吉田智子 (アナウンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
よしだ ともこ
吉田 智子
プロフィール
出身地 日本の旗神奈川県平塚市
生年月日 1942年5月25日
没年月日 (2009-09-02) 2009年9月2日(67歳没)
最終学歴 慶應義塾大学
所属事務所 吉田智子事務所
職歴 毎日放送アナウンサー
活動期間 1965年 - 2009年
ジャンル 報道、ナレーション
公式サイト 吉田智子 ひとりがたり 海 そして・・・
出演番組・活動
過去 あどりぶランド
その他 朗読家、大学教授
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

吉田 智子(よしだ ともこ、1942年5月25日 - 2009年[1]9月2日[2])は毎日放送(MBS)出身のフリーアナウンサーナレーターである。囲碁界に一門を成す木谷実九段の四女である。MBS定年退職後は、個人事務所の吉田智子事務所所属。

来歴・人物[編集]

神奈川県平塚市出身。慶應義塾大学卒業後、1965年に毎日放送(MBS)入社。同期に阪本時彦、志風洋子(旧姓・阿部)がいる。

先輩の小堀豊子と同様テレビでの露出は非常に少ないものの(『あどりぶランド』に出演する程度)、テレビ番組ナレーション提供読みで聞き慣れている人が多い(主なものに『アップダウンクイズ』や『まんが日本昔ばなし』の提供読み。この他『世界まるごとHOWマッチ』や『野生の王国』など、全国ネットの主な番組で1度は提供読みを行っている)。またMBSの用語委員を長年に渡り務める傍らチーフアナウンサーとして後進の教育に携わり、若手アナウンサーから「お母ちゃん」的な存在として親しまれた。

中でも『皇室アルバム』のナレーションを1997年9月末までの1000回・20年以上にわたり担当していた(前任は高井智彦で、後任は森本栄浩→現在は高井美紀)。その他には『真珠の小箱』のナレーション又は番組終了前の道案内役も1990年代後半ごろまで務めていた。

またラジオのOP・EDのアナウンスも長年に渡り担当していた(後任は三上智恵→現在はOPが高井美紀、EDが松井愛)。

その後は『ヤン坊マー坊天気予報』(不定期でナレーション)、ラジオ番組『おはなしの扉』『MBSニュース』のラジオでの放送などを担当し2002年5月25日に毎日放送を定年退職。

フリーアナウンサーとして朗読活動など中心に活動した。また、出身放送局である毎日放送の番組(主としてMBSラジオ)に出演することも時々。また大阪芸術大学短期大学部広報学科の教授として「ゼミ」と「コミュニティー論」を担当した。

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 木谷明『「無罪」を見抜く 裁判官・木谷明の生き方』3頁(岩波書店、2013年)([1] アーカイブ 2013年12月27日 - ウェイバックマシン)による。
  2. ^ 「うぐいす嬢が夢だった…。 ~ライター高橋ゆかりのホームページ~」内、2009年9月12日の日記より。