吉田理保子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
本来の表記は「𠮷田理保子」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
よしだ りほこ
吉田 理保子
プロフィール
本名 𠮷田 理保子(読みは同じ)
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1949-01-24) 1949年1月24日(71歳)
血液型 O型
身長 160cm [1]
職業 声優実業家
活動
活動期間 1960年代 - 1998年
デビュー作アンデルセン物語』(アニメ)
ペリー・メイスン』(吹き替え)
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

吉田 理保子(よしだ りほこ、1949年1月24日[1] - )は、日本の女性実業家、元声優。現在は株式会社ディーカラーにキャスティング・コーディネーターとして在籍[2]

劇団こまどり[1]青二プロダクションぷろだくしょんバオバブを経て、81プロデュースに所属していた[1]

来歴・人物[編集]

東京都出身で、4人兄妹の長女[1][3]富士見高校卒業。知り合いにテレビ局のプロデューサーがいたことがきっかけで、劇団こまどりに所属[3]

20歳ごろに、NHK教育テレビの番組『明るいなかま』に顔出しでレギュラー出演をする。だが、本人曰く「太ってきちゃって(笑)。そのままいけば結婚するシーンもさせてあげるという役だったのに、その話もなくなっちゃうくらい」「こんなに太っちゃったら映像はもう無理じゃない?」となり、フジテレビの人物の紹介で声優活動を開始する[3]。アニメのデビュー作は『アンデルセン物語[3]

1960年代末期から1990年代にかけて活躍。『アルプスの少女ハイジ』のクララなど当初は少女役が多かったが、1978年に『未来少年コナン』で大人の女性であるモンスリー、翌1979年には『ベルサイユのばら』でロザリー・ラ・モリエールを演じ芸域を広げた。主役級の代表作に、『魔女っ子メグちゃん』の神崎メグ、『まいっちんぐマチコ先生』麻衣マチコなどがある[4]

洋画吹き替えでは、『エイリアン3』のシガニー・ウィーバーや『ターミネーター2』のリンダ・ハミルトン、『女刑事キャグニー&レイシー』のシャロン・グレスなど芯の強い女性キャラクターを数多く演じた。

1998年1月に声優業の第一線から引退する。理由については後に、洋画でいい役や面白い役を当時立て続けに担当できたことや、現場で共演者の芝居を観て「もっとこうすれば良くなるのに…」と感じるようになりマネージャーに向いているかもしれないと考えたこと、それまでに様々な役を演じ「やりきった」という気持ちが大きかったことを挙げている[3]

引退後はマネージャー職を経て、キャスティング・コーディネーター、声優講師などの活動に主に携わっている[3]。声優業については過去に演じた役・再現など特殊なオファーが入った場合を除き、基本的にしない方針を採っている。

2006年より野沢雅子が独立して設立したオフィス野沢に移籍し、野沢のマネージャーを務めていた。2012年4月30日、オフィス野沢廃業と共に野沢のもとを離れ、メディアフォースのマネージャーを務めていたが、2014年2月23日、メディアフォースの破産[5]に伴い、同年3月より株式会社ディーカラーにて所属声優のキャスティングに関わる業務を行っている[2]

エピソード[編集]

特技は、日舞[1]

アルプスの少女ハイジ』のクララについて、後に「ああいう役はめったに出会えなかった」「特別な役」であると共に、一番苦労した役だったと述べている。収録時に画がなく、何をやってるのか分からなくなるくらいダメ出しが多かったため、いつも「早くハイジは山に帰れ!」と思っていたといい、クララがハイジに再会した辺りから「やっと吹っ切れた」という。また、演技ができず悔し泣きをした経験もあり、「今は、そういう経験をしたから良かったんだと思いますけど」と語っている[3]

魔女っ子メグちゃん』で神崎メグについては、クララとは対照的に男勝りで活発なため「本当に伸び伸びと地のままで演じさせていただいた感じでしたね」と語り、童心に戻れたように楽しく演じられた大好きな役だったという[3]

メグを演じていた頃、当時の所属事務所にファンレターが来た。小学校5年生の少年からのもので、野球のユニフォーム姿などプライベート写真が同封されていた。明らかに吉田を異性として意識していたものであり、メグを演じる吉田のことをメグと同じ中学2年生くらいのお姉さんだと思い込んでいた様子だったという[6]

後任[編集]

吉田の引退後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

後任・代役 キャラクター名 概要作品 後任・代役の初担当作品
吉田美保 早乙女ミチル ゲッターロボ スーパーロボット大戦コンプリートボックス
グレース・マリア・フリード UFOロボ グレンダイザー
ローレライ マジンガーZ
卯月美和 鋼鉄ジーグ 第2次スーパーロボット大戦α
松井菜桜子 キャローン・キャル 戦闘メカ ザブングル スーパーロボット大戦α外伝
渡辺久美子 コマンダー・リサー 無敵鋼人ダイターン3 スーパーロボット大戦A PORTABLE
岡本茉利 神崎メグ 魔女っ子メグちゃん 魔女っ子大作戦
日髙のり子 ツムちゃん ざわざわ森のがんこちゃん 1998年度放送分
ヒポ先生
戸田恵子 リプリー エイリアン3』※フジテレビ版 エイリアン4』※フジテレビ版[7]
サラ・コナー ターミネーター2』※フジテレビ版 ターミネーター:ニュー・フェイト[8]
野沢雅子 シチューおばさん それいけ!アンパンマン 第605話Bパート
金田朋子 ドロロンくん 第711話Aパート
半場友恵 空まめおばさん 第848話Bパート
甲斐田裕子 マルゲリータ・ファブリ 名探偵ポワロ イタリア貴族殺害事件 ※完全版追加収録部分
山本百合子 クララ アルプスの少女ハイジ 教えて!トライさん[9]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

  • 恐竜惑星レイシル・カシム・シル、雪深き冬に生まれ白き破滅を超越する強き娘)
  • それいけ!アンパンマン(キュウリのモミモミさん〈初代〉)

1994年

1995年

1996年

1997年

劇場アニメ[編集]

1975年

1976年

1977年

1978年

  • 惑星ロボ ダンガードA 宇宙大海戦(霧野リサ

1979年

1980年

1981年

1983年

1984年

1985年

1986年

1988年

1989年

1990年

1992年

1995年

1996年

OVA[編集]

1986年

1989年

1990年

1991年

1993年

1994年

1997年

ゲーム[編集]

1991年

1992年

1995年

吹き替え[編集]

女優[編集]

シガニー・ウィーバー

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

特撮[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 大東京四谷怪談(お岩の声)

ラジオ[編集]

CD[編集]

人形劇[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 『日本タレント名鑑'93』VIPタイムズ社、1993年、693頁。
  2. ^ a b 吉田本人のツイート (2014年3月9日) - Twitter
  3. ^ a b c d e f g h フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」版 シガニー・ウィーバー〈リプリー〉役 吉田理保子 インタビュー”. 吹替の帝王. 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント. 2020年6月27日閲覧。
  4. ^ 【声優の履歴書】第49回 『魔女っ子メグちゃん』神崎メグ役、『まいっちんぐマチコ先生』マチ子先生役を演じた・吉田理保子”. リアルライブ (2013年12月26日). 2020年6月12日閲覧。
  5. ^ (有)ドリーム・フォースほか1社、東京商工リサーチ、2014年2月25日
  6. ^ 月刊OUT』1981年2月号「声優インタビュー 第22回 吉田理保子」。
  7. ^ 吉田の引退前もテレビ朝日版の吹き替えで担当していた。
  8. ^ 吉田が担当する以前に第1作のテレビ朝日版で吹き替えを担当しており、実質復帰とも言える。
  9. ^ 山本百合子|声優名鑑”. 声優グランプリweb. 2017年5月17日閲覧。
  10. ^ キューティーハニー”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  11. ^ ゲッターロボ”. 東映アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  12. ^ 魔女っ子メグちゃん”. 東映アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  13. ^ 一休さん”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  14. ^ ゲッターロボG”. 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。
  15. ^ あしたへアタック!”. 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。
  16. ^ アローエンブレム グランプリの鷹”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  17. ^ 惑星ロボ ダンガードA”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  18. ^ 宝島”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  19. ^ 未来少年コナン”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  20. ^ 闘士ゴーディアン”. メディア芸術データベース. 2016年11月17日閲覧。
  21. ^ ベルサイユのばら”. メディア芸術データベース. 2016年10月9日閲覧。
  22. ^ 南の虹のルーシー”. 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。
  23. ^ 六三四の剣”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月14日閲覧。
  24. ^ 中華一番!”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  25. ^ 未来少年コナン (劇場版)”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  26. ^ 未来少年コナン 巨大機ギガントの復活”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。