名古屋市立楠中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
名古屋市立楠中学校
Nagoya City Kusunoki JHS 20130920.JPG
国公私立 公立学校
設置者 名古屋市
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 462-0012
愛知県名古屋市北区楠二丁目957番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

名古屋市立楠中学校(なごやしりつ くすのきちゅうがっこう)は、愛知県名古屋市北区楠二丁目にある公立中学校

歴史[編集]

楠村立楠中学校(当時)校舎

沿革[編集]

  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学校教育法に基づき設立[1]。楠村立楠小学校校舎を借用した[2]。同月18日開校式、同月19日より授業開始[2]
  • 1948年(昭和23年)10月11日 - 中学校独立校舎(3教室)を竣工[2]。総工費は689,990円だったという[2]
  • 1949年(昭和24年)10月28日 - 第二期工事竣工[2]。総工費2,589,000円[2]
  • 1950年(昭和25年)5月13日 - 宿直室等増築(起工)[3]
  • 1955年(昭和30年)1月20日 - 中学校本館竣工(写真)[3]。総工費6,395,800円[3]
  • 1955年(昭和30年)10月1日 - 楠村が名古屋市北区に編入され、それに伴い名古屋市立楠中学校となる。

歴代校長[編集]

年月は就任を示す

  1. 1947年(昭和22年)4月 - 山本鍟次郎[4]
  2. 1952年(昭和27年)3月 - 浅井銑三[4]
  3. 1955年(昭和30年)3月 - 古瀬金次郎[4]

生徒数の変遷[編集]

『愛知県小中学校誌』(2018年)によると、生徒数の変遷は以下の通りである[5]

1947年(昭和22年) 134人
1957年(昭和32年) 383人
1967年(昭和42年) 1064人
1977年(昭和52年) 1120人
1987年(昭和62年) 957人
1997年(平成9年) 697人
2007年(平成19年) 721人
2017年(平成29年) 658人

通学区域[編集]

所管する名古屋市教育委員会は、2018年(平成30年)9月1日現在、名古屋市立楠小学校区・名古屋市立如意小学校区・名古屋市立楠西小学校区を通学区域として指定している[WEB 1]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

WEB[編集]

  1. ^ 名古屋市教育委員会事務局総務部教育環境計画室計画係 (2018年4月1日). “名古屋市立中学校区一覧 (小→中) (PDF)” (日本語). 名古屋市. 2018年11月17日閲覧。

文献[編集]

参考文献[編集]

  • 『名古屋市楠町誌』 名古屋市楠町誌編纂委員会、名古屋市楠町誌刊行会、1957年10月10日(日本語)。
  • 『六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌』 六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌 合同記念誌編集特別委員会、愛知県小中学校校長会・名古屋市立小中学校長会、2018年2月15日(日本語)。

関連項目[編集]