吉野家一号店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
築地一号店

吉野家一号店(よしのやいちごうてん)は、2018年まで東京都中央区築地築地市場内にあった吉野家の第一号店舗「吉野家 築地店」の通称。

沿革[編集]

吉野家は1899年に、料亭で働いていた松田栄吉が当時はやり始めていた「牛めし」に目をつけ[1]東京都中央区日本橋の魚市場で個人商店として開いたのが始まりである[2]1923年関東大震災後に魚市場が築地に移転すると、共に同地へ移転した[3]。この店舗は1945年東京大空襲で焼失したが、戦後すぐに屋台で営業を再開[1]。まもなく店を継いだ松田瑞穂は築地での人脈を生かして再び市場近くで店を持てるよう取り計らい、立地条件の良い角地を獲得し、1947年に店舗を再開した[3]。これが「築地一号店」の始まりである[1]。当時の牛丼はうな重と同様にやや高級な食べ物だったが、一日5万人が訪れる築地市場で吉野家は味の良さが評判を呼び繁盛した[1][3]。24時間営業という当時としては新しいスタイルも、深夜・早朝から慌しい市場関係者から歓迎された[1]

1958年に松田は吉野家を株式会社化し、年商を6倍の1億円にする(15席の店舗の1日の入客を1000人以上にする)という目標を達成するため、品質を維持しながら客席の回転数を上げるため工夫を重ねた[3]。例えば、牛丼以外のメニューを全廃する、具は牛肉玉葱だけにする、従業員は体力のある男性を主力としオペレーションの教育を徹底する、牛肉の加工は練馬の畜産工場で行い店舗は盛り付けに注力できるようにする、など[3]1959年に数十メートル離れた[4]東京都中央区築地5-2-1 1号館へ移転(閉店までここで営業)[5]1965年には年商1億の目標を達成し、さらに事業を拡大するため、松田は1968年に初めて築地以外の2号店(新橋店)を出店した[3]

2004年には牛海綿状脳症(BSE)問題で米国産牛肉が輸入できなくなり、吉野家のメニューから一時的に牛丼が消えたこともあったが、一号店だけは国産牛を使って牛丼の提供を続けた[4][6]。吉野家のアルバイトから会長にまで上り詰め、「ミスター牛丼」と呼ばれた安部修仁も一号店での勤務経験があるという[7]

一号店は、2018年時点で国内外2000店を超える吉野家[5]のファンから、「“吉牛”発祥の地[2]」「聖地[1][6]」として長らく親しまれたが、築地市場が豊洲市場へ移転するのに伴い閉店が決まり、2018年10月6日の閉店日には長蛇の列ができてSNSでも話題になった[1]。閉店5日後の2018年10月11日には、実質的な後継店舗である豊洲市場店がオープンしており[7]、「一号店」ではなくなるが[4]、一号店独自のオペレーションも多くが引き継がれている[7]

店舗跡近くの波除稲荷神社には、大きく「吉野家」と刻まれた記念石碑が2016年に奉納されてあり、築地に一号店があったことを伝えている[2]

店舗[編集]

24時間営業を行う多くの吉野家の店舗と異なり、営業時間が5時から13時までの8時間となっており、日曜日が定休日となっていた(豊洲市場店も同様)[7]

築地で開店した当初から[5]店内はコの字型のカウンター席が設けられていた[2]。従業員の動線が効率的なコの字型カウンターは今でこそ居酒屋などでよく見かけるが、元はこの吉野家一号店が発祥と言われる[2]

一号店は客に注文伝票を渡さず、メニューに応じて器の色を使い分け、それで会計を行った[2]。他の吉野家店舗でPOSシステムが導入されてもこの方式は変えておらず、豊洲市場店でも同様のオペレーションとなっている(ただし丼は他店と同様のものに変わっている)[7]

木箱の入れが壁に架かっていたのも一号店だけで[1]、カウンターに座っている客は後ろを向いて壁から箸を取ることになるが[5]、せっかちな仲卸の人たちが立ち食いできるようにとの計らいであり[5]、手狭な店内を効率的に使うための工夫でもあり、一号店の歴史を刻むシンボルになっていた[1]

一号店は味にうるさい客が多く、高い技術の社員が店長に就くのが常で[4]、何百人という常連客の顔と注文内容を記憶して代々の店長に引き継ぎ[6]、客が黙っていてもその好みのメニューを出すことができた[4]

裏メニュー[編集]

他店にない、一号店ならではの「特殊オーダー」[1]。マニュアル対応が基本のチェーン店では異例の対応だが、食品卸市場近くという立地上、舌の肥えた客が多く、そうした客のこだわりに応えるため裏メニューは始まった[1]

【例】

  • ネギだく - タマネギを多く盛ったもの[5]
  • トロだく - 脂身の多い肉を増やして盛ったもの[1][5]
  • トロぬき - 脂身の多い肉を減らして盛ったもの[1]
  • かるいの - ご飯を少なめにしたもの[1]
  • にくした - タレを染ませた牛肉を丼の底に敷いてから、上にご飯を盛ったもの[1]。タレが染みていないご飯が好みの人向けの[5]「裏中の裏メニュー[1]」。
  • ツメシロ - 冷ましたご飯に具を盛りつけたもの[7]。急いで食べたい客に配慮したもの[7]
  • アツシロ - 通常より熱くしたご飯に具を盛りつけたもの[7]

アタマ(具)の大盛りを初めて公式メニュー化したのは一号店である[2]

豊洲市場店でも裏メニューは受け継ぐ予定[1][5]だが、営業を軌道に乗せるため、2018年内は裏メニューの提供を見送る方針であるという[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 豊洲移転に伴い閉店した吉野家「築地1号店」食通たちが愛したワケ”. ORICON NEWS (2018年10月7日). 2019年4月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 築地で営業中! 吉野家1号店のトリビア5選”. ウォーカープラス (2018年5月26日). 2018年10月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 吉野家の歩み”. 吉野家. 2018年10月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ”. 日刊ゲンダイ (2018年9月25日). 2018年10月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 10月6日で閉店する吉野家1号店 築地ならではのこだわり”. livedoor NEWS(テレ朝news) (2018年10月3日). 2018年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月23日閲覧。
  6. ^ a b c さよなら吉野家1号店 築地最後の店長「おいしい牛丼、豊洲でも」”. withnews (2018年9月28日). 2018年10月23日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 豊洲市場の吉野家が面白い 「時給1500円」に「超少ないメニュー数」”. ITmediaビジネスONLINE (2019年4月29日). 2019年4月29日閲覧。
  8. ^ “豊洲新市場の吉野家後継店、年内は裏メニュー封印”. 日刊スポーツ. (2018年10月12日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201810120000163.html 2019年4月29日閲覧。