吉田清風 (海軍軍人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

吉田 清風(よしだ きよかぜ、1871年6月22日(明治4年5月5日) - 1950年昭和25年)4月9日[1])は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

鹿児島県出身[1]。吉田清貫、トモ夫妻の長男として生まれる[1][2]1891年7月17日、海軍兵学校18期)を卒業し、1894年4月18日、海軍少尉任官[1]

日清戦争では運送船監督(近江丸等乗組)として出征した[1][3]1895年2月、八重山航海士となり、以後、竹敷要港部第二水雷敷設隊分隊長、橋立水雷長兼分隊長、金剛航海長、砲術練習所教官兼分隊長、磐手回航委員(イギリス出張)、同分隊長、竹敷要港部第三水雷艇隊艇長などを歴任し、1902年7月、海軍大学校(将校科甲種第4期)に入学したが、1903年12月に中退し第三艦隊参謀に発令され日露戦争に出征した[1][3][4]

1905年12月、海軍大学校に復学し、1906年7月、同校を卒業して同校教官兼副官に就任[1][4]。以後、敷島副長、第二艦隊参謀、鞍馬副長兼横須賀海軍工廠艤装員を経て、1911年12月、海軍大佐に昇進し音羽艦長に就任[1][5]。その後、第二艦隊参謀長軍令部参謀兼臨時建築部部員・航空術研究委員長などを務め、1916年12月、海軍少将に進んだ[1][5]。軍令部参謀兼臨時建築部部員、軍令部出仕、横須賀海軍航空隊司令第二遣外艦隊司令官などを経て、1920年12月1日、海軍中将に昇進し、海軍将官会議議員、馬公要港部司令官を務め、1921年12月26日待命、1922年12月26日休職、1923年3月31日予備役1933年5月5日後備役を経て、1938年5月5日に退役した[1][5]

栄典[編集]

位階
勲章

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『日本海軍史』第9巻、466-467頁。
  2. ^ 『人事興信録』第6版、よ43頁。
  3. ^ a b 『日本海軍将官辞典』409頁。
  4. ^ a b 『日本陸海軍総合事典』第2版、643頁。
  5. ^ a b c 『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』70頁。
  6. ^ 『官報』第3223号「叙任及辞令」1923年5月1日。
  7. ^ 『官報』第2296号「叙任及辞令」1920年3月31日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第6版、1921年。