吉祥寺秋まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
吉祥寺秋まつり
第42回吉祥寺秋まつり(2014年9月)
第42回吉祥寺秋まつり(2014年9月)
イベントの種類 秋祭り
旧イベント名 吉祥寺北口連合秋祭り
開催時期 9月第2土曜日・日曜日
初回開催 1973年9月15日
会場 吉祥寺駅北口
主催 吉祥寺秋まつり実行委員会
運営 武蔵野市
出展数 10団体(神輿)
最寄駅 JR東日本京王井の頭線吉祥寺駅
公式サイト

吉祥寺秋まつり(きちじょうじあきまつり)は、東京都武蔵野市吉祥寺にて毎年に開催される秋祭りである。

概説[編集]

吉祥寺の氏神、武蔵野八幡宮の例大祭9月14日9月15日)に合わせ、9月第2土曜日と日曜日の2日間に分けて行われる[1]。吉祥寺の街中を、勇壮な神輿が練り歩く。1973年昭和48年)より毎年開催されている。

吉祥寺の神輿には大きく分けて2種類があり、一つは武蔵野八幡宮の宮神輿、さらにもう一つは各町会がそれぞれ所有する神輿である。このうち、武蔵野八幡宮の宮神輿は武蔵野八幡宮神輿保存会が維持・管理をしている。

両日とも行われる町会神輿渡御には武蔵野八幡宮の宮神輿と、町会神輿10基、の計11基の神輿が参加する[2]

2日間にわたり、神輿以外にも子供神輿・山車や縁日が行われるほか、また武蔵野市の無形文化財である『むさしの囃子』も披露され[3]、多くの人で賑わう。

祭りの進行[編集]

1日目
武蔵野八幡宮での動座祭(神様が神輿に移る儀式)から始まり、宮出しの後、各町会から順に神輿が渡りながら商店街サンロードダイヤ街など)を渡卸し、宮神輿の前には女性たちが扮する華やかな手古舞などが先導する。
2日目
午後3時に、吉祥寺駅前平和通りに神輿が集結し「神輿連合渡御」が行われる。
午後5時に、武蔵野八幡宮にて神幸祭を執り行う。さらに同時間帯には、祭りのフィナーレを飾る勇壮な宮入が行われる。
後日
9月15日に武蔵野八幡宮にて還座祭が行われる。

町会神輿渡御[編集]

以下の10町会の神輿のほか、武蔵野八幡宮神輿が加わり合わせて11基の神輿が参加する。[2]各町会とも、神輿担ぎは町会規定の半纏の着用が義務付けられる。

参加10町会の神輿

備考[編集]

  • 9月第2土曜日・日曜日開催という性質上、年度によっては、台風などによる荒天の影響で1日目もしくは2日目、または両日とも中止される場合もある(一例として2013年[4])。このため、月曜日が祝日(第3月曜日、敬老の日)であっても順延は行われない。

参照文献[編集]

  • 「第39回吉祥寺秋まつり」パンフレット
  • 週刊きちじょうじ(1905号、2011年9月9日発行)

ほか

脚注・出典[編集]

  1. ^ この形で行われるようになったのは1992年(平成4年)からで、それまでは例大祭と同様9月15日に行われていた。
  2. ^ a b “11基の神輿が吉祥寺を練り歩く-恒例「吉祥寺秋まつり」開催へ”. 吉祥寺経済新聞. (2011年8月30日). http://kichijoji.keizai.biz/headline/1232/ 2011年9月10日閲覧。 
  3. ^ 吉祥寺秋まつり - 武蔵野市タウンガイド(2011年9月10日閲覧)
  4. ^ 第41回吉祥寺秋まつり 本日(9/15)は、完全中止となりました。明日(9/16)への延期もありません。 武蔵野市観光機構(むー観) 武蔵野市(吉祥寺・武蔵境)の観光イベント情報、2013年9月15日発行

関連項目[編集]