吉田均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉田 均(よしだ ひとし、1949年 - )は、産業経済新聞社東京本社の嘱託職社員で、同社が発行する競馬情報紙競馬エイトに所属するトラックマン競馬評論家

経歴[編集]

競馬エイト創刊時から在籍している(一時、産経本社の発行紙別分社政策によってサンケイスポーツ新聞社に属していた。詳細はサンケイスポーツを参照)。1983年以降定年間際まで関東版の本紙予想を担当した。現在、競馬エイト所属トラックマンの中で最年長である。(参考リンク

  • 本人曰く「会社がやれといったからやっているだけ」で、「自分から『やりたい』って一回もいったこと」はないという[1]

また、フジテレビジョン制作の『スーパー競馬』→『SUPER KEIBA』にもレギュラー解説者として出演、当初はスタジオ解説のみであったが、1994年から実況席解説(メインレースならびに準メイン)を担当した。“競馬の神様”と呼ばれた大川慶次郎が死去した後は、パドック席解説も兼務した。パドック解説を兼務するようになってからは、実況席解説はメインレースのみの担当となり、同じく掛け持ちで出演していたニッポン放送の『日曜競馬ニッポン』は実質上降板する形となった。

長年、競馬エイトの看板評論家として活躍していたが、60歳定年が迫っていたこともあり『SUPER KEIBA』終了とともにフジテレビレギュラー解説から降板、更に時期同じくして2008年1月より競馬エイト本紙予想担当からも外れ、西野大助に本紙予想を譲ることとなった。そのため、この頃よりマスメディアへの露出も急激に減っていたが、嘱託職となった後の2009年4月17日より、keiba@niftyにて土日のメインレース予想コラムを担当することとなった。また、2009年9月21日の『NSTみんなのKEIBA』にゲスト解説として久々にテレビ中継にも出演した。

長らくメイン馬柱の予想担当者であったが、2012年4月6日発行分から競馬エイトは新創刊として紙面を一新したことにより、メイン馬柱予想担当者からは外れ、スタッフ予想欄に回ることとなった。

本人曰く、一番思い出に残っているサラブレッドテイタニヤで、理由は「トラックマン一年目の時、調教を見ていて見つけた馬だったから(ペーパー馬主)」。また、一番思い出に残っているレースもテイタニヤが勝った桜花賞

予想[編集]

「競馬はデータではない」が持論で、勘を重視する[2]。別名「攻めの吉田」。かつては穴予想(関東馬偏重傾向)が多かったが、本紙担当になってからは手堅い予想が目立つようになった。また、土曜日は主に美浦で調教取材を行っているため、土曜日に競馬場に訪れることは殆どない。

主な共演者[編集]

「スーパー競馬」で共演していた人物。福原・井崎は『みんなのKEIBA 〜Races For Everyone』に出演。

脚注[編集]

  1. ^ 競馬最強の法則』2007年11月号 p128
  2. ^ 『競馬最強の法則』2007年11月号 p128