吉野義子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

吉野 義子(よしの よしこ 1915年7月13日 - 2010年12月[1])は、俳人。台湾台北市に生まれる。父は言語学者の小川尚義。幼時に母方の伯父の養女となり、愛媛県松山市にて育つ。県立松山高等女学校(現松山南高等学校)を経て、1933年、同志社大学英文科に入学。1934年、結婚のため中退。当初は詩を作っていたが、1947年に俳句に転向。1948年、「」に入会、大野林火に師事。1954年、「濱」同人。1972年、濱同人賞受賞。1979年、「芭蕉の精神を基盤とした叙情を継承する」として「星」を創刊・主宰。2001年、『流水』により第1回俳句四季大賞受賞。2003年、「星」終刊。代表句に「むらさき着て掌にあたたむる龍の玉」など。国際俳句交流会の理事なども務め国際的にも活躍。俳人協会名誉会員。

2010年、95歳で死去[2]

著書[編集]

  • くれなゐ(1956年)
  • はつあらし(1971年)
  • 鶴舞(1976年)
  • 吉野義子集(1983年)
  • 花真(1984年)
  • HAIKU SAKURA(1992年)
  • budding sakura(2000年)
  • 流水(2000年)
  • Tsuru(2001年)
  • むらさき(2003年)

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 現代俳句大事典、三省堂
  • 吉野義子記念館ウェブサイト 紹介ページ[2]