吉野川サービスエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉野川サービスエリア
吉野川スマートインターチェンジ
吉野川サービスエリア(下り線)
吉野川サービスエリア(下り線)
所属路線 E32 徳島自動車道
IC番号 5-1
料金所番号 08-781
本線標識の表記 吉野川
起点からの距離 68.5 km(徳島IC起点)
美馬IC (15.8 km)
(5.3 km) 井川池田IC
接続する一般道 徳島県道266号昼間辻線(町道経由)
供用開始日 1999年3月30日 (SA)
2006年10月1日 (SIC)
通行台数 x台/日
スマートIC 6:00-22:00
上り線事務所 7:00-22:00
上り線GS SOLATO
7:00-22:00
下り線事務所 24時間
下り線GS SOLATO
7:00-22:00
所在地 771-2502
(上り線)徳島県三好郡東みよし町足代字柳ノ坪1377番地
(下り線)徳島県三好郡東みよし町足代字小山1346番地
備考 スマートインターチェンジ併設
スマートICのIC番号の標識は存在していないが、NEXCO西日本が発行している高速道路ガイドマップには表記されている。
テンプレートを表示
吉野川SA(下り線側)から見る吉野川吉野川ハイウェイオアシス
吉野川スマートインターチェンジ(下り線)出口案内標識と吉野川ハイウェイオアシスの看板

吉野川サービスエリア(よしのがわサービスエリア)は、徳島県三好郡東みよし町足代にある徳島自動車道サービスエリア吉野川スマートインターチェンジを併設する。当サービスエリアの下り線施設には、一般道からも利用できるウェルカムゲートがある。

概要[編集]

吉野川の北岸に位置しており、展望台からは吉野川と隣接する吉野川ハイウェイオアシスを望むことができる。2004年10月31日よりスマートIC社会実験(吉野川ハイウェイオアシススマートIC社会実験)が開始され、さらには2006年10月1日に吉野川スマートインターチェンジとして恒久化された。なお営業時間は6時から22時までとなっている。

歴史[編集]

  • 1999年3月30日 : 美馬IC - 井川池田IC間の開通に伴い、吉野川サービスエリアが供用。
  • 2004年10月31日 : 吉野川ハイウェイオアシススマートICとして社会実験が開始。
  • 2006年10月1日 : 吉野川スマートインターチェンジとして恒久化し供用。

接続する道路[編集]

施設[編集]

上り線(徳島方面)[編集]

下り線(川之江方面)[編集]

三好バスストップ[編集]

三好バスストップ(みよしバスストップ)は、吉野川サービスエリアに併設された高速バスバス停留所

高速バスの利用者専用駐車場がある。

上り線[編集]

下り線[編集]

[編集]

E32 徳島自動車道
(5) 美馬IC - (5-1)吉野川SA/スマートIC - (6) 井川池田IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NEXCO西日本管内のSA・PAのコンビニ20店舗が4月27日に「セブン‐イレブン」としてリニューアルオープン!”. 西日本高速道路株式会社・西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社 (2018年3月28日). 2018年5月5日閲覧。

関連項目[編集]