吉田 (長野市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
吉田
よしだ
日章旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
甲信静地方
都道府県 長野県
自治体 長野市
旧自治体 吉田町
面積
3.38km²
総人口
17,038
住民基本台帳、2014年4月1日現在)
人口密度
5,040.83人/km²
長野市役所吉田支所
北緯36度40分2.7秒 東経138度13分19.1秒 / 北緯36.667417度 東経138.221972度 / 36.667417; 138.221972座標: 北緯36度40分2.7秒 東経138度13分19.1秒 / 北緯36.667417度 東経138.221972度 / 36.667417; 138.221972
所在地 〒381-0043
長野県長野市吉田三丁目22番41号 ノルテながの2F
リンク 吉田支所公式ページ
吉田の位置(長野県内)
吉田
吉田
テンプレートを表示

吉田(よしだ)は、長野県長野市市街地北東部の地域名・町名。

  1. 【狭義】吉田一〜五丁目の範囲。1914年大正12年)4月時点の上水内郡吉田町域に相当。
  2. 【広義】1.に桐原一〜二丁目・中越一〜二丁目を加えた範囲。1876年明治9年)5月時点の上水内郡吉田村域に相当。長野市役所吉田支所管内の範囲。

本項では主に1.について解説しながら、#沿革の項ではかつて2. の区域に所在した上水内郡吉田村(よしだむら)、1. の区域に所在した同郡吉田町(よしだまち)についても述べる。

1. の範囲の現行行政地名は吉田一・二・三・四・五丁目住居表示実施済み区域である。郵便番号381-0043


概要[編集]

地区の北端には浅川が東西に流れ、長野電鉄長野線相ノ木通り(旧北国街道)及び長野県道374号北長野停車場中俣線が並行して東西に横切る。北東部をしなの鉄道北しなの線及び北陸新幹線[1]が南西から北東へ通過し、これが三・四丁目のをなし、一〜三丁目と四・五丁目を分断している。周囲は以下の大字町丁と接する。

信濃吉田駅南口(吉田三丁目)

長野電鉄桐原駅信濃吉田駅しなの鉄道北長野駅が利用でき、地区内には多くの路線バスが走る交通至便な地である。このため長野市の近郊住宅地として急速に発展した。

古くは北国街道(現 相ノ木通り)沿いを中心に発展し、北国街道が屈折する付近(本町=吉田一丁目)が吉田村の中心地であった。このあたりには今でも歴史を感じさせる古い商家が見られる。

その後本町のやや南東に、1898年明治31年)に吉田駅(現 北長野駅)、1926年大正15年)に吉田町駅(現 信濃吉田駅)が隣接して開業し、両周辺が栄えるようになる。

モータリゼーション時代に入ると地区北部のSBC通り沿いにロードサイド店舗が軒を連ね、賑わいを見せる。しかし一方の駅周辺地区でも、両駅の中間に1990年平成2年)、長野市内初の市街地再開発事業として北長野駅前B-3地区再開発事業が完成[2]ながの東急百貨店系のショッピングセンターながの東急ライフ」が入居し、鉄道利用者・自動車利用者ともに多くの買い物客が訪れるようになった。続いて1997年(平成9年)には北長野駅前B-1地区再開発事業として、信濃吉田駅直結の高層マンション「ノルテながの」が完成[2]。低層階に長野市役所吉田支所・公民館保健センター児童センターなどが入居し、公共施設の集積も図られている。

地区内の人口及び世帯数は以下の通り(平成26年4月1日現在)[3]

世帯数 人口
吉田一丁目 888世帯 1,928人
吉田二丁目 1,438世帯 3,526人
吉田三丁目 776世帯 1,981人
吉田四丁目 1,229世帯 3,178人
吉田五丁目 1,055世帯 2,597人
5,386世帯 13,210人

沿革[編集]

平安時代
  • 和名抄水内郡芋井郷に属す(中越に芋井森中古衣神社が存在する)。
鎌倉時代
  • 馬寮の牧場として吉田牧が登場する。
室町時代
  • 1392年明徳3年) - 「高梨文書」「高梨朝高言上状案(たかなしあさたかごんじょうじょうあん)」に高梨与一の知行地として小井郷(こいごう)吉田村が書かれる。
  • 1468年応仁2年) - 『諏訪御符礼之日記』に「桐原宇岐宇木)・小鹿野(おじかの)(押鐘)・吉田・長嶋?」の五ヶ村が交代で諏訪の花会(はなのえ)の頭役を交代でつとめたことが書かれる。
  • 1471年文明3年) - 島津忠国
安土桃山時代
  • 1576年天正4年) - 信濃浄土真宗20数ヶ寺の内、善敬寺(現吉田三丁目)が石山合戦につき、十兵糧米として石山本願寺に献納した。
  • 1578年(天正6年) - 『上諏訪大宮造宮清書帳』に「吉田之郷役銭一500を負担」「瑞籬(みずかき)三間役銭之次第、宇木郷おしかね…合一貫文」とある。
  • 1580年(天正9年) - 『信濃国道者之御祓(おはらい)くばり日記』「かつらやま分、よし田のまち籐左衛門・同新四郎」とある。
  • 1602年慶長7年)『信濃国川中島四郡検地打立之帳』に石高は吉田村832石、押鐘村235石、桐原村363石、中越村265石、下越村246石とある。
江戸時代
  • 1611年慶長16年) - 北国街道が整備され吉田村を通る。道幅約三(約5.5m)
  • 1625年寛永2年) - 吉田村田町(現 吉田一丁目)に口留番所が置かれる。
  • 1742年寛保2年)7月 - 戌の満水、押鐘村用水堰被害受ける。下越村石高246石余の内127石被害。押鐘村石高235石余の内233石被害受ける。
  • 1761年宝暦11年) - 吉田村北本町(現 吉田三丁目)に茂呂一元(何丸)生まれる。
  • 1783年天明3年)7月 - 浅間山噴火、以後大飢饉となる。中越村年貢延納願いを郡(こおり)奉行所に提出する。
  • 1824年文政7年) - 何丸が京都二条家より「月院社大宗匠」を許される。
  • 1832年天保3年) - 何丸が京都二条家より「俳諧奉行職御代官」を仰せつけられる。
  • 1834年(天保5年) - 『信濃国郷帳』に石高は押鐘村235石余、吉田村840石余、桐原村366石余、中越村268石余、下越村246石余とある。
  • 1837年(天保8年) - 何丸死去。(77歳)
  • 1834年(天保10年) - 「天保十年木綿布仲間連盟調帳」に木綿布仲間、吉田組20人とある。
  • 1865年慶応3年) - 吉田村田町(現 吉田一丁目)に産物会所が置かれる。「松代藩各会所木綿改表」に繰綿扱い量4737貫で松代領の全体の42%を占めたとある。
  • 1866年(慶応4年) - 下越村が太田村と改称する。
よしだまち
吉田町
廃止日 1923年7月1日
廃止理由 編入合併
長野市、吉田町、芹田村三輪村古牧村長野市
現在の自治体 長野市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
甲信静地方
都道府県 長野県
上水内郡
総人口 2,557
国勢調査1920年
隣接自治体 長野市
上水内郡三輪村、古牧村、若槻村古里村朝陽村
吉田町役場
所在地 長野県上水内郡吉田町
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
旧吉田村の歴史
  • 1872年明治5年) - 吉田村田町にあった松代藩口留番所・産物会所が廃止される。
    • 吉田村・押鐘村は6月中野県を経て7月長野県管轄となる。中越村・大田村は7月松代県を経て11月長野県管轄となる。
  • 1873年(明治6年) - 吉田村小町(現 吉田三丁目)の善敬寺に、積成学校(現 長野市立吉田小学校)が開校。のち、1891年(明治24年)に吉田尋常小学校として現在地(現 吉田三丁目)に移転
  • 1873年(明治7年) - 太政官布告により大区小区制施行される。吉田・押鐘は第6小区、中越・太田は第22大区第4小区となる。
  • 1876年(明治9年)5月30日 - 水内郡吉田村、同郡押鐘村・太田村・中越村を編入。
    • 戸数305戸、人口1410人となる。
  • 1879年(明治12年)1月4日 - 大区小区制廃止、郡区町村編制法施行。吉田村は上水内郡に属する。
    • 10月 - 吉田村田町(現吉田一丁目)に長野警察署落合交番所が設置される(旧口留番所跡)。
  • 1880年(明治13年) - 吉田村本町(現 吉田一丁目)に吉田5等郵便局設置される。
    • 戸数375戸、人口1,631人となる。
  • 1881年(明治14年)10月20日 - 上水内郡吉田村から太田村中越村が再び独立
  • 1889年(明治22年)
    • 4月1日 - 上水内郡吉田村、同郡太田村を再び編入。
    • 5月20日 - 吉田村田町の長野警察署落合交番所が14号駐在所と改称される。
    • 戸数351戸、人口2,527人となる。
  • 1900年(明治23年) - 乗合トテ馬車淀ヶ橋〜吉田〜須坂を走った。
  • 1894年(明治27年) - 吉田消防組結成される。
  • 1898年(明治31年)9月1日 - 中越村(現 中越二丁目)に、吉田駅(現 北長野駅)が開業
    • 「一線路」吉田駅〜小学校、「二線路」吉田駅〜横町と本町角、「三線路」吉田駅〜中枝町(中越の池まで)の3本の道路が建設される。
  • 1903年(明治36年)- 吉田村小町(現吉田三丁目)に信濃電気吉田支店設立される。(現 中部電力長野センター・長野資材センター)
  • 1905年(明治38年)- 吉田村東町(現吉田四丁目)に越寿三郎の信越カーバイト工場が建設される。
  • 1907年(明治40年) - 吉田村本町の吉田郵便局に電信架設される。
  • 1908年(明治41年)4月22日 - 吉田村小町(現 吉田三丁目)に、上水内郡組合立東部農学校(現 長野県長野吉田高等学校)が開校。のち、1923年(大正12年)に長野県上水内農学校として長野市大字吉田広町(現 吉田二丁目)の現在地に移転。
  • 1909年(明治42年) - 吉田村本町の吉田郵便局に電話架設される。
  • 1911年(明治45年) - 吉田商工会が組織される。(現 吉田商工振興会)
    • 戸数488戸となる。
  • 1913年大正2年) - 長野実業銀行(のち信濃銀行を経て上田殖産となるが解散)吉田支店設立される。
    • 戸数517戸、人口2,790人となる。
旧吉田町の歴史
  • 1914年(大正3年)4月1日 - 町制施行。上水内郡吉田町となる。
  • 1915年(大正4年) - 辰巳池を建設する。
  • 1917年(大正6年)11月16日 - 吉田町横町(現 吉田一丁目)に新町役場竣工し移転(旧連絡所の位置)する。
  • 1919年(大正8年) - 戸数490戸、人口2,488人となる。
  • 1921年(大正10年)8月 - 乗合自動車、淀ヶ橋〜吉田〜須坂間開通する。
    • 戸数540戸、人口2823人となる。
  • 1922年(大正11年) - 長野警察署14号駐在所が吉田町田町より吉田町小町(現 吉田三丁目)に新築移転する(旧派出所の位置)。
    • 戸数541戸、人口2,749人となる。
長野市吉田の歴史
  • 1923年(大正12年)7月1日 - 上水内郡吉田町、同郡芹田村三輪村古牧村とともに長野市編入。旧吉田村域は大字吉田、旧太田村域は大字太田となる。
    • 町役場は長野市吉田支所(→出張所→連絡所→支所)となる。
    • 吉田消防組が長野市消防組第十番組(旧連絡所隣接地)となる。
  • 1925年(大正14年) - 戸数597戸、人口2921人となる。
  • 1926年(大正15年)
  • 1926年昭和元年) - 越寿三郎により大字吉田東町(現 吉田四丁目)に長野製糸株式会社が設立される(昭和11年閉鎖)。
  • 1927年(昭和2年) - 戸数805戸、人口3,800人となる。
  • 1928年(昭和3年) - 大字吉田横町(現 吉田一丁目)の旧吉田町役場内に長野市庶民信用組合(現 長野信用金庫)吉田出張所が開設する。
  • 1930年(昭和5年)- 城山にあった斎場が移転し大字太田(現 吉田五丁目)に長野市太田斎場建設される(現長野県営野球場の地。後、大峰斎場へ移転)。
  • 1933年(昭和8年)- 吉田上松線(SBC通り)建設始まる。
    • 吉田〜若槻吉村間に乗合自動車運行(8人乗り、時速25km)。
  • 1939年(昭和14年)- 長野市消防組第十番組を長野市警防団第8分団と改称。
  • 1942年(昭和17年)- 八十二銀行本店吉田特別出張所が吉田729番地(現 吉田一丁目)に開設される。
  • 1943年(昭和18年)- 戸数866戸、人口4,185人となる。
  • 1944年(昭和19年)- 八十二銀行本店吉田特別出張所が吉田出張所となる。
    • 戸数984戸、人口4,865人となる。
  • 1945年(昭和20年)- 長野空襲省線(現 JR)吉田駅付近機銃掃射される。一戸全焼、一人死亡する。
    • 戸数1,168戸、人口5,486人となる。
  • 1944年(昭和21年)- 戸数1,160戸、人口5,450人。
  • 1947年(昭和22年)- 長野市警防団第8分団を長野市消防団第8分団と改称。
    • 戸数992戸、人口5,730人となる。
  • 1948年(昭和23年) - 長野市立吉田小学校に併設して、長野市立東部中学校が開校。のち、1950年(昭和25年)に大字古野(現 桐原二丁目)の現在地へ移転。
    • 大字吉田横町(現 吉田一丁目)に長野市公民館吉田分館(→城山公民館吉田分館→長野市立吉田公民館)発足する。
    • 大字吉田東町(現 吉田一丁目)に県営住宅建設される。
    • 戸数1,306戸、人口6,201人となる。
  • 1949年(昭和24年) - 戸数1,439戸、人口6,854人となる。
  • 1950年(昭和25年) - 大字吉田小町(現 吉田三丁目)に吉田映画劇場が開館する。電鉄信濃吉田駅南側。
    • 大字吉田広町(現 吉田二丁目)に県営住宅・市営住宅建設される。
    • 8月1日 - 八十二銀行本店吉田出張所が支店に昇格する。
  • 1951年(昭和26年) - 長野市消防署第4分所が大字吉田横町に開設される。
    • 11月19日 - 八十二銀行吉田支店が吉田989番地(現 吉田三丁目)に新築移転する。
    • 戸数1,481戸、人口7,111人となる。
  • 1952年(昭和27年)3月25日 - 大字吉田押鐘(現 吉田一丁目)にSBC信越放送が開業する。
  • 1954年(昭和29年) - 戸数1,708戸、人口8,395人となる。
  • 1955年(昭和30年) - 大字吉田東町(現 吉田四丁目)に国立職業補導所(現 ポリテクセンター長野)設立される。
    • 戸数1,748戸、人口8,337人となる。
    • 6月 - 大字吉田小町(現 吉田三丁目)にセントラル映画劇場が開館する(のちマツヤ→現 長野信用金庫吉田支店)。
  • 1960年(昭和35年)- 吉田地区に有線放送電話開通する(加入者711件)。
    • 戸数2,340戸、人口10,066人となる。
  • 1961年(昭和36年) - 大字吉田東町(現 吉田四丁目)に吉田東町郵便局開局する(旧東町踏切南)。
  • 1963年(昭和38年)- 吉田映画劇場が閉館する。
  • 1965年(昭和40年) - 戸数3,210戸、人口12,588人となる。
  • 1966年(昭和41年) - 長野県営野球場が大字太田(現 吉田五丁目)に建設、完成する。
    • 戸数3,321戸、人口13,055人。
  • 1968年(昭和43年)12月9日 - 長野信用金庫吉田支店が店舗を新築し大字吉田田町(現 吉田一丁目)へ移転する。
  • 1969年(昭和44年)5月1日 - 長野市農業協同組合が結成され、大字吉田小町(現 吉田三丁目)に本所が置かれる。
  • 1970年(昭和45年)4月1日 - 住居表示実施。大字吉田の大半と大字太田の全域が、吉田一・二・三・四・五丁目となる。
    • 11月16日 - 八十二銀行吉田支店が新築される(その後一時閉店)。
  • 1972年(昭和47年) - 吉田一丁目に吉田一郵便局開局する。
    • 吉田一丁目に長野市勤労者青少年ホーム建設される。
    • 吉田五丁目に白菊団地建設される。
    • 戸数3,730戸、人口13,958人となる。
  • 1971年(昭和48年)- 吉田五丁目に芙蓉苑団地建設される。
  • 1974年(昭和49年) - 戸数4,057戸、人口14,264人となる。
  • 1975年(昭和50年) - 吉田五丁目に長野運動公園総合プール建設。完成する。
    • 戸数4,065戸、人口14,241人となる。
  • 1977年(昭和52年) - 吉田一丁目の旧町役場庁舎位置に、新しく吉田連絡所・城山公民館吉田分館がつくられる。
  • 1977年(昭和52年) - 吉田三丁目に長野信用金庫吉田支店が新築移転する(現在地)。
  • 1978年(昭和53年)8月26日 - 吉田五丁目に、長野運動公園総合体育館が完成。翌月からやまびこ国体の一部競技が開催される
  • 1981年(昭和56年)
    • 8月26日 - 吉田二丁目に長野県信用組合吉田支店開店する。
    • 10月1日 - 吉田五丁目の第二ため池(下の堤)が埋められ、長野市東長野老人憩の家が建てられる。
  • 1985年(昭和60年) - 長野市消防局吉田分署が北部分署として若槻へ移転する。
  • 1990年平成2年)11月 - 吉田三丁目に、北長野駅前B-3地区再開発事業としてながの東急ライフが開業
  • 1997年(平成9年)
  • 1998年(平成10年)
    • 10月2日 - 長野市農業協同組合がながの農業協同組合に合併し、吉田三丁目の建物も吉田支所となる。
    • 11月24日 - 住居表示実施。桐原一・二丁目の成立とともに、大字吉田の残余の住居表示未実施区域が吉田三丁目27番・28番となる。これにより、吉田地区全域で住居表示が完了する
  • 1999年(平成11年)- JR信越本線(現 しなの鉄道北しなの線)をアンダーパスする辰巳隧道完成する。東町踏切撤去される。
  • 2006年(平成18年)9月3日 - 吉田一丁目の信越放送が問御所町へ移転完了する。
  • 2008年(平成20年)2月25日 - 吉田三丁目に、北長野駅前A-2地区再開発事業として信濃吉田駅前A-2ビルが開業。

旧町名[編集]

吉田地区では、1970年昭和45年)に長野市内で初めて住居表示が実施された。住居表示実施前の町名行政区)と現在の町丁名は、概ね以下の通りである[4]

旧町名 現在の町丁名
押鐘(おしがね) 吉田一丁目
および 吉田二丁目の一部
上町(かみまち・かんまち) 吉田一丁目
および 吉田二丁目の一部
吉田田町(- たまち) 吉田一丁目
および 吉田三丁目の一部
吉田横町(- よこまち) 吉田一丁目
および 吉田三丁目の一部
本町(ほんまち) 吉田一丁目
および 吉田二・三丁目の各一部
広町(ひろまち) 吉田二丁目
北本町(きたほんまち) 吉田二丁目
および 吉田三丁目の一部
小町(こまち) 吉田三丁目
吉田東町(- ひがしまち) 吉田四丁目
および 吉田三丁目の一部
原町(はらまち) 吉田四丁目
および 吉田三丁目の一部
西堀(にしぼり) 吉田四丁目
太田(おおた) 吉田五丁目
鍋屋(なべや) 吉田五丁目

交通[編集]

鉄道
信濃吉田駅北口(吉田三丁目)
北長野駅(中越二丁目)

長野電鉄信濃吉田駅が吉田三丁目にあり、以下の路線が利用できる。また吉田一丁目付近からは桐原駅桐原一丁目)が利用できる。

また、吉田三・四丁目付近からはしなの鉄道北長野駅中越二丁目)が利用できる。

路線バス

地区内のSBC通り北長野通りなどを走る、長電バスぐるりん号の以下の路線系統が利用できる。

施設[編集]

吉田一丁目[編集]

吉田二丁目[編集]

長野吉田高等学校

吉田三丁目[編集]

ながの東急ライフ

吉田四丁目[編集]

  • デリシア 吉田店
  • サーパス北長野
  • 真如苑 信越本部
  • 吉田東町郵便局
  • ポリテクセンター長野

吉田五丁目[編集]

アクアウィング


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2014年平成26年)度末に開業する予定で、現在建設中の区間ではあるが、長野駅長野新幹線車両センターを結ぶ回送専用線として利用されている。
  2. ^ a b 市街地再開発事業の実績一覧 - 長野市都市整備部まちづくり推進課
  3. ^ 長野市町別人口及び世帯数 - 長野市企画政策部企画課
  4. ^ 長野市の大字(町)区域名称 - 長野市総務部庶務課
  5. ^ 北長野駅は飯山線の駅ではないが、豊野駅を発着する飯山線の全ての列車は、長野駅まで(から)直通運転をしている。

関連項目[編集]