名古屋市立味鋺小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
名古屋市立味鋺小学校

Ajima Elementary school (Nagoya-city Aichi Japan)01.JPG

国公私立の別 公立学校
設置者 名古屋市
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 462-0014
名古屋市北区楠味鋺三丁目126[WEB 1]
公式サイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

名古屋市立味鋺小学校(なごやしりつ あじましょうがっこう)は、名古屋市北区楠味鋺三丁目にある公立小学校。

歴史[編集]

学区は1955年(昭和30年)まで名古屋市に近接する西春日井郡楠村に属していたが、同年に名古屋市に吸収されると、集合住宅が立ち上がり、人口の急増をみることとなった[1]。村唯一の小学校であった名古屋市立楠小学校には、市営味鋺住宅の完成時に一挙に240人の児童が転入し、一時は二部授業を行うことになるなど、深刻な教室不足に陥った[1]。そこで1958年(昭和33年)9月になり、楠小学校の分校が味鋺地区に設置されることになった[1]。この分校は1961年(昭和36年)9月1日をもって、名古屋市立味鋺小学校として分離独立している[1]

児童数の変遷[編集]

『愛知県小中学校誌』(2018年)によると、児童数の変遷は以下の通りである[2]

1961年(昭和36年) 1060人
1967年(昭和42年) 1723人
1977年(昭和52年) 1580人
1987年(昭和62年) 924人
2007年(平成19年) 964人
2017年(平成29年) 663人

通学区域[編集]

所管する名古屋市教育委員会は、2018年(平成30年)9月1日現在、北区のうち、楠味鋺一丁目・楠味鋺二丁目・楠味鋺三丁目・楠味鋺四丁目・楠味鋺五丁目・中味鋺一丁目・中味鋺二丁目・中味鋺三丁目・東味鋺一丁目・東味鋺二丁目・東味鋺三丁目の全域および楠二丁目・楠四丁目の各一部を通学区域として指定している[WEB 2]

また、卒業後の進学先は名古屋市立北中学校となっている[WEB 3]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

WEB[編集]

  1. ^ a b 名古屋市教育委員会事務局総務部企画経理課企画統計係 (2018年9月18日). “北区の小・中学校一覧” (日本語). 名古屋市. 2018年11月14日閲覧。
  2. ^ 名古屋市教育委員会事務局総務部教育環境計画室計画係 (2018年9月1日). “名古屋市立小・中学校の通学区域一覧(北区) (PDF)” (日本語). 名古屋市. 2018年11月15日閲覧。
  3. ^ 名古屋市教育委員会事務局総務部教育環境計画室計画係 (2018年4月1日). “名古屋市立中学校区一覧(小→中) (PDF)”. 名古屋市. 2018年11月14日閲覧。

書籍[編集]

参考文献[編集]

  • 『北区誌』 北区制50周年記念事業実行委員会、北区制50周年記念事業実行委員会、1994年2月11日(日本語)。
  • 『六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌』 六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌 合同記念誌編集特別委員会、愛知県小中学校校長会・名古屋市立小中学校長会、2018年2月15日(日本語)。

関連項目[編集]