吉良義元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

吉良 義元(きら よしもと、生没年不詳)は、戦国時代武将吉良義信嫡男(弟説もある)。通称は三郎、治部少輔、左兵衛佐。子は吉良義堯、一色氏明。

永正元年(1504年)頃に元服する。家督を継承することなく、永正13年(1516年)以前に早世したらしく、同年10月4日に義信は孫である珍王丸(義堯)に家督を譲っている。

法名は少林寺殿月厳源光大居士。