名古屋トヨペット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
名古屋トヨペット株式会社
Nagoya Toyopet Corporation
NTP honsha.jpg
名古屋トヨペット本社
種類 株式会社
略称 名古屋トヨペット、NTP
本社所在地 日本の旗 日本
456-8555
愛知県名古屋市熱田区尾頭町2-22[1]
北緯35度8分8.3秒
東経136度54分2.2秒
座標: 北緯35度8分8.3秒 東経136度54分2.2秒
設立 1956年昭和31年)3月20日[1]
(名豊自動車株式会社)
業種 小売業
法人番号 1180001022495 ウィキデータを編集
代表者 取締役社長 小栗一朗
専務取締役 鶴田和久
専務取締役 横井克一郎
資本金 8億円[1]
売上高 1787億4400万円(2019年03月31日時点)[2]
営業利益 29億2100万円(2019年03月31日時点)[2]
経常利益 32億7100万円(2019年03月31日時点)[2]
純利益 16億8700万円(2019年03月31日時点)[2]
総資産 1529億0400万円(2019年03月31日時点)[2]
従業員数 2,342名(2018年4月現在)
決算期 3月31日
外部リンク https://nagoya.toyopet-dealer.jp/
テンプレートを表示

名古屋トヨペット株式会社(なごやトヨペット、: Nagoya Toyopet Corporation)は、愛知県を主な販売エリアとする、トヨタ自動車トヨペット店チャネルの販売会社である。

概要[編集]

NTP豊田土橋店

自動車販売店[編集]

携帯電話[編集]

保険[編集]

自動車保険を含む損害保険生命保険がん保険医療保険代理店

マリン事業[編集]

NTPマリン - 船舶の販売/整備/ボート免許

金融商品仲介業[編集]

NTPの意味[編集]

NTPとは「Nice To People 人に『素敵』を。」の略である。NTPは1992年の経営理念制定と同時にコーポレートメッセージとして作成され、翌年にコーポレートマークとして発表された。Nの緑は豊かな暮らしと文化、Tの赤は和・積極性・真心の創業精神、Pの青は車社会の未来創造を象徴している。

沿革[編集]

  • 1956年昭和31年)
    • 3月20日 - 「名豊自動車株式会社」として設立
    • 12月5日 - 「名古屋トヨペット株式会社」に社名変更
  • 1961年(昭和36年)1月1日 - 社是制定
  • 1976年(昭和51年)10月1日 - 独自の顧客管理システムTCR導入(Total systems for Nagoya Toyopet Customers Relations)
  • 1979年(昭和54年)8月30日 - 新車累計販売台数50万台
  • 1990年平成 2年)9月28日 - 新車累計販売台数100万台
  • 1992年(平成 4年)1月6日 - 経営理念発表
  • 1993年(平成 5年)4月1日 - コーポレートマークNTPを発表
  • 1995年(平成 7年)4月 - 営業支援システムNOA導入(Network Organization Assist system)
  • 2001年(平成13年)7月 - 新車累計販売台数150万台
  • 2001年(平成13年)10月26日 - ISO 14001マルチサイト認証取得
  • 2003年(平成15年)11月7日 - 高浜市にNTPマリーナ高浜竣工
  • 2006年(平成18年)3月20日 - 創立50周年
  • 2008年(平成20年) - NTPインポート株式会社設立。ジャガー・フォード車の販売を開始。
  • 2010年(平成22年)10月1日 - 持株会社制移行の前準備として、グループ統括会社「NTPホールディングス株式会社」を設立
  • 2011年(平成23年)6月24日 - 全グループ会社をNTPホールディングスの完全子会社とし、持株会社制に移行
  • 2012年(平成24年)4月1日 - ツタヤ事業(稲沢、上小田井)をグループ会社のNTセブンスへ事業譲渡
  • 2013年(平成25年)3月16日 - 常滑市にNTPマリーナりんくう竣工
  • 2014年(平成26年)
    • 3月31日 - 新車累計販売台数200万台
    • 4月1日 - 名古屋トヨペットおよびグループ会社であるトヨタカローラ南信㈱のフォルクスワーゲン事業を新会社「NTP-VG(NTPヴィークルグループ株式会社)」へ集約
  • 2016年(平成28年)3月20日 - 創立60周年
    • 7月1日 - NTPインポート株式会社を「NTP-VG」を存続会社として吸収合併。(新)「NTPインポート株式会社」とする。これに伴い、日本撤退が決まっていたフォード車の販売を終了する。
  • 2020年(令和2年)
    • 3月1日 - NTPインポート部門の再編成を実施。各ブランド店舗をグループ内独立法人とした中間持株会社制に移行。NTPインポート株式会社は「NTPインポートHD株式会社」に社名変更し、各店舗法人の中間持株会社になる。 各店舗はそれぞれ「NTP-VG株式会社(フォルクスワーゲン部門)」「NTP-VC株式会社(ボルボ部門)」「NTP-PC株式会社(ポルシェ部門)」として、NTPインポートHD傘下の独立法人として営業する。同時に、ADWホールディングス(旧アイカーズ・愛知ダイハツ)が運営していた「ロールス・ロイス・モーター・カーズ名古屋」をNTPインポートHD本体で譲受し、ロールス・ロイス車の販売を開始。
    • 5月 - トヨタ車全車種取り扱いを開始

取扱い車種[編集]

2020年5月よりトヨタ車全車種取り扱いを開始

広告活動[編集]

CM[編集]

サウンドロゴとして使われる「♪行ってみようよ名古屋トヨペット」というCMソングは、愛知県では有名である。現在はAMラジオでのCMのみで使用され、FMラジオ・テレビでは「(人に素敵を) ♪NTP 名古屋トヨペット」が使われる。

テレビCMよりもラジオCMの放送が多いが、テレビCMではオリジナルソングをNTPの各店長がひな壇に並び歌うバージョンが放送されていた。

サイマルラジオのサービス「radiko」では、ラジオCMは流されずCM途中であってもフィラー音楽に差替えられていた。

2012年からは、NTPグループのCMも放送されている。

主なラジオCM出演者(ナレーター)

グループ会社のトヨタレンタリース名古屋もラジオCMを中心に放送している。

など

屋外広告[編集]

名古屋グランパスエイト・ホームスタジアム(名古屋市瑞穂公園陸上競技場は試合開催時のみ。豊田スタジアムはバックスタンド常時広告掲示ポイントとグラウンドに掲示。)

ナゴヤドーム(レフトスタンド側に社名ロゴを掲示。)

提供番組[編集]

まちイチ』 - CBCテレビで放送されている生活情報番組。名古屋トヨペットの一社提供2012年4月以降はNTPグループ提供。

イメージキャラクター[編集]

2015年より、名古屋男性アイドルユニットBOYS AND MENをイメージキャラクターに起用。

モータースポーツ活動[編集]

NTPグループでは、クルマ好きがモータースポーツ活動を楽しむことを目的とした会員組織「NAVUL(なぶーる)」を運営しており、走行会やJAFライセンス講習などを開催している。「NAVUL」とは「Ntpgroup AdVance Up to Limit(限界に挑戦する)」という意味と名古屋弁の「なぶる(触る)」の意味を持っている。

その他[編集]

創立60周年を記念し2017年1月26日「名古屋トヨペット60周年セレモニー」を開催し、『同時にパーティークラッカーを鳴らした最多人数/ Most People popping party poppers』に挑戦。2,517人というギネス記録を達成[3]

NTPグループ[編集]

NTPグループは名古屋トヨペットを含めて、15の企業で構成されており、愛知県、静岡県、長野県を中心に事業活動を行っている。

  • NTPホールディングス株式会社
  • 名古屋トヨペット株式会社
  • ネッツトヨタ名古屋株式会社
  • ネッツトヨタ中京株式会社
  • NTPトヨタ信州株式会社
  • 株式会社トヨタレンタリース名古屋
  • トヨタホーム名古屋株式会社(トヨタホーム信州カンパニー)
  • トヨタホーム東海株式会社
  • 株式会社ジェームス名古屋
  • NTPインポートHD株式会社
  • NTP-VG株式会社
  • NTP-VC株式会社
  • NTP-PC株式会社
  • 株式会社NTPカーモスト
  • 株式会社NTセブンス
  • NTPシステム株式会社

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 会社概要”. 名古屋トヨペット株式会社. 2017年3月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e 名古屋トヨペット株式会社 第82期決算公告
  3. ^ パーティークラッカーを一斉に発射、世界記録に認定/愛知県名古屋市”. 地域ブランドNEWS (2017年1月27日). 2017年3月1日閲覧。