名古屋市立広路小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
名古屋市立広路小学校
Nagoya City Hiroji Elementary School 20150606.JPG
過去の名称 松榮学校
広路学校
御器所村立広路尋常小学校
名古屋市立広路尋常高等小学校
名古屋市広路国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 名古屋市
校訓 共々に正しく・強く・美しく
設立年月日 1872年(明治5年)11月15日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 466-0853
愛知県名古屋市昭和区川原通8丁目21-2

北緯35度9分2.51秒 東経136度56分52.31秒 / 北緯35.1506972度 東経136.9478639度 / 35.1506972; 136.9478639座標: 北緯35度9分2.51秒 東経136度56分52.31秒 / 北緯35.1506972度 東経136.9478639度 / 35.1506972; 136.9478639
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

名古屋市立広路小学校(なごやしりつ ひろじしょうがっこう)は、愛知県名古屋市昭和区にある公立小学校である。 御器所小学校とともに、昭和区における近代教育の源流となった。

沿革[編集]

  • 1872年(明治5年)11月15日 - 学制施行により第二大学区第二中学区に所属。石仏村善昌寺に第27番小学松榮学校として創立。
  • 1876年(明治9年)8月21日 -(明治9年5月8日愛知県布達第96号)第27番小学広路学校に改称
  • 1882年(明治15年) - 現在地へ移転。
  • 1883年(明治16年)1月24日 -(愛知県布達乙第7号)愛知郡第57学区公立小学広路学校に改称
  • 1887年(明治20年)
    • 3月5日 - 小学校令施行により、愛知郡第24学区尋常小学広路学校に改称。
    • 6月 - 八事学校・中根学校を分校として合併する。
  • 1892年(明治25年)
    • 4月1日 - 八事尋常小学校・中根尋常小学校を分離。
    • 6月1日 - 小学校令改正により、愛知郡御器所村立広路尋常小学校に改称。
  • 1910年(明治43年)6月1日 - 高等科を併置し広路尋常高等小学校となる。
  • 1921年(大正10年)8月22日 - 御器所村が名古屋市へ編入され、名古屋市立広路尋常高等小学校となる。
  • 1933年(昭和8年)9月18日 - 校訓制定。
  • 1936年(昭和11年)2月12日 - 松栄尋常小学校を分離。
  • 1937年(昭和12年)3月31日 - 高等科を廃止して広路尋常小学校となる。
  • 1939年(昭和14年)12月30日 - 汐路尋常小学校を分離。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 名古屋市広路国民学校となる。
  • 1945年(昭和20年)5月6日 - 大野郡へ集団疎開。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学校教育法施行により名古屋市立広路小学校に改称。
  • 1957年(昭和32年)
    • 3月5日 - 校歌(作詞・近藤一一、作曲・水野久一郎)制定。
    • 6月12日 - 川原分校を開設。
  • 1959年(昭和34年)9月1日 - 名古屋市立川原小学校を分離。

交通[編集]

近隣施設[編集]

学区[編集]

広路学区は川名駅北西の飯田街道に沿った地域で、川原・八事・松栄・吹上・千種の5学区と接している。広路小学校は学区の北東に位置しており、学区内のどこからでも道程1.5km以内で到達できる。

進学先中学校[編集]

名古屋市立駒方中学校

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『昭和区誌』昭和区制施行50周年記念事業委員会、1987年。