吉田善吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田 善吾
よしだ ぜんご
Yoshida Zengo.jpg
1940年(昭和15年)11月
生誕 1885年2月14日
日本の旗 日本 佐賀県
死没 (1966-11-14) 1966年11月14日(81歳没)
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍
軍歴 1904年 - 1945年
最終階級 OF-8 - Kaigun Taisho.gif 海軍大将
テンプレートを表示

吉田 善吾(よしだ ぜんご、明治18年(1885年2月14日 - 昭和41年(1966年11月14日)は、日本海軍軍人海軍大将[1]海軍大臣連合艦隊司令長官を歴任した。

経歴[編集]

佐賀県出身。士族・峰與八の四男[2][3]。米屋、吉田祐次郎の養子となる。旧制佐賀中学校に進み、「誠友団」と名づけた交友団体に加入。古賀峯一はこの時以来の友人であり、同会には下村湖人もいた[4]1923年(大正12年)、分家した[3]

海兵32期を192名中12番で卒業。すでに日露戦争は開戦しており、「韓崎丸」で訓練を受けた後、「春日艦長加藤定吉)附として日本海海戦に参戦した。

吉田が選んだ海軍兵科将校としての専門は水雷で、第一水雷戦隊参謀などを務めている。海軍大学校は第一選抜で合格し、塩沢幸一嶋田繁太郎とは海兵、海大とも同期である。戦艦金剛」、「陸奥」の各艦長連合艦隊参謀長海軍省軍務局長、練習艦隊司令官、第二艦隊司令長官などを歴任。

1937年(昭和12年)12月1日からは連合艦隊司令長官を務めるが、1939年(昭和14年)8月30日阿部内閣海軍大臣に就任。米内内閣第2次近衛内閣でも留任した。1940年(昭和15年)に大将に累進[1]軍事参議官支那方面艦隊司令長官、横須賀鎮守府司令長官などを経て、1945年(昭和20年)6月1日予備役となる。

1946年(昭和21年)公職追放となり[5]1952年(昭和27年)追放解除された[6]

海軍大臣[編集]

吉田は部下の使い方があまり上手ではなかった[7]。同期の山本五十六は、吉田の大臣就任に際し、吉田の将来を危惧し海軍次官留任を申し出たが、山本は連合艦隊司令長官として海上に出ることとなった。しかし後任の住山徳太郎は山本や井上成美のように強力に吉田を補佐できるタイプではなかった[8]

第2次近衛内閣発足以後、日独伊三国同盟締結に向けた動きが加速し、海相である吉田はその対応に苦慮する事となった[注釈 1]。外相松岡洋右は熱心な三国同盟推進派であり、松岡は「アメリカ国民の半数はドイツ系なので、日独同盟を結べばドイツ系アメリカ人が戦争抑止に動き、アメリカとは戦争にならない」と自説を展開[9]。これに説き伏せられた吉田は日独伊三国同盟締結に賛成する[注釈 2]。吉田は海軍を代表して同盟論に賛成したものの、内閣の予想に反し米軍は軍備に着手[9]。吉田は心配のあまり強度の神経衰弱にかかった[9]。周囲に辞任を勧められたものの、吉田は自らの辞任が国際関係に悪影響を及ぼすことを避け、職務に励み続けた[10]。しかし、限界を超えた吉田はついに自殺を図り[9][11]、日独伊三国同盟締結直前、1940年(昭和15年)9月5日に海相を辞任した。後任の海相及川古志郎も前任・吉田が三国同盟に賛成した以上、自身が反対する訳にもいかず[9]、同27日、日独伊三国同盟は締結された。なお在任中吉田は消極的ではあったが、「情勢ノ推移ニ伴フ帝国国策要綱」や「世界情勢の推移に伴ふ時局処理要綱」、出師準備の発動を認めている[12][13]

人物[編集]

宗教は仏教[1][3]。東京在籍[3]

家族・親族[編集]

吉田家

東京目黒区柿ノ木坂[1][3]

  • 養父・祐次郎[3]
  • 妻・恒子[1]、あるいはツネ[2][3](佐賀士族、松永直吉の妹)[3]
1893年 -
1914年 -
1912年 -
  • 二女・雅子(東京、松江一郎の妻)[1]
1916年 -
  • 三女・茂子(宮城、氏家榮一の妻)[1]
1918年 - 2010年
  • 四女(東京、石川潔の妻)[1]
1924年 -
1926年 -
親戚
  • 娘婿
妻は善吾の四女・信子[1]。潔はのちに東北石油社長となる。
妻は善吾の三女・茂子[1]
妻は善吾の次女・雅子。陸軍軍人松江豊寿は一郎の伯父(春次の兄)。
  • 義兄

年譜[編集]

栄典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 以前、日独伊三国同盟締結が取り沙汰された第1次近衛内閣平沼内閣期には、当時の海相米内光政だけでなく外相蔵相も三国同盟に反対していた。
  2. ^ これに関して昭和天皇は「吉田は松岡の日独同盟論にだまされた」「(ドイツ系アメリカ人が戦争抑止に動くとの松岡の言を)吉田は真に受けた」と回想している。(『昭和天皇独白録』p.60)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第15版 下』ヨ10頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c 『人事興信録 第9版』ヨ51頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第12版 下』ヨ50頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月21日閲覧。
  4. ^ 『最後の砦』p.124
  5. ^ 『朝日新聞』1946年3月11日一面。
  6. ^ 『毎日新聞』1952年2月14日夕刊一面。
  7. ^ 『井上成美』資料pp.302-303
  8. ^ 『五人の海軍大臣』「吉田善吾」
  9. ^ a b c d e 『昭和天皇独白録』p.60
  10. ^ 『回想の海軍ひとすじものがたり』pp.119-120
  11. ^ 『日本海軍、錨揚ゲ』「第14話 米内・山本・井上トリオ」
  12. ^ 『新版 米内光政』pp169-175
  13. ^ 『四人の軍令部総長』「永野修身」
  14. ^ 『官報』第3559号「叙任及辞令」1924年7月4日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 下』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 下』人事興信所、1948年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』(第9巻)第一法規出版
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版 ISBN 4-8295-0003-4
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』東京大学出版会
  • 半藤一利、横山恵一、秦郁彦、戸高一成『歴代海軍大将全覧』中公新書ラクレ ISBN 4-12-150177-2
  • 実松譲『新版 米内光政』光人社、1975年
  • 実松譲『最後の砦 提督吉田善吾の生涯』光人社、1979年
  • 福地誠夫『回想の海軍ひとすじ物語』光人社 ISBN 4-7698-0274-9
  • 井上成美伝記刊行会編『井上成美』同刊行会
  • 吉田俊雄『五人の海軍大臣』文春文庫 ISBN 4-16-736002-0
  • 吉田俊雄『四人の軍令部総長』文春文庫 ISBN 4-16-736004-7

関連項目[編集]

公職
先代:
米内光政
海軍大臣
阿部内閣米内内閣第二次近衛内閣
1939年8月30日 - 1940年9月5日
次代:
及川古志郎
軍職
先代:
永野修身
連合艦隊司令長官
第25代:1937年12月1日 - 1939年8月30日
次代:
山本五十六