吉頂寺晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

吉頂寺 晃(きっちょうじ あきら[1]1906年(明治39年)4月7日 - 不明)は、日本俳優。本名は岡崎 光(旧名・岡崎 光彦)、旧芸名に吉頂寺 光吾妻 三郎

来歴[編集]

懺悔の刃』のスチル写真。左が吾妻(吉頂寺)、右は小波初子。

1906年(明治39年)4月7日東京市神田区(現・東京都千代田区)に生まれる。第一早稲田高等学院を中退した後、高松プロ吾妻撮影所の研究生となる。

1926年(大正15年)、タカマツ・アズマプロ製作の『男児一諾』でデビューする。翌1927年松竹蒲田撮影所時代劇部に移り、吾妻三郎名義で、小津安二郎監督のデビュー作『懺悔の刃』などに主演する。その後、河合映画東亜キネマ帝国キネマ長瀬撮影所新興キネマを経て、東宝の専属俳優となる。

東宝専属時代は、クレジットされないエキストラとしての出演が大多数を占めている。1970年(昭和45年)に専属俳優の一斉解雇が行われるまで東宝に在籍。それ以降もテレビCMに出演するなど1980年代頃まで俳優業を続けた。

同年代頃に他界したものと思われるが、正式な没年月日、死因は不明[要出典]

人物・エピソード[編集]

デビュー当時は阪東妻三郎の人気が上がってきたころで、映画各社が阪妻そっくりのチャンバラスタアをつくろうとしていた。「吾妻三郎」は「阪東妻三郎のそっくりさん」ということで売り出され、これに似せて着けられた芸名で、誰も「あづま」とは読まず、「われ妻三郎」と読んでいた。場末の三本立ての館などでは、阪妻に顔も似ていて「妻三郎」でもあるのでだまされて入った客も相当いたという[2]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「日本映画人名事典 男優篇 下巻」(キネマ旬報1996年)では「きっちょうじ ひかる」と記載されている
  2. ^ 『ひげとちょんまげ』(稲垣浩、毎日新聞社刊)