名古屋おもてなし武将隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
名古屋おもてなし武将隊
Nagoya Omotenashi Busho-tai 20170102-01.jpg
記念撮影を行う武将隊と陣笠隊(2017年1月)
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2009年 -
レーベル ビクターエンタテインメント
ポニーキャニオン
メンバー 織田信長
豊臣秀吉
徳川家康
前田利家
加藤清正
前田慶次
踊舞
なつ
太助
惣平
旧メンバー 立三
お糸
茄子
お里
市蔵
亀吉
元気!
章右衛門
一之助
哉太郎
凛太郎

名古屋おもてなし武将隊(なごやおもてなしぶしょうたい)は、「武将都市ナゴヤ」をPRするために結成された名古屋市の観光PR部隊。別名「イケメン武将隊」とも呼ばれる。

名称は2010年平成22年)10月29日に商標登録されている(第5364564号)[1]

概要[編集]

観光客を案内する前田慶次(2011年)

名古屋開府400年に合わせて名古屋市のふるさと雇用対策事業の一環として結成されたPR部隊で、全国の武将ゆかりの地に結成されている各おもてなし武将隊の先駆けとなる2009年(平成21年)11月3日に名古屋城内にて結成式が行われた[2]。運営は名古屋市の広告代理店・三晃社が行っている。

メンバーは緊急雇用対策のため、ハローワークで募集され、オーディションに合格した日本人女性や外国人男性を含む10名で結成され、織田信長豊臣秀吉徳川家康前田利家加藤清正前田慶次愛知県にゆかりのある6武将と陣笠隊(足軽)に扮し、毎日交代で名古屋城で観光案内等を行うほか、週末には演武(殺陣寸劇、甲冑ダンス、武将クイズ)など、パフォーマンスを行っている。また、戦国武将ブーム等もあり、歴女を初めとする女性ファンが多く、追っかけファンもでるなど、人気を博しており、名古屋のローカル番組にレギュラー出演するほか、CM出演や写真集が出版されるなど、活躍の場を広げている。2011年(平成23年)4月20日には「百花繚乱/祈り」でCDデビューを果たした。

活動期間は結成から2010年(平成22年)9月までの半年間の予定であったが、2012年(平成24年)3月[3]まで延長され[4]、4月以降は名古屋市から独立して活動することとなった。これに伴い、武将と陣笠の一部が卒業した[5]

名古屋おもてなし武将隊の成功により、全国各地で同部隊を参考にしたPR部隊が展開されることになった[4]

年表[編集]

  • 2009年11月 - 結成[2]
  • 2010年
    • 3月 - 出立式(お糸・茄子)[6]
    • 4月 - お披露目式(市蔵・亀吉)
  • 2012年
    • 3月 - 出立式(信長・秀吉・慶次・お里・市蔵)[5]
    • 5月 - お披露目式(信長・秀吉・慶次・元気!・踊舞)[7]
  • 2014年
    • 3月 - 出立式(立三)[8]
    • 4月 - お披露目式(なつ)[9]
  • 2015年
    • 3月 - 出立式(秀吉・利家・慶次・亀吉・元気!)[10]
    • 4月 - お披露目式(秀吉・利家・慶次・章右衛門・一之助)[11][12]
  • 2016年
    • 3月 - 出立式(信長・清正)[13][14]
    • 5月 - お披露目式(信長・清正)[15][16]
  • 2017年
    • 3月 - 出立式(章右衛門)[17]
    • 5月 - お披露目式(哉太郎)[18]
  • 2018年
    • 3月 - 出立式(利家・一之助)[19]
    • 5月 - お披露目式(利家・太助)[20]
  • 2019年
    • 3月 - 出立式(清正・哉太郎)[21][22]
    • 5月 - お披露目式(清正・凛太郎)[23]
  • 2020年
    • 3月 - 出立式(秀吉・凛太郎)
    • 5月 - お披露目式(秀吉・惣平)

メンバー[編集]

武将隊[編集]

現在のメンバー
過去のメンバー

陣笠隊[編集]

現在のメンバー
  • 踊舞:長谷川将也(2012年5月[7] - )
  • なつ:秀島なつみ(2014年4月[9] - )
  • 太助(2018年5月[20] - )
  • 惣平(2020年5月 - )
過去のメンバー
  • 立三:立岡俊介(2009年11月[2] - 2014年3月[8]
  • お糸(2009年11月[2] - 2010年3月[6]
  • 茄子(2009年11月[2] - 2010年3月[6]
  • お里:鳥居里美(2009年11月[2] - 2012年3月[5]
  • 市蔵:市川智也(2010年4月 - 2012年3月[5]
  • 亀吉:亀井英樹(2010年4月 - 2015年3月[10]
  • 元気!:伊藤玄紀(2012年5月[7] - 2015年3月[10]
  • 章右衛門:後藤章(2015年4月[11][12] - 2017年3月[17]
  • 一之助:黒川一将(2015年4月[11][12] - 2018年3月[19]
  • 哉太郎:中山卓哉(2017年5月[18] - 2019年3月[21][22]
  • 凛太郎(2019年5月[23] - 2020年3月)

ギャラリー[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

  • おもてなし隊なごや(2010年4月7日 - 2012年3月28日・2014年4月2日 - 2017年3月22日・2018年4月4日 - 、メ〜テレ
    • 新・おもてなし隊なごや(2012年4月4日 - 2013年3月27日)
  • 3時のつボッ!(2010年6月 - 9月、テレビ愛知) - 火曜日レギュラー
  • うまし!もてなし!武将隊(2011年7月8日 - 29日、テレビ愛知) - 豊臣秀吉・徳川家康のみ出演
  • 信長の来る部屋(2015年1月4日、メ〜テレ)[24]
  • 私の愛した家康さま(2017年1月28日、メ〜テレ)[25]
  • 八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ 第7話(2020年2月16日、テレビ愛知)- 前田慶次(おことわり担当)[26]

ラジオ[編集]

インターネット放送[編集]

  • 名古屋おもてなし武将隊 天下布武チャンネル(2012年10月 - 2014年03月27日、ニコニコチャンネル、月2回生放送)
  • 新・おもてなし隊なごや-名古屋のすべてを魅せるでござる-(2013年4月11日、名古屋市公式サイト)

ウェブサイト[編集]

  • 中日新聞ほっとWeb「名古屋おもてなし武将隊いざ出陣!!」(2013年3月 - 2015年2月)
  • 中日新聞ほっとWeb「名古屋おもてなし武将隊めざせ!平成の天下統一?!」(2015年3月 - 2016年2月)[27]

CM[編集]

イベント[編集]

  • 世界SAMURAIサミット(2010年7月31日・8月1日・2012年2月3日 - 6日)
  • 上海万博日本館名古屋市ウイーク(2010年8月7日 - 10日)
  • 戦国武将まつり(2010年11月4日・6日・7日、ナガシマスパーランド
  • 尾張名古屋・仙台おもてなしの宴(2011年1月9日、Zepp Sendai
  • 平成あいち戦国武将サミット in アスナル金山(2012年11月18日、アスナル金山
  • 全国武将隊天下一決定戦 〜宴〜(2013年2月16日・17日、メイン会場:名鉄ホール・サテライト会場:セントレア
  • 第二回全国武将隊天下一決定戦 〜宴〜(2014年2月22日・23日、メイン会場:名鉄ホール・サテライト会場:セントレア)
  • 絆 夏の陣(2015年7月4日・5日、名古屋城 二之丸広場)[28]
  • 絆 秋の陣(2015年11月27日、名古屋能楽堂・名古屋城)[29]
  • 「桶狭間の戦い」再現劇・東海合戦ワールド2015(2015年11月29日、清洲城熱田神宮大高緑地)※東海合戦ワールドは大高緑地のみ[29]
  • 全国武将隊大博覧会-宴-(2016年2月20日・21日、セントレア)

舞台[編集]

  • 名古屋おもてなし武将隊 絆(2011年2月25日 - 3月2日、テレピアホール
  • 名古屋おもてなし武将隊 絆 夏の陣(2011年7月29日・30日、テレピアホール)
  • 名古屋おもてなし武将隊 絆 2012(2012年3月15日 - 3月25日、テレピアホール)
  • 名古屋おもてなし武将隊 絆 2013(2013年3月21日 - 3月26日、テレピアホール)
  • 名古屋おもてなし武将隊 絆 2014(2014年3月14日 - 3月23日、テレピアホール)
  • 名古屋おもてなし武将隊 絆 2015(2015年3月12日 - 3月22日、テレピアホール)
  • 名古屋おもてなし武将隊 絆 2016 黎明転章(はじまり)の戦(2016年3月16日 - 3月21日、テレピアホール)
  • 名古屋おもてなし武将隊 絆 2017 〜天の焔(てんのほむら)〜(2017年3月10日 - 3月12日、名古屋能楽堂)
  • 名古屋おもてなし武将隊 絆 2018 〜変革転章(はじまり)の戦〜(2018年3月9日 - 3月11日、名古屋能楽堂)
  • 名古屋おもてなし武将隊 絆 2019 〜疾風迅雷〜(2019年2月22日 - 2月24日、名古屋能楽堂・能楽堂会議室)
  • 名古屋おもてなし武将隊 絆 2020 天華繚乱〜飛翔〜(2020年2月22日 - 2月23日、テレピアホール)

書籍[編集]

  • 戦国武将絵巻 乱舞 名古屋おもてなし武将隊(2010年6月19日、インフォレスト
  • 名古屋おもてなし武将隊 ALL MEMBERS COMPLETE BOOK 十旗総覧(2011年8月25日、マーブルトロン)

音楽・映像作品[編集]

『百花繚乱』は名古屋「春のキャンペーンテーマソング」で河村たかし名古屋市長がゲストヴォーカルとして参加。両A面の祈りには玉置成実が参加した。『いざ、出陣!』は岐阜県各務原市にある重要有形文化財の「村国座」で撮影が行われ、11月8日付オリコンデイリーチャートの「音楽DVDランキング」で4位を記録した。また、2012年3月に初代メンバーで行われた舞台を収録した『名古屋おもてなし武将隊 絆 メモリアルDVD』が完全受注生産で販売された。さらに、2012年8月31日に3月にZEPP NAGOYAで行われた回顧展『-紡-』のDVD、2014年10月29日にお豆盤『不離威騎!』(ミニアルバム『フリーキー!』)が発売された。

CD[編集]

シングル[編集]

  • 百花繚乱/祈り(2011年4月20日発売、ビクターエンタテインメント
    • 百花繚乱 / 作詞:Satomi、作曲:m.c.A・T、歌:名古屋おもてなし武将隊
    • 祈り / 作詞:Satomi、作曲:山本淑稀、歌:名古屋おもてなし武将隊 starring Nami Tamaki
  • 不離威騎!(2014年10月29日発売、ビクターエンタテインメント)*5周年記念CD

アルバム[編集]

初回限定盤CD収録曲
  1. 不離威騎! / 作詞:吉田詩織、作曲:井上トモノリ、歌:名古屋おもてなし武将隊
  2. 深紅 / 作詞:吉田詩織、作曲:宮原康平、歌:名古屋おもてなし武将隊
  3. あっぱれ陣笠音頭 / 作詞:小川コータ、作曲:小川コータ、歌:名古屋おもてなし武将隊
  4. 戦の幕開け
  5. 槍焔乱舞
  6. 歌舞けや、歌舞け!
  7. 戦いはつづく(和太鼓ver
  8. 戦国の憂い
  9. 紅蓮のごとく
  10. 太閤の夢
  11. 忠義あるのみ
  12. 平和だなも
  13. 疾風 -hayate-
  14. 天下泰平はまだ遠い
  15. Burn -大地に燃ゆ-
  16. 戦いはつづく
  17. 名古屋おもてなし武将隊 勝鬨〜ANAの巻〜
  18. 名古屋おもてなし武将隊 勝鬨〜世界の山ちゃんの巻〜
初回限定盤付属DVD
  1. 不離威騎!(ミュージックビデオ/メイキングオフショット)
通常盤CD収録曲
  1. 不離威騎!
  2. 深紅
  3. あっぱれ陣笠音頭
  4. 不離威騎!(Instrumental)
  5. 深紅(Instrumental)
  6. あっぱれ陣笠音頭(Instrumental)
  7. 名古屋おもてなし武将隊 勝鬨〜ANAの巻〜
  8. 名古屋おもてなし武将隊 勝鬨〜世界の山ちゃんの巻〜

DVD[編集]

  • いざ、出陣!(2011年11月9日発売、ポニーキャニオン
    • 武将隊演武「長篠の戦い」 in 村国座 / 一撃-ICHIGEKI- (プロモーションビデオ)
    • 特典CD:一撃-ICHIGEKI- / 作詞:大西真弓、作曲:井上日徳乱、歌:名古屋おもてなし武将隊
  • 名古屋おもてなし武将隊料理バトル(2011年)
  • 名古屋おもてなし武将隊 絆 メモリアルDVD(2012年5月、東海テレビ
  • 名古屋おもてなし武将隊回顧展 -紡-(2012年8月)
  • 名古屋おもてなし武将隊 天下布武チャンネル(2013年2月)
  • 名古屋おもてなし武将隊 絆 シリーズ / 脚本:毛利亘宏(少年社中)演出:佐藤信也、東海テレビ
    • 活劇舞台 絆 2013年「永劫の誓い」2014年「天我の風」2015年「紅蓮の大空へ」2016年「蒼天の運命」2017年「天の焔」

コラボレーション[編集]

青柳ういろう[編集]

  • 信長の「赤ワイン味」秀吉の「濃茶味」家康の「八丁味噌味」のセット

松永製菓[編集]

  • 名古屋おもてなし武将隊しるこサンド

猿カフェ ルーセントタワー店[編集]

  • 「武将都市ナゴヤ×猿Cafe」「武将カフェ」:2009年11月3日 - 2011年3月31日[30]

サントリー[編集]

  • 東海地区限定サントリートリスハイボール

サークルKサンクス[編集]

  • 「武将弁当」:2010年9月9日 - 10月27日[31]と2011年10月6日 - 11月2日[32]に発売。

ココストア[編集]

  • 「冬の武将まつり」:2012年1月11日 - 1月31日の期間、中部エリアの店舗で三英傑に因んだ弁当などを販売。

その他[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 名古屋市が商標権者の登録商標2”. 浅尾国際特許商標事務所. 2018年8月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l いざ出陣!名古屋おもてなし武将隊 結成式 - Network2010
  3. ^ 公式ブログのよくある質問より
  4. ^ a b “戦国武将:イケメンぞろい「名古屋おもてなし武将隊」歴女に大人気 全国で雇用対策にも”. まんたんウェブ. (2010年8月19日). http://mantan-web.jp/2010/08/19/20100818dog00m200017000c.html 2010年8月19日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g 武将隊「さらばじゃ」信長ら5人”卒業”、中日新聞 2012年4月1日付朝刊、第12版、第27面
  6. ^ a b c 忝なし…”. 名古屋おもてなし武将隊オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2010年3月31日). 2012年3月6日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 新参者お披露目式 おもてなし武将隊、中日スポーツ 2012年5月21日付朝刊、第5版、第23面
  8. ^ a b 本日も呟いた”. 名古屋おもてなし武将隊オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2014年3月30日). 2014年4月13日閲覧。
  9. ^ a b “おもてなし武将隊2年振りに女性メンバーが加入! 女性目線の新展開も/愛知”. THE PAGE. (2014年4月24日). https://news.yahoo.co.jp/articles/d9d26dec338d034cc40112472b4f1a707eb4e8da 2014年5月4日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f “「名古屋おもてなし武将隊」秀吉ら5人が卒業-出立式で最後のそろい踏み”. サカエ経済新聞. (2015年4月1日). http://sakae.keizai.biz/headline/2140/ 2015年5月7日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f “名古屋おもてなし武将隊・新メンバー披露に2000人”. THE PAGE. (2015年4月4日). https://news.yahoo.co.jp/articles/45b28e44e31d3aeadfbc0134d8d03c3b061790a7 2015年4月9日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f “「名古屋おもてなし武将隊」が新メンバーお披露目 満開の桜の下で演武”. サカエ経済新聞. (2015年4月9日). http://sakae.keizai.biz/headline/2142/ 2015年5月7日閲覧。 
  13. ^ a b c “名古屋おもてなし武将隊:信長の目に涙 加藤清正と卒業 1500人のファンと最後の交流”. MANTAN WEB. (2016年3月27日). http://mantan-web.jp/2016/03/27/20160327dog00m200035000c.html 2016年4月5日閲覧。 
  14. ^ a b c “「名古屋おもてなし武将隊」信長、清正が卒業 名古屋城で出立式”. サカエ経済新聞. (2016年3月30日). http://sakae.keizai.biz/headline/2338/ 2016年4月5日閲覧。 
  15. ^ a b c “名古屋おもてなし武将隊:新しい信長役に31歳の元会社員・岩崎健人さん 清正役は23歳の新人俳優・東達也さん”. MANTANWEB. (2016年4月18日). http://mantan-web.jp/2016/04/18/20160418dog00m200018000c.html 2016年4月20日閲覧。 
  16. ^ a b c 名古屋武将隊 新メンバー「信長」「清正」お披露目、中日新聞 なごや東版 2016年5月23日朝刊、第14面
  17. ^ a b 名古屋城で「名古屋おもてなし武将隊」出立式 陣笠隊の章右衛門が卒業”. サカエ経済新聞 (2017年3月28日). 2017年3月28日閲覧。
  18. ^ a b 「名古屋おもてなし武将隊」が新メンバーお披露目 陣笠隊に哉太郎加入”. サカエ経済新聞 (2017年5月28日). 2017年5月28日閲覧。
  19. ^ a b c 名古屋おもてなし武将隊:前田利家が卒業 1000人超のファンに「また会おう、さらばじゃ」”. まんたんウェブ (2018年4月3日). 2018年4月3日閲覧。
  20. ^ a b c 「名古屋おもてなし武将隊」が新メンバーお披露目式 利家と太助が加入”. 名駅経済新聞 (2018年5月28日). 2018年5月28日閲覧。
  21. ^ a b c “名古屋城で「名古屋おもてなし武将隊」出立式 清正、陣笠隊・哉太郎が卒業”. 名駅経済新聞. (2019年4月1日). https://meieki.keizai.biz/headline/2672/ 2019年4月2日閲覧。 
  22. ^ a b c 名古屋おもてなし武将隊:2代目加藤清正が“卒業” 名古屋城でファンに別れ”. まんたんウェブ (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  23. ^ a b c “「名古屋おもてなし武将隊」が新メンバーお披露目式 清正と凛太郎が加入”. 名駅経済新聞. (2019年5月2日). https://meieki.keizai.biz/headline/2687/ 2019年5月3日閲覧。 
  24. ^ 信長の来る部屋”. メ〜テレ. 2019年10月1日閲覧。
  25. ^ 私の愛した家康さま”. メ〜テレ. 2019年10月1日閲覧。
  26. ^ 今回の「おことわり」をご担当いただいた #前田慶次 さんからのコメントを掲載”. アニメ2期1月より放送開始 八十亀ちゃんかんさつにっき (2020年2月18日). 2020年2月28日閲覧。
  27. ^ 名古屋おもてなし武将隊めざせ!平成の天下統一?!”. 中日新聞社. 2018年8月5日閲覧。
  28. ^ 名古屋おもてなし武将隊が「絆 夏の陣」 参加型演武や名古屋城ツアー”. サカエ経済新聞. 2015年7月8日閲覧。
  29. ^ a b 公式ホームページ「イベント出陣表」より
  30. ^ 前田慶次らがカフェでお出迎え-おもてなし武将隊コラボメニューPRで”. 名駅経済新聞 (2010年1月12日). 2010年1月12日閲覧。
  31. ^ 名古屋おもてなし武将隊の「武将弁当」-サークルKサンクスが企画・販売”. 名駅経済新聞 (2010年8月25日). 2010年8月25日閲覧。
  32. ^ 名古屋おもてなし武将隊プロデュース「武将弁当」、サークルKサンクスで販売”. 名駅経済新聞 (2011年10月11日). 2011年10月11日閲覧。

関連項目[編集]