同江鉄路大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
同江鉄路大橋
各種表記
繁体字 同江鐵路大橋
簡体字 同江铁路大桥
拼音 Tóngjiāng tiělù dàqiáo
英文 Tongjiang-Nizhneleninskoye Railway Bridge
テンプレートを表示

同江鉄路大橋(どうこうてつろおおはし、ロシア語: Железнодорожный мост Тунцзян-Нижнеленинское[1])は中華人民共和国黒竜江省ジャムス市同江市ロシア連邦ユダヤ自治州レニンスコエ地区ニジュネレニンスコエの間に建設中の鉄道橋梁である。

概况[編集]

2007年にユダヤ自治州の副知事であるヴァレリー・グレヴィッチ英語版の提案によって始まる[2]

2008年11月に中露両国の首脳が第十三次定期会議でアムール川(黒竜江)に鉄道橋を建設する計画に合意した。中国政府とロシア政府が共同で建設・使用・管理・維持を行い、中国の黒竜江省同江市とロシアのユダヤ自治州ニジュネレニンスコエを結ぶ鉄橋を建設するという内容である。完成すればシベリア鉄道(レニンスキー支線)と向哈線(同江地方線)が接続され、黒竜江省で2つ目の国境を跨ぐ鉄道になる。極東ロシアとの間の運輸距離を1,700km縮小して相互の貿易の利便を図り、中国東北部に中露合作企業を設立して産業振興を図る狙いがある。

2009年9月23日胡錦濤国家主席とメドベージェフ大統領が正式に批准した[3]同江市黒河市漠河県(洛古河)から合わせて4本の橋を建設する計画である。2014年2月26日に建設が開始され、工期は2年とされた。両国の国境に検査駅と貿易区を建設する計画も進行中である。

建設状況[編集]

2018年完成予定であり、全長2,215mのうち中国側が1,886m、ロシア側が329mを建設する[4]2015年8月24日時点で中国側は60%の進捗度であり、2016年12月にロシア側は遅れて着工を開始した[5]

出典[編集]