吉田雅己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「𠮷田雅己」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
𠮷田 雅己 Table tennis pictogram.svg
岡山リベッツ基本情報よみがな よしだ まさきラテン語表記 YOSHIDA Masaki生年月日 (1994-09-30) 1994年9月30日(24歳)国籍 日本の旗 日本出身地 北海道札幌市身長 169cm体重 60kg選手情報世界ランキング 最高18位(2017年8月) 現在48位段級位 7段利き腕グリップ シェークハンドラケット インナーフォース レイヤー ZLC[1]フォア面ラバー テナジー05[1]バック面ラバー テナジー80[1]戦型 両面裏ソフトドライブ型ITTFサイト ITTFプロフィール経歴学歴 愛知工業大学所属歴 岡山リベッツマネージメント FPC代表日本の旗 日本代表 2015ITTFワールドツアー戦歴デビュー年 2005生涯成績 312試合 226勝 勝率72%世界卓球選手権戦歴出場大会数 1初-最終出場 2015国内戦歴 全日本選手権 男子ダブルス 2015■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

𠮷田 雅己(よしだ まさき、1994年9月30日 - )は、北海道札幌市出身の日本の男子卓球選手。右シェーク両面裏ソフトドライブ型ITTF世界ランキング最高位は18位。岡山リベッツ所属。マネージメントはFPC。

経歴[編集]

北海道札幌市出身。父はインターハイベスト16、母は実業団拓殖銀行の選手、上の2人の兄も卓球経験者という、卓球一家に生まれる[2]、6歳で自宅横の卓球場ではじめる[2]、円山クラブに所属。全日本バンビ2位、カブ3位、そして小6でカデット(13歳以下)で全国初タイトルを獲得。青森山田中・高に進学し、全中インターハイのシングルスでも優勝。2012年の世界ジュニアではシングルスでベスト8入り。

プレースタイル[編集]

前陣でのプレーを主とし、両ハンドでの速い攻めが特徴。サービス、台上技術も得意で、3球目、4球目で一気に相手をたたみ掛けるようなスタイル

主な戦歴[編集]

  • 2002年全日本選手権バンビの部 準優勝
  • 2004年全日本選手権カブの部 3位
  • 2006年全日本選手権カデットの部13歳以下 優勝
  • 2007年全日本選手権カデットの部14歳以下 準優勝
  • 2009年全国中学校大会男子シングルス 優勝
  • 2010・11年度全日本選手権ジュニアの部 準優勝
  • 2012年インターハイ・シングルス優勝、男子ダブルス 2位
  • 2013年ITTFワールドツアー・ジャパンオープン荻村杯 U21 3位
  • 2013年ITTFワールドツアー・チェコオープン U21 優勝
  • 2014年度 第81回全日本大学総合選手権(個人の部) シングルス3位
  • 2014ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン U21 優勝
  • 第20回ジャパントップ12 3位
  • 世界卓球2015蘇州 日本代表
  • 2015ITTFワールドツアー・ジャパンオープン・荻村杯 U21 準優勝
  • 2015ITTFワールドツアー・韓国オープン ダブルス3位 U21 優勝
  • 2015ITTFプロツアー・グランドファイナル U21 3位
  • 平成27年度全日本選手権 ダブルス 優勝
  • 平成28年度全日本選手権 ダブルス 3位
  • 日本卓球リーグ40周年記念2017シチズンカップ日本卓球リーグ選手権大会 ダブルス 優勝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 吉田雅己卓球ナビ
  2. ^ a b 【吉田雅己#3】なぜ僕は「勝ちきれない卓球選手」なのか 巨人・丹羽孝希の登場”. ラリーズ (2018年9月5日). 2018年9月5日閲覧。