吉良貞義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
吉良貞義
時代 鎌倉時代後期 - 南北朝時代
生誕 不明
死没 興国4年/康永2年(1343年[1]
別名 弥太郎、上総禅門
戒名 実相寺殿敏蒙観省大禅定門
官位 従五位下上総式部丞左京亮
幕府 鎌倉幕府室町幕府
主君 惟康親王久明親王守邦親王足利尊氏
氏族 三河吉良氏
父母 父:吉良満氏、養父:吉良長氏
兄弟 貞義、荒川貞弘、畠山時国正室
満義、助時

吉良 貞義(きら さだよし)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将三河国西条城主。

生涯[編集]

鎌倉幕府御家人として9代執権北条貞時から偏諱を受けて貞義と名乗ったようである。弘安4年(1281年)の弘安の役の際、大将として石見国に下向したと伝わる[2]。その頃の石見地頭は「三河吉良右衛門」で、その末裔が羽隅氏を名乗り石見に土着したという。

弘安8年(1285年)の霜月騒動で父・吉良満氏を亡くし、吉良荘の領地が祖父・長氏に一旦返還されたため、長氏の養子となり所領を相続した。元亨3年(1323年)12月、北条高時が父・貞時の十三回忌供養を行い、円覚寺法堂以下を造営したが、貞義は一族の足利貞氏斯波高経らと共に参加、砂金100両、太刀一腰を進上した。吉良氏が史料に表れるのは、霜月騒動以来この時が初めてであり、幕府への再出仕がようやく許されたと思われる。

元弘3年(1333年)3月、足利高氏は幕命により楠木正成らの討伐軍大将として鎌倉を出立、三河国八橋[3]で軍議を開くが、既に幕府離反を決意していた高氏は、上杉憲房を貞義[4]の許へ使いに出し、決意を述べ貞義の意見を求めたが、貞義は「決意は誠に目出度い、むしろ決断が遅過ぎると思ったほど」と答え、高氏の考えを支持、これに自信を得た高氏は倒幕行動を開始する[5]。続く南北朝の動乱期、老齢の貞義は吉良荘の留守を守り、興国4年/康永2年(1343年)に没する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「海蔵紀年実相寺伝記」による。
  2. ^ 養寿寺本吉良系図の注による。
  3. ^ 現在の愛知県知立市
  4. ^ 既に入道し上総禅門と称す。
  5. ^ 難太平記』による。

出典[編集]

  • 「吉良町史 原始・古代・中世前期」
  • 「吉良町史 中世後期・近世」
  • 柳史朗「吉良氏十五代記」(1977年)