同棲時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
同棲時代
ジャンル 青春
漫画
作者 上村一夫
出版社 双葉社
掲載誌 漫画アクション
発表期間 1972年3月2日 - 1973年11月8日
巻数 全6巻
テレビドラマ
原作 上村一夫
監督 竜至政美
脚本 山田太一
制作 TBS
放送局 TBS系
放送期間 1973年2月18日 -
話数 全1話
その他 TBSチャンネル
映画:同棲時代 今日子と次郎
監督 山根成之
制作 松竹
封切日 1973年4月14日
上映時間 87分
その他 KINENOTE
allcinema
テンプレート - ノート

同棲時代』(どうせいじだい)は、上村一夫により双葉社漫画アクション』において、1972年3月2日号から1973年11月8日号まで80回連載された漫画、および、それを原作として1973年2月18日に梶芽衣子沢田研二主演でTBS系列で放送されたテレビドラマ、1973年4月に由美かおる仲雅美主演により公開された映画。また、この漫画をもとに作られた上村一夫作詞・都倉俊一作曲による大信田礼子の曲[1]

あらすじ[編集]

広告会社勤務の今日子とフリーのイラストレーターである次郎は、同じデザインスクールの同期であった。ある春の日、二人は一間のアパート同棲を始める。自由であり、不安定でもある二人の暮らしは愛と性の間で揺れ続け、今日子の精神状態は次第に崩れていく。そして、妊娠に気がついた今日子は、ある決断を下す[2]

背景[編集]

この作品のきっかけは、映画『愛の狩人』の中の同棲シーンであったと述べている。また、漫画家の安部慎一が同棲していることを知ったことも理由の一つである。同棲経験のない上村は、林静一の『赤色エレジー』のパロディとして始めたといい、当初は10回程度の連載を終了する予定であった。しかし、人気が出て80回の長期連載となり、「同棲」は流行語にもなり社会現象ともなった[1][3]

書籍[編集]

  • 同棲時代(全6巻) 双葉社、1973年
  • 同棲時代(全3巻) 双葉社、1986年
  • 同棲時代(愛蔵版 全2巻) 中央公論社、1991年
  • 同棲時代(文庫版 全4巻)[4] 双葉文庫、1994年
  • 同棲時代(全3巻) ブッキング、2005年

テレビドラマ[編集]

サンデービックプレゼント版[編集]

90分の単発ドラマとして1973年2月18日にTBS系の単発特別番組枠『サンデービッグプレゼント』で放送された。VTR制作。

当時の業務用ビデオテープ(2インチVTR)は非常に高価で、VTRで収録された番組の多くはテープを再利用するために放送終了後に消去された。本作も当時2回放送されたのみでTBSに映像は残っておらず、ダビングを重ねた映像がファンの間で出回っているのみであったが[5][6]、2008年末に双葉社の資料室で当時の放送を録画したUマチックテープが発見された。その後このテープは当時双葉社に在籍していた中島かずきによってTBSに寄贈され、2013年5月25日にTBSチャンネル2で放送された。

発見されたテープはカラー録画のものとモノクロ録画のものの2種類で、TBSチャンネル2の放送では、カラー録画の映像で欠落していた部分にモノクロ録画の映像を挿入する形で放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

月曜ドラマランド版[編集]

1985年11月11日 フジテレビにて放送。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

TBS系列 サンデービッグプレゼント
前番組 番組名 次番組
バレンタインの復讐
夜の大統領アル・カポネ
同棲時代(1973年版)
(1973年2月18日)
トム・ジョーンズ
イン・ジャパン
フジテレビ系列 月曜ドラマランド
時をかける少女
南野陽子版)
(1985年11月4日)
同棲時代(1985年版)
(1985年11月11日)
微熱 MY LOVE
(1985年11月18日)

映画[編集]

同棲時代 ―今日子と次郎―

  • 1973年4月14日公開
  • 松竹制作

キャスト[編集]

  • 今日子:由美かおる
  • 次郎:仲雅美

[編集]

同棲時代』 作詞:上村一夫、作曲:都倉俊一、編曲:高田弘、歌:大信田礼子

  • 元々は上村漫画のイメージアルバム『同棲時代 春・夏・秋・冬 〜上村一夫の世界〜』(CBSソニー、SOLL-39)の収録曲のひとつだった。
  • 映画『同棲時代 今日子と次郎』で主題歌として使用された。映画化に合わせてシングルカットされ、EP盤が1973年2月21日にCBSソニーから発売された(SOLB-5)。B面曲は『今日子と二郎』(作詞:石坂まさを、作曲:都倉俊一、編曲:高田弘、歌:大信田礼子)。

出典[編集]

  1. ^ a b 「同棲時代」 『リリシズム』 まんだらけ、2011年
  2. ^ 『同棲時代(上)(中)(下)』 ブッキング、2005年
  3. ^ 上村一夫 「同棲時代と僕」「今日子と次郎の死」『同棲時代と僕』 広論社、1973年
  4. ^ 前半部分と最終話を合わせて編集したもの
  5. ^ http://blog.goo.ne.jp/coolst93/e/b7886cfd22b69c4d108182d9a7b93e3d
  6. ^ http://blogs.yahoo.co.jp/hanagata37/31902177.html

参考文献[編集]

  • 上村一夫 『同棲時代と僕』 広論社、1973年
  • 佐々木幹郎 「上村一夫 同棲時代 パセティックな美学」『國文学 解釈と教材の研究 4月臨時増刊号 現代マンガの手帖』第26巻6号臨時増刊、學燈社、1981年