨人 133 481 443 42 117 9 3 7 153 44 7 9 4 1 32 2 1 52 6 .264 .314 .345 .660
1966 78 183 164 13 34 5 1 1 44 12 1 2 3 1 12 1 3 31 4 .207 .272 .268 .541
1967 41 79 74 6 15 2 0 2 23 7 0 1 0 0 5 0 0 12 0 .203 .253 .311 .564
1968 西鉄 65 154 138 11 36 8 0 0 44 10 0 2 1 2 12 0 1 22 4 .261 .320 .319 .639
1969 15 27 26 1 5 0 0 0 5 1 0 0 0 0 1 0 0 3 2 .192 .222 .192 .415
通算:13年 1303 4483 4047 478 1049 163 35 105 1597 502 94 47 42 26 352 17 16 716 110 .259 .319 .395 .714
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1965年5月19日 ※史上94人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 28 (1957年 - 1960年)
  • 9 (1961年 - 1964年)
  • 8 (1965年 - 1967年)
  • 11 (1968年 - 1969年)
  • 80 (1973年 - 1978年)

脚注[編集]

関連項目[編集]