吉見輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉見輝

吉見 輝(よしみ あきら[1][2] / てる[3]1856年 6月17日(安政3年5月15日[4] - 1936年昭和11年)10月11日[5])は、日本の内務警察官僚。官選群馬県知事。旧姓・川辺。

経歴[編集]

常陸国水戸出身[1]水戸藩士・川辺重左衛門の三男として生まれ、吉見治郎左衛門の養子となる[4]

警視庁に奉職し[4]警部補として西南戦争に参加した。その後、山形県警部福島県警部、福島県河沼郡長、同県北会津郡長、富山県警部長熊本県警部長広島県警部長長崎県警部長大阪府警部長千葉県書記官、警視庁警視・第一部長、同消防署長などを歴任[1]

1902年10月、群馬県知事に就任。教育、産業の振興などに尽力。1906年7月、知事を休職[3]1908年7月27日、休職満期となり退官した[6]

退官後は水戸に帰り、常磐銀行取締役を務めた[2]

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『群馬県人名大事典』573頁。
  2. ^ a b c 『茨城人名辞書』ヨ19-20頁。
  3. ^ a b 『新編日本の歴代知事』288頁。
  4. ^ a b c 『人事興信録』初版、440頁。
  5. ^ 『日本人名選』442頁。
  6. ^ 『官報』第7528号、明治41年7月30日。
  7. ^ 『官報』第7581号「叙任及辞令」1908年10月1日。
  8. ^ 『官報』第5098号「叙任及辞令」1900年7月2日。
  9. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  10. ^ 『官報』第7606号・付録「辞令」1908年10月31日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『群馬県人名大事典』上毛新聞社、1982年。
  • 『昭和十三年度版 日本人名選』[]大阪毎日新聞社]]、1937年
  • 『茨城人名辞書』弘文社、1932年。
  • 官報