吉田隼人 (競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
吉田隼人
Hayato-Yoshida(Jockey)20101024.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県北相馬郡藤代町
(現・取手市
生年月日 (1983-12-20) 1983年12月20日(37歳)
身長 160cm
体重 48kg
血液型 O型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 フリー
初免許年 2004年
免許区分 平地・障害[1]
経歴
所属 美浦・堀井雅広(2004.3.1 - 2007.4.2)
美浦・フリー(2007.4.3 -)
テンプレートを表示

吉田 隼人(よしだ はやと、1983年12月20日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の美浦トレーニングセンター所属の騎手。兄の吉田豊もJRA美浦所属の騎手である。

来歴[編集]

競馬学校第20期生として卒業し、2004年に騎手免許を取得(同期には藤岡佑介津村明秀川田将雅らがいる)。美浦の堀井雅広厩舎所属でデビュー。初騎乗は同年3月6日中山競馬第1競走でトーセンルドルフに騎乗して4着(12頭立て)であった。4月24日東京競馬第3競走でスターオブアディラに騎乗し初勝利を挙げる。

デビュー年はわずか3勝の成績に終わったが、2005年は23勝を挙げて成長の跡を見せた。また朝日杯フューチュリティステークスに出走したアポロノサトリはそれまで吉田が騎乗し2戦2勝の好相性であったが、その時点での通算勝利数は26勝であり、GI騎乗可能となる通算勝利数(31勝)を満たせていなかったため、蛯名正義に乗り替わりとなる試練もあった(結果は8着)。

2006年4月9日の中山競馬で中央競馬通算31勝目をあげ、晴れてGIへの騎乗が可能となった。

さらに、4月22日福島競馬第11競走福島牝馬ステークスをロフティーエイムで優勝し重賞初制覇。兄・豊の重賞初制覇は、1996年に行われたメジロドーベルでの阪神3歳牝馬ステークスであり、この勝利で史上初の兄弟の初重賞制覇がともに牝馬限定の重賞となった。同年は60勝を挙げ、年間勝ち数で兄・豊(57勝)を上回った。

2009年11月21日の福島記念でサニーサンデーで重賞制覇したが2着に兄・豊のトウショウシロッコが入り、吉田兄弟で初の重賞ワン・ツー・フィニッシュを達成した。

2015年12月27日有馬記念ゴールドアクターで優勝し、デビュー12年目にして初のGI制覇を果たした。

2018年秋より、美浦所属ではあるが拠点を栗東に移し、関西圏を中心に騎乗するようになった。

2020年12月13日の阪神ジュベナイルフィリーズをソダシで優勝し、世界初の白毛馬のG1制覇を果たした。また、翌2021年4月11日の桜花賞も優勝し、白毛馬と自身共に初のクラシック制覇を果たした。

2021年5月8日、新潟第7Rをアドマイヤメティスで勝利し、史上39人目となるJRA通算1000勝を達成した[2]

2021年6月20日、札幌第10Rでラズルダズルに騎乗して、史上28人目となるJRA通算12000回騎乗を達成した[3]

不祥事[編集]

2014年7月30日夜に札幌市内の知人宅でその知人と口論となり、負傷した。またその後知人側が刑事告訴したため、暴行容疑で北海道警察での取り調べを受けた(逮捕には至らず)。これにより2014年11月26日に同年12月11日までの騎乗停止を命じられた[4]

主な騎乗馬[編集]

このほか、白毛で初の重賞勝利馬となったユキチャンにも、デビューから4戦騎乗していた。

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順 出典
初騎乗 2004年3月6日 1回中京3日1R 3歳未勝利 トーセンルドルフ 12頭 11 04着 [26]
初勝利 2004年4月24日 2回東京1日3R 3歳未勝利 スターオブアディラ 15頭 2 01着 [27]
重賞初騎乗 2004年3月13日 2回中山5日11R 中山牝馬S トーセンリリー 16頭 16 13着 [28]
重賞初勝利 2006年4月22日 1回福島7日11R 福島牝馬S ロフティーエイム 16頭 7 01着 [29]
GI初騎乗 2006年10月15日 5回京都4日11R 秋華賞 コイウタ 18頭 12 17着 [30]
GI初勝利 2015年12月27日 5回中山8日10R 有馬記念 ゴールドアクター 16頭 8 01着 [31]
年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 表彰
2004年 3 2 6 199 .015 .025 .055
2005年 23 29 27 382 .060 .136 .207
2006年 60 58 47 815 .074 .145 .202 中央競馬騎手年間ホープ賞
2007年 73 85 66 883 .083 .179 .254
2008年 66 52 62 812 .081 .145 .222
2009年 45 45 46 734 .061 .123 .185 フェアプレー賞(関東)
2010年 52 46 49 757 .069 .129 .194
2011年 80 63 73 784 .102 .182 .276
2012年 74 75 65 802 .092 .186 .267 北海道競馬記者クラブ賞(中央・函館
2013年 55 62 53 752 .073 .155 .225
2014年 52 57 42 603 .086 .181 .250
2015年 51 42 42 688 .074 .135 .196
2016年 55 64 54 671 .082 .177 .258 フェアプレー賞(関東)
2017年 81 47 55 720 .112 .178 .254 フェアプレー賞(関東)
2018年 41 56 48 604 .068 .161 .240
2019年 59 44 47 637 .093 .162 .235
2020年 91 75 70 743 .122 .223 .318 フェアプレー賞(関東)
  • 情報は2021年4月17日時点[32]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月7日閲覧。
  2. ^ 吉田隼人騎手、JRA通算1000勝達成 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2021年5月8日閲覧。
  3. ^ 吉田隼人騎手、JRA通算12000回騎乗達成 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2021年6月20日閲覧。
  4. ^ 「騎手 吉田 隼人の暴行事案」に関する処分について - JRA公式ホームページ
  5. ^ 福島牝馬ステークス|2006年04月22日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  6. ^ フェアリーステークス|2007年12月16日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  7. ^ 夕刊フジオーシャンS|2008年03月08日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  8. ^ 福島牝馬ステークス|2008年04月26日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  9. ^ アルゼンチン共和国杯|2009年11月08日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  10. ^ 福島記念|2009年11月21日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  11. ^ クイーン賞|2013年12月04日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  12. ^ 新潟大賞典|2014年05月11日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  13. ^ アルゼンチン共和国杯|2015年11月08日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  14. ^ 有馬記念|2015年12月27日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  15. ^ 日経賞|2016年03月26日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  16. ^ 産経賞オールカマー|2016年09月25日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  17. ^ 東京新聞杯|2016年02月07日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  18. ^ エーデルワイス賞〔J|2016年10月13日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  19. ^ 全日本2歳優駿【指定|2016年12月14日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  20. ^ スパーキングレディー|2018年07月05日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  21. ^ 福島牝馬ステークス|2017年04月22日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  22. ^ 中スポ賞ファルコンS|2019年03月16日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  23. ^ 函館記念|2020年07月19日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  24. ^ クイーンステークス|2020年08月02日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  25. ^ 札幌2歳ステークス|2020年09月05日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  26. ^ 3歳未勝利|2004年03月06日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  27. ^ 3歳未勝利|2004年04月24日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  28. ^ 中山牝馬ステークス|2004年03月13日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  29. ^ 福島牝馬ステークス|2006年04月22日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  30. ^ 秋華賞|2006年10月15日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  31. ^ 有馬記念|2015年12月27日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年9月8日閲覧。
  32. ^ 吉田隼人の年度別成績|競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2021年4月17日閲覧。

関連項目[編集]