同志社香里中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
学校法人同志社 > 同志社香里中学校・高等学校
同志社香里中学校・高等学校
同志社香里中学校・高等学校
過去の名称 大阪偕行社中学校
第二山水中学校
香里中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人同志社
設立年月日 1951年昭和26年)8月29日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 27528A
所在地 572-8585
大阪府寝屋川市三井南町15-1

北緯34度46分22.6秒 東経135度38分9.5秒 / 北緯34.772944度 東経135.635972度 / 34.772944; 135.635972座標: 北緯34度46分22.6秒 東経135度38分9.5秒 / 北緯34.772944度 東経135.635972度 / 34.772944; 135.635972
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

同志社香里中学校・高等学校(どうししゃこうりちゅうがっこう、こうとうがっこう)は、大阪府寝屋川市三井南町にある私立中高一貫校同志社大学同志社女子大学への進学率98%で、同志社に入りたい生徒のための学校となっている[1]。事実上10年間の中高大一貫教育高大一貫教育)校で、2000年平成12年)までは男子校だった。

概要[編集]

前身は、大日本帝国陸軍第4師団将校の親睦団体「大阪偕行社」により設立された「大阪偕行社中学校」(旧制中学校)。

太平洋戦争後、運営法人が同志社に吸収され、新たに「同志社香里中学校」「同志社香里高等学校」として設立された。同志社の系列校としては同志社中学校・高等学校同志社女子高等学校に続く3番目の設立となる。

キリスト教主義」・「自由主義」・「国際主義」の3つを柱として「良心の全身に充満したる」人物を育てる教育を行う。

キリスト教主義教育のため、週2・3回15分間のショート礼拝があり[2]、水曜日に1時間のL(ロング)礼拝がある[3]

沿革[編集]

前史[編集]

前身の「大阪偕行社中学校」は1940年昭和15年)3月に設立認可。1940年に寝屋川町友呂岐の丘(現在の校地)に移転した[4]

母体の「大阪偕行社」は、すでに「大阪偕行社附属小学校」(追手門学院小学校の前身)を開校していたが資金難により、1941年山水中学校山水高等女学校を運営していた財団法人山水育英会(現・学校法人桐朋学園)と提携。偕行社中を「第二山水中学校」と改称した。1945年に山水育英会との提携を解消、学校の運営法人名も「香里学園」となっていた。

年表[編集]

  • 1948年昭和23年)4月 - 学制改革に伴い、新制の「香里中学校」「香里高等学校」設立認可
  • 1951年 - 7月、香里学園を同志社が吸収合併[5]。8月29日に設立認可。12月「同志社香里中学校」「同志社香里高等学校」となる
  • 1977年 - 香真館(集会・礼拝堂)完成
  • 1985年 - 讃光館(校長室・教員室・会議室・事務室)、興文館(図書館・情報教室)完成
  • 1999年平成11年) - 友愛館(中学校舎)完成
  • 2000年 - 高等学校を男女共学化
  • 2002年 - 中学校を男女共学化
  • 2006年 - 第2体育館完成
  • 2011年 - 紫塩館(実験室・音楽室など)完成
  • 2011年 - サッカー場の第2グランド改修(人工芝化)
  • 2012年 - 尚志館(高校校舎)、香友館(部室棟)、男子更衣室棟が完成
  • 2013年 - 多目的グランド改修(移築・オムニコート化)
  • 2018年 - 全教室に電子黒板付きプロジェクターや廊下に電子掲示板を設置。第1グラウンドのラグビー場・トラックを改修。
  • 2021年 - 中庭にメディアセンター(仮称)が建設完了予定。

基礎データ[編集]

交通アクセス[編集]

電車[編集]

  • 京阪本線香里園駅下車。徒歩20分。
    • なお、マップなどでルートを検索すると、普段は閉鎖中で入ることの出来ない裏(南)門へ案内される。そのため、「三井南町15」で検索すると正門からのルートが表示される(全てのマップのルート案内において正しく表示されるとは限らない)。

バス[編集]

  • 京阪バス22系統に乗り「同志社香里」下車すぐ。

象徴[編集]

徽章[編集]

地理院地図 Googleマップ 同志社香里中学校・高等学校

徽章バッジ)は湯浅半月によるデザイン。3つの正三角形からなり、アッシリア楔形文字「ムツウ」(国あるいは土の意)の図案化であり、「知・徳・体の三位一体」、または、「調和をめざす同志社の教育理念」をあらわすとされている。

スクールカラー[編集]

スクールカラーは、ロイヤル・パープル(古代紫と江戸紫の中間色)と白の2色。同志社の創立者新島襄の母校アマースト大学のスクールカラーと同色。

校歌[編集]

校歌はDoshisha College Song(W.M.Vories作詞・Carl Wilhelm作曲)。日本語の校歌は有さず、同志社大学Doshisha College Song(英語)を校歌として採用している。

授業[編集]

国の学習指導要領の標準授業時間数「週30時間」に2時間プラスした「週32時間」授業。木曜日は5時間、土曜日は3時間授業である[6]。2021年度からは土曜日が4時間授業となる。そのため、2021年度からは、国の学習指導要領の標準授業時間数「週30時間」に3時間プラスした「週33時間」授業となる。

2015年平成27年)、週刊ダイヤモンド2015年08月22日号の「ビジネスマンが選ぶ『子どもに通わせたい学校トップ31』」特集で、国際社会の中の日本人の育成を目指しているとして、「息子・娘を入れたい学校2015」で全国1位となった[7]

部活動[編集]

  • レスリング部 - 団体戦で2004年全国選抜大会、インターハイに2004年と2006年(ベスト16)出場。個人戦で2004年インターハイ3位1名、2005年インターハイ3位2名、国民体育大会2位1名、3位1名、2012年全国選抜大会3位1名、2016年国体3位1名、2017年国体3位1名。
  • 吹奏楽部 - 2010年から2013年まで4年連続A部門で大阪府大会に出場。関西吹奏楽コンクール小編成の部で高校は、2015年・2016年・2018年に金賞、2017年に銀賞。中学は2018年に金賞。2009年・2014年・2015年に銀賞。
  • マンドリン部 - 全国高等学校ギター・マンドリン音楽コンクールで、2016年全国3位の全国知事賞、大阪市長賞。2017年全国6位の振興協会特別賞。2018年全国1位の文部科学大臣賞、そして17年連続で優秀賞。
  • 水泳部 - 2017年日本高等学校選手権水泳競技大会に1名出場し、400m自由形8位、800m自由形3位。また、全国中学校水泳競技大会に1名出場し、400m自由形3位。2018年インターハイ(2018 彩る感動 東海総体)水泳競技の部で1名が800m自由形で準優勝、400m自由形3位。
  • 器械体操部 - 2018年高校総体体操競技の部に2名出場し、鉄棒優勝、あん馬準優勝、個人総合3位と8位。

著名な学校関係者[編集]

出身者[編集]

政治[編集]

経済[編集]

研究[編集]

文学[編集]

芸術[編集]

芸能[編集]

スポーツ[編集]

関係者[編集]

系列校[編集]

学校法人同志社が設置する諸学校は、大学を頂点とした附属学校の形態を取らず、独立の学校群として位置づけられている(同志社小学校同志社国際学院初等部・国際部のみ附属校)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]