同立戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
同立戦
チーム 同志社大学
立命館大学

同立戦(どうりつせん)は、同志社大学立命館大学とのスポーツ対戦のこと。立命館大学サイドでは立同戦(りつどうせん)と呼ばれている。

概要[編集]

元々は両校硬式野球部の対戦を指すものであったが、アイスホッケーラグビーアメリカンフットボールなど他のスポーツ対戦にも用いられることが多い[1]

硬式野球の同立戦は、毎年春と秋に、関西学生野球連盟リーグ戦の最終カードとして西京極球場(わかさスタジアム京都)で行われ、試合は、立命館大学放送局(RBC)によるUSTREAMおよびニコニコ生放送によるテレビ放送もあり、学生のみで運営、放送されている。(以前はKBS京都での中継もあり)

大学野球としては珍しくナイターで開催されることが多い(特に春)。またシーズンになると、京都市内の交通機関などに同立戦を知らせるポスターが掲示される。

関関戦(関西大学対関西学院大学)と共に、同リーグ戦の「伝統の一戦」として位置づけられている。

立命館・同志社共に戦前から滑空部があるため、福井空港グライダー競技会が行われている[2]

歴史[編集]

  • 1929(昭和4)年、「三大学野球対抗戦(関西大学同志社大学京都帝国大学の各野球部が参加」)が開始。
  • 1930(昭和5)年、三大学野球対抗戦に、京都五大学野球連盟[3]から離脱した立命館大学の野球部が移籍加盟し四大学野球連盟を結成。これをもって硬式野球における同立戦の始まりとされている。
  • 1931(昭和6)年の秋季リーグからは関西学院高等商業部、神戸商業大学の野球部も加盟[4]し、関西六校野球連盟(後の関西六大学野球連盟)[5]が発足した。

この連盟の発足後に関西の大学スポーツ界の人気イベントとしての立場が徐々に高まり、中でも京の二大私学対決である同立戦は一般市民にも多くのファンを生むなど、人気カードとして京都市民に親しまれた。

戦後も同立戦は京都名物として人気を博したが、プロ野球や他のスポーツの隆盛などによりファン離れが加速。また1986(昭和61)年に同志社大学の一部が京田辺校地(京都府京田辺市)に移転、1994(平成5)年には立命館大学も理工学部が、1997(平成8)年には経済学部、経営学部がBKC(びわこくさつキャンパス、滋賀県草津市)に次々と移転するなどしたため、両校学生と西京極球場との物理的距離が増大。これにより、現在では学生の同立戦離れも常態化しつつある。

同立戦前夜祭[編集]

毎年、硬式野球同立戦が組まれる5月(春期)および10月(秋期)に開催される両校応援団主催によるイベントである。全三部から構成され、第一部は両校応援団による演舞競演、第二部は両校吹奏楽部・チアリーダー部による合同ステージ、第三部は応援団に所属する指導部、吹奏楽部、チアリーダー部がそろって試合中の応援を再現する。かつては「円山公園野外音楽堂」で夕刻に開催されていたが、近年では「京都市庁舎前広場」に場所を移し、時間帯も昼間変えて行われている。前夜祭当日は、八坂神社から京都市役所まで約1時間半のパレードも行われる。

脚注[編集]

  1. ^ 『同立戦 敗れる アイホ 瀬田カップ』(2009年5月13日、同志社大学プレス)[1]
  2. ^ “京都スポーツあらかると 富山教官のグライダー談義「立命館大航空部創部80周年式典と立命館大―同志社大定期戦」”. 京都新聞. (2010年10月21日). https://www.kyoto-np.co.jp/kp/sport/mandara/c_toyama/toyama.php?m=101021 2019年7月20日閲覧。 
  3. ^ 当時の京都五大学野球連盟に関しては、関西六大学野球連盟 (旧連盟)などを参照の事。
  4. ^ 関西学院高等商業部、神戸商業大学の野球部ともに関西学生野球連盟から移籍。関学は1933年まではその連盟との掛け持ち加盟。
  5. ^ 関学の1932年春の大学昇格をもって関西六大学野球連盟に改称。

関連項目[編集]

  • 早慶戦(慶早戦)
  • 早明戦(明早戦)
  • 商東戦(東商戦)
  • 関関戦
  • 総合関関戦
  • 関関同立・四雄の宴
  • 名古屋大学・大阪大学対抗競技大会(名阪戦/阪名戦)
  • 名立戦(立命館大学「立命館大学クイズソサエティー」のクイズでの最大のライバルである名古屋大学「名古屋大学クイズ研究会」とのクイズでの交流戦)
    • なお、立命館大学の他の大学対抗戦とは異なり、例外として名立戦に限り「立名戦」とは称さずに、名古屋大学側と同様に「名立戦」と称している。これは「立名」とすれば同大学の略称の一つである「立命(りつめい)」と読みが同じとなることから、混乱を防止するためである。
  • College rivalry英語版