名古屋市立本宿郊外学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:跡地現況の画像提供をお願いします。2015年6月
名古屋市立本宿郊外学園
国公私立の別 公立学校
設置者 名古屋市
設立年月日 1946年(昭和21年)2月11日
閉校年月日 1966年(昭和41年)12月31日[1]
共学・別学 男女共学
所在地 444-3504
テンプレートを表示

名古屋市立本宿郊外学園(なごやしりつもとじゅくこうがいがくえん)は、愛知県岡崎市上衣文町に所在した名古屋市立の教育機関。

沿革[編集]

歴代学園長[編集]

  • 初代 - 榎田里司(1946年1月31日~)[2]
  • 2代 - 深見勇夫(1947年9月1日~)[2]
  • 3代 - 峰澤啓三(1954年6月1日~、1955年4月1日より初代名古屋市立本宿郊外中学校長を兼務)[1]
  • 4代 - 牛田重治(1958年10月1日~)[1]
  • 5代 - 梅本孝之(1964年6月1日~)[1]

跡地[編集]

1993年当時、岡崎市教育委員会が管理し、校舎は学校教育課による「ハートピア岡崎」、寮舎は社会教育課による「働く者の山の家」として使用されていたという[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

新聞[編集]

  1. ^ a b 「戦災孤児を生んだ人間は愚かだった 名古屋市立本宿郊外学園 岡崎の跡地に記念碑 思い出したくない人も 心の傷、今も深く」『中日新聞夕刊』中日新聞社、1997年8月13日、11面。
  2. ^ 「生きた「あかし」記念碑に込めて 岡崎の戦災孤児施設跡 名古屋市立本宿郊外学園 卒業生ら集い除幕式」『中日新聞朝刊西三河版』中日新聞社、1997年8月16日、14面。

文献[編集]

参考文献[編集]

  • 愛知県小中学校長会 『愛知県小中学校誌』 愛知県教育振興会、1957年6月12日、30頁(日本語)。
  • 名古屋市立横須賀郊外学園、名古屋市立横須賀郊外小学校 『名古屋市立横須賀郊外学園 小学校の記録』 名古屋市立横須賀郊外学園・名古屋市立横須賀郊外小学校、1966年11月20日(日本語)。
  • 遠藤由美「戦後日本養護問題史研究その2―合宿教育所の設置過程―」、『教育論叢』第30号、1987年、 25-40頁。
  • 名古屋市立緑丘小学校、名古屋市立緑丘中学校 『緑丘と郊外学園』 名古屋市立緑丘小学校・名古屋市立緑丘中学校、1993年3月31日(日本語)。
  • 愛知県教育委員会 『愛知県教育史 第5巻』 愛知県教育委員会、2006年3月31日(日本語)。全国書誌番号:21065306

関連項目[編集]