吉田重康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
吉田重康
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
主君 長宗我部元親
氏族 土佐吉田氏
父母 父:吉田重俊
兄弟 重康江村親家
孝俊、俊政

吉田 重康(よしだ しげやす)は、戦国時代武将長宗我部氏の家臣。土佐国上夜須城主。

出自[編集]

土佐の国人である土佐吉田氏は、藤原北家秀郷流の末裔を称する山内首藤氏の支流。山内首藤俊通の子・俊宗が足利尊氏に従い、功を上げ土佐に所領を得たことを始まりとする。

略歴[編集]

吉田重俊の長男として誕生。

永禄6年(1563年)、安芸国虎が5000の兵を率いて岡豊城を攻めるが、見事撃退する。本山氏攻めにも功績があった。

子・孝俊は天正10年(1582年)の中富川の戦いで討死を遂げた。孫・康俊は長宗我部氏改易の後、大坂に移住。後に松平家に仕えて姫路に移る。