吉田直喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉田 直喜
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県佐世保市
生年月日 (1967-06-14) 1967年6月14日(52歳)
身長
体重
180 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1989年 ドラフト2位
初出場 1990年9月12日
最終出場 1994年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉田 直喜(よしだ なおき、1967年6月14日 - )は、長崎県佐世保市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

長崎・佐世保実高ではエースとして甲子園に2回出場。2年生時の1984年春の選抜では、1回戦で湯上谷宏らのいた星稜高を完封するが、続く2回戦で明徳義塾に惜敗[1]。翌1985年夏の選手権は、県予選で骨折したため登板できず、1回戦で立教高に敗退[2]

卒業後は青山学院大に進学。東都大学野球リーグでは、1年生の1986年春季リーグ開幕戦から登板。3年時の1988年秋季リーグでは長谷川寿(本田技研)とバッテリーを組み8勝1敗を記録。念願のリーグ初優勝を飾り、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインを受賞した。翌1989年は、故障もあって岩崎充宏(新日鐵名古屋)にエースの座を譲るが、秋季リーグで2回目の優勝を経験。リーグ通算73試合登板、21勝17敗、防御率2.75、215奪三振。大学同期に二塁手松山秀明、1年下に遊撃手奈良原浩がいた。縦のカーブ、シュートを軸に変化球に切れがあった。

1989年ドラフト2位でオリックス・ブレーブス入団。1990年に初登板初先発を果たすが、その後は伸び悩み、1996年限りで現役引退。打撃投手スコアラーを経て、現在はオリックス一軍チーフマネージャー。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1990 オリックス 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 8 1.0 4 1 1 0 0 1 0 0 3 3 27.00 5.00
1994 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 3 1.0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
通算:2年 2 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 11 2.0 4 1 1 0 0 1 0 0 3 3 13.50 2.50

記録[編集]

背番号[編集]

  • 13 (1990年 - 1996年)
  • 113 (1997年 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]