吉田喜重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
よしだ よししげ / きじゅう
吉田 喜重
生年月日 (1933-02-16) 1933年2月16日(87歳)
出生地 日本の旗 日本 福井県福井市
職業 映画監督演出家脚本家
活動期間 1955年 -
配偶者 岡田茉莉子1964年 - )
テンプレートを表示

吉田 喜重 (よしだ よししげ、1933年2月16日 - ) は、日本の映画監督。名は「きじゅう」と音読みされることが多い。

来歴[編集]

1933年福井県福井市佐佳枝下町で生まれる。1945年順化小学校を卒業後、旧制の県立福井中学に入学。同年8月、福井大空襲で家が焼失する。1947年春に一家で東京へ転居し、田園調布の自宅から都立城南中学に通う。同校は吉田の在学中、学制改革により城南高校となる。この頃、フランス語を習うためアテネ・フランセへ通い、フランス映画をよく観ていた。また、NHKラジオに詩を投稿して賞金を貰ったり、演劇部には入らなかったが、自作の演劇脚本を文化祭で上演するなど、高校時代から映画、演劇への強い関心を示していた。1951年東京大学文学部仏文科に入学する。哲学科志望であったが、吉田を外交官にしたい父の意向に一時的に従う。 1955年、大学卒業とともに石堂淑朗松竹大船撮影所に入社。木下惠介などの助監督を経て、1960年に『ろくでなし』で監督デビュー。以後、『秋津温泉』(1962年)、『嵐を呼ぶ十八人』(1963年)などの作品を手がけ[1]大島渚篠田正浩らとともに松竹ヌーヴェルヴァーグの旗手として活躍した[2]1964年女優岡田茉莉子と結婚。新婚旅行中に6作目の『日本脱出』(1964年)のラストシーンを松竹に無断でカットされたため退社。1966年に独立プロの「現代映画社」を設立する。1969年の『エロス+虐殺』がフランスで上映されたことから海外でも注目され始める[3]。同作は前衛作品『煉獄エロイカ』[4]1970年)、『戒厳令』(1973年)とともに「日本近代批判三部作」と呼ばれる[5]。『エロス+虐殺』では伊井利子、玉井碧、『煉獄エロイカ』では木村菜穂、岩崎加根子、筒井和美、『戒厳令』では倉野章子がヌードを披露している。

この後、映画界を離れ、これ以降、『美の美』(東京12チャンネル)などのテレビドキュメンタリー番組を多く製作する。1979年から1982年までメキシコに滞在した。

1986年の劇映画『人間の約束』により、13年ぶりに映画監督として復帰。同作でサン・セバスティアン国際映画祭銀の貝殻賞を受賞した[6]1988年の『嵐が丘』は自身初となるカンヌ国際映画祭のコンペティション部門への出品を果たし、一部の批評家から高い評価を受けた[7]

1999年、著書『小津安二郎の反映画』で芸術選奨文部大臣賞を受賞。2002年、14年ぶりの監督作となる『鏡の女たち』を発表。同年の第55回カンヌ国際映画祭で特別招待作品として上映された[8]2003年にはサンパウロ国際映画祭特別賞を妻の岡田とともに受賞[9]。同年、フランス政府より芸術文化勲章オフィシエ章が授与された。2008年、オムニバス映画『ウェルカム・トゥ・サンパウロ』に参加した[10]

1970年代より放送文化基金賞においてテレビドキュメンタリー、テレビドラマ、エンターテイメント番組の審査員を務めてきた。2005年から2017年には、ドキュメンタリー部門の審査委員長を務めた。

監督作品[編集]

長編映画[編集]

  • ろくでなし(1960年)
  • 血は渇いてる(1960年)
  • 甘い夜の果て(1961年)
  • 秋津温泉 (1962年)
  • 嵐を呼ぶ十八人 (1963年)
  • 日本脱出(1964年)
  • 水で書かれた物語(1965年)
  • 女のみづうみ (1966年)
  • 情炎(1967年)
  • 炎と女(1967年)
  • 樹氷のよろめき(1968年)
  • さらば夏の光(1968年)
  • エロス+虐殺 (1969年)
  • 煉獄エロイカ(1970年)
  • 告白的女優論(1971年)
  • 戒厳令 (1973年)
  • BIG-1物語 王貞治(1977年)
  • 人間の約束 (1986年)
  • 嵐が丘 (1988年)
  • 鏡の女たち (2002年)

短編映画[編集]

テレビ番組[編集]

著書[編集]

  • 『自己否定の論理・想像力による変身』 (1970年、 三一書房
  • 『見ることのアナーキズム 吉田喜重映像論集』 (1971年、仮面社)
  • 『メヒコ 歓ばしき隠喩』旅とトポスの精神史 (1984年、岩波書店
  • 『小津安二郎の反映画』(1998年、岩波書店、2011年、岩波現代文庫
  • 『贖罪』ナチス副総裁ルドルフ・ヘスの戦争(2020年、文芸春秋)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 松竹ヌーヴェル・ヴァーグの旗手、吉田喜重監督の作品を43本上映”. マイナビニュース (2010年9月8日). 2014年6月17日閲覧。
  2. ^ 勝田友己による山田洋次インタビュー(4)」 『毎日新聞』 2010年1月25日、13版、5面。
  3. ^ エロス+虐殺 - 東京国立近代美術館”. フィルムセンター. 2014年10月7日閲覧。
  4. ^ http://movies.yahoo.co.jp/movie/143358/
  5. ^ あの頃映画 松竹DVDコレクション | 2013年11月27日発売作品”. 松竹. 2014年10月7日閲覧。
  6. ^ Ningen no yakusoku (1986) Awards”. IMDb. 2014年10月7日閲覧。
  7. ^ 樋口泰人著『カンヌ映画祭の50年』 284ページ。
  8. ^ 原爆テーマに温かい反応 「鏡の女たち」カンヌ上映”. 47 NEWS. 2014年10月7日閲覧。
  9. ^ Yoshishige Yoshida Awards”. IMDb. 2014年10月7日閲覧。
  10. ^ 吉田喜重監督、ブラジルとの深い「縁」語る”. 朝日新聞 (2008年11月27日). 2014年6月17日閲覧。

関連項目[編集]

  • ヌーヴェルバーグ