吉田忠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1953年

吉田 忠一(よしだ ちゅういち、1906年明治39年)3月[1] - 1993年平成5年)10月22日[2])は、日本内務厚生官僚実業家。最後の官選鳥取県知事

経歴[編集]

兵庫県出身[1]大阪高等学校を卒業。1928年10月、高等試験行政科試験に合格。1929年東京帝国大学法学部卒業内務省に入省し、石川県属となる[3]

以後、労働局事務官、島根県書記官警察部長、厚生省会計課長、同勤労局長などを歴任[1]

1947年2月、鳥取県知事に就任。昭和22年度当初予算を編成し、知事選挙を執行して、同年4月に退任。その後、埼玉県副知事に就任した[1]

1950年警察予備隊に参加し第1管区総監[3]となるが、部下の不祥事の責任を取り辞職。その後、アジア石油常務共同石油常務を歴任[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』771頁。
  2. ^ a b 『現代物故者事典 1991~1993』652頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』277頁。

参考文献[編集]