吉田屋 (青森県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 吉田屋
YOSHIDAYA CORPORATION
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
039-1102
青森県八戸市一番町1-2-1
業種 食料品
法人番号 4420001007519
事業内容 駅弁の製造販売・飲食店
代表者 代表取締役社長 吉田広城
外部リンク http://koutazushi.com/
テンプレートを表示

株式会社吉田屋(よしだや)は、青森県八戸市にある調理会社。八戸駅弁を製造しているほか、仕出し・注文弁当の製造販売を行っている。また、過去には旅館業や飲食店も営んでいた。

沿革[編集]

  • 1892年明治25年) - 日本鉄道より八戸駅構内営業が許可される[1]
  • 1926年昭和元年) - 駅前に本社社屋を新築。
    ※この建物は旅館として使用され、その後食事処「酒楽亭」となり、現在は「居楽屋「かくれ庵 千年の宴」八戸東口駅前店」となっている。
  • 1953年(昭和28年) - 「有限会社吉田屋」設立。
  • 1961年(昭和36年) - 「八戸小唄寿司」発売。この弁当は1967年昭和42年)[要出典]に日本観光新聞社主催の全国駅弁コンクールで第1位となった[2]
  • 2002年平成14年)3月 - 東北新幹線八戸延伸に合わせて「一期一会」を製造・販売開始。
  • 2002年(平成14年)12月 - 八戸駅構内売店を廃止、八戸駅での駅弁販売をNREに委託。
  • 2006年(平成18年) - 本社機能と工場を現在地に移転。
  • 2008年(平成20年) - 有限会社から株式会社へ変更。
  • 2013年(平成25年)4月 - 東京工場(東京都江東区新木場1-14-3)が稼働。

主な事業[編集]

製造駅弁[編集]

その他[編集]

  • 2004年平成16年)5月12日にはNHK-BSで放送された「列島縦断最長片道切符の旅」内で紹介されるなど、マスメディアに登場することもある。
  • 2016年(平成28年)3月に開通する予定の北海道新幹線の車内販売向けの弁当用に新函館北斗駅の駅前に、弁当工場を建設する意向を示している[4]。また、同駅の駅舎内で「お弁当カフェ」を営業する予定である。

脚注[編集]

  1. ^ 全国で8番目、東北本線では、宇都宮・一関に次いで3番目の駅弁販売となった。(『デーリー東北』1998年8月28日付け朝刊13面「はちのへの屋号商号(21)」より)
  2. ^ “北奥羽企業通信 吉田屋(八戸市)”. デーリー東北. (2009年10月26日). http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/kikaku/tyouki_kikaku/kitatu/kitatu_19.htm 2014年3月6日閲覧。 
  3. ^ 基本的にはヴァンラーレ八戸のホームゲーム開催日に試合会場で販売される。
  4. ^ 北海道新幹線駅前に駅弁工場 北斗に八戸の老舗進出へ(Archive.isによるアーカイブ) - 北海道新聞、2013年11月19日、2013年11月22日閲覧