名古屋宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

名古屋宿(なごやじゅく)は、美濃路宿場である。現在の愛知県名古屋市中区にあった。

概要[編集]

尾張藩城下町で、慶長18年(1613年)に宿駅となって、伝馬会所や御触書を掲げる高札場も置かれたが、本陣や脇本陣はなかった。また寛文5年(1665年)には飛脚会所も置かれている。美濃路の他に、名古屋城下札の辻から東片端小牧善師野土田宿太田の渡しなどを経て中山道伏見宿へと至る上街道木曽街道)や、勝川・内津・土岐・釜戸などを経て中山道槙ヶ根追分へと至る下街道など、交通の要衝でもあった。

現在では、官庁街ビル街となっており、往時の様相は残されていない。

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ[編集]

清須宿までの史跡・みどころ[編集]

名古屋市

堀川沿いを北に進む美濃路の1本西側の道で、古い町並みが残る。
  • 五条橋
清洲越し」で清須から移転。堀川にかかる。
織田信長桶狭間の戦いの折に戦勝祈願をしている。
かつては中島をはさんで2つの橋があり「尾張名所図会」によれば「国中第一の大橋」で、観光名所でもあった。

清須市

江戸時代の問屋の形態を残す町家で、美濃路沿いに移築・保存された。入館無料。
  • 新川開削本陣跡
  • 須ヶ口一里塚跡

ゆかりの人々[編集]

  • 野口道直 - 枇杷島橋の橋守役を勤める。「尾張名所図会」の編集に力をつくした。

隣の宿[編集]

美濃路
宮宿 - 名古屋宿 - 清須宿