吉田悳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

吉田 悳(よしだ しん、1887年4月15日 - 1965年6月12日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。旧姓・渡辺。

経歴[編集]

山形県出身。庄内藩士、陸軍少佐・渡辺述の二男として生れ、吉田家を継いだ。大阪陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1908年(明治41年)5月、陸軍士官学校(20期)を卒業。同年12月、騎兵少尉に任官し近衛騎兵連隊付となった。1917年(大正6年)11月、陸軍大学校(29期)を卒業した。

1918年(大正7年)7月、参謀本部付勤務となり、参謀本部員(フランス班)、欧州出張(トルコパリ)、参謀本部員(戦史課)などを経て、1923年(大正12年)8月、騎兵少佐に昇進。1924年(大正13年)12月、陸軍省軍務局課員となり、陸大教官に転じ、1928年(昭和3年)3月、騎兵中佐に進級。翌年12月、皇族付武官兼参謀本部付となり、1931年(昭和6年)8月、騎兵大佐に昇進した。

1932年(昭和7年)2月、騎兵第16連隊長に就任し、軍務局馬政課長、農林省馬政局資源課長を歴任し、1936年(昭和11年)8月、陸軍少将に進級し陸軍騎兵学校幹事に着任した。1937年(昭和12年)7月、農林省馬政局次長に発令され、1939年(昭和14年)1月、駐蒙軍隷下の騎兵集団長に就任し、同年3月、陸軍中将に進んだ。同年10月、騎兵監となり、陸軍機甲本部長として太平洋戦争を迎えた。

1942年(昭和17年)6月、新設の機甲軍司令官に就任し満州に駐屯。1943年(昭和18年)10月、参謀本部付となり、同年12月、関東防衛軍司令官に着任。1945年(昭和20年)3月、予備役に編入され同月、満洲電信電話株式会社総裁に就任した。

『機甲斯くあるべし』[編集]

初代陸軍機甲本部長である吉田は、機甲兵の模範である、『機甲斯くあるべし』の文言を発案したとされている[1]

「一瞥克制機」(いちべつ よく きをせいし)

「万信必通達」(ばんしん かならず つうたつ)

「千車悉快走」(せんしゃ ことごとく かいそう)

「百発即百中」(ひゃっぱつ すなわち ひゃくちゅう)

「練武期必勝」(れんぶ ひっしょうを きし)

「陣頭誓報告(国)」(じんとう ほうこくを ちかう)

『機甲斯くあるべし』は戦中だけでなく、戦後の陸上自衛隊機甲科においても「模範」とされ、現代でも訓練の際の訓示などで用いられている[1]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『一軍人の随想録』自衛隊教養文庫・第14、学陽書房、1961年。

脚注[編集]

  1. ^ a b 帝国陸軍「機甲創設の父」の言葉と若手自衛官の凛々しさ - 産経新聞WEST(2014年12月23日配信)
  2. ^ 『官報』第7701号「叙任及辞令」1909年3月2日。
  3. ^ 『官報』第8608号「叙任及辞令」1912年3月2日。
  4. ^ 『官報』第1389号「叙任及辞令」1917年3月22日。
  5. ^ 『官報』第2913号「叙任及辞令」1922年4月21日。
  6. ^ 『官報』第151号「叙任及辞令」1927年7月1日。
  7. ^ 『官報』第1434号「叙任及辞令」1931年10月8日。
  8. ^ 『官報』第2928号「叙任及辞令」1936年10月3日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。