吉田秀弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

吉田 秀弥(よしだ ひでや、吉田秀彌、1881年11月15日 - 1955年11月19日)は、日本の実業家福島県出身。京成電鉄第3代取締役社長

来歴・人物[編集]

福島県西白河郡滑津村(現中島村)の吉田精一郎の長男として生まれる。

1907年早稲田大学政治学科を卒業し、二六新報に。もっぱら政治畑を歩く。

1916年5月、当時の京成電気軌道に庶務課長兼電燈課長として入社し、1931年取締役総務部長、1937年常務取締役。

1946年1月、今日の京成の基礎を築いた後藤圀彦が前年死去したため、第3代社長に就任。戦後混乱期の会社を牽引した。また、同年に鉄道連隊演習線の払い下げを受け、新京成電鉄を発足させる。

1955年11月3日、交通文化賞受賞。同月11日会長に退き、15日死去。

参考文献[編集]

  • 『京成電鉄五十五年史』