名古屋市立田代小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
名古屋市立田代小学校
Nagoya City Tashiro Elementary School 20150914.JPG
過去の名称 廣徳学校
田代学校
田代村立田代尋常小学校
東山村立田代尋常高等小学校
名古屋市田代国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 名古屋市
設立年月日 1873年(明治6年)3月11日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 464-0831
愛知県名古屋市千種区観月町2丁目41

北緯35度09分53.31秒 東経136度57分18.88秒 / 北緯35.1648083度 東経136.9552444度 / 35.1648083; 136.9552444座標: 北緯35度09分53.31秒 東経136度57分18.88秒 / 北緯35.1648083度 東経136.9552444度 / 35.1648083; 136.9552444
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

名古屋市立田代小学校(なごやしりつ たしろしょうがっこう)は、愛知県名古屋市千種区にある公立小学校。千種区では千種小学校上野小学校とともに明治初期に開設された伝統のある小学校である。近隣に名古屋大学をはじめ大学が多いため外国から帰国し転入する児童が多く、たびたび帰国子女教育に関するモデル校としての指定を受けている。

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1873年(明治6年)3月11日 - 学制施行により第二大学区第二中学区に所属。第19番小学廣徳学校として末森村に創立。1876年(明治9年)に第19番小学田代学校に改称。
  • 1883年(明治16年)1月24日 -(愛知県布達乙第7号)愛知郡第58学区公立小学田代学校に改称。
  • 1887年(明治20年)3月5日 - 小学校令施行により、愛知郡第27学区尋常小学千種学校に併合され田代分校となる。
  • 1893年(明治26年)6月4日 - 愛知郡田代村立田代尋常小学校として独立。
  • 1907年(明治40年)1月1日 - 合併に伴い上野尋常小学校を併合し東山尋常小学校となる。4月に上野小を分離して田代尋常小学校に戻る。
  • 1910年(明治43年)6月 - 高等科を併置して田代尋常高等小学校となる。
  • 1921年(大正10年)8月22日 - 東山村が名古屋市へ編入され、名古屋市立田代尋常高等小学校となる。
  • 1932年(昭和7年)8月10日 - 現在地に移転
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 名古屋市田代国民学校となる。
  • 1945年(昭和20年)4月1日 - 海津郡へ集団疎開
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学校教育法施行により名古屋市立田代小学校に改称。
  • 1952年(昭和27年) - 新校歌(作詞・丸山薫、作曲・團伊玖磨)制定。
  • 1956年(昭和31年)4月25日 - 自由ヶ丘に分校を設置
  • 1960年(昭和35年)4月1日 - 自由ヶ丘小を分離

児童数の変遷[編集]

『愛知県小中学校誌』(2018年)によると、児童数の変遷は以下の通りである[1]

1947年(昭和22年) 1,633人
1957年(昭和32年) 3,221人
1967年(昭和42年) 1,897人
1977年(昭和52年) 1,827人
1987年(昭和62年) 1,411人
1997年(平成9年) 911人
2007年(平成19年) 866人
2017年(平成29年) 1,103人

交通[編集]

近隣施設[編集]

  • 田代コミュニティセンター

学区[編集]

田代学区は千種区の南部、覚王山駅を中心とする面積1.91 km2の地域であり、春岡・高見・上野・自由ヶ丘・東山・見付・伊勝・川原の8学区と接している。田代小学校は学区の中央東寄りに位置しており、学区内の大部分の地域から道程1.5km以内で到達できる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『千種区史』千種区制施行50周年記念事業実行委員会、1987年。
  • 『六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌』六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌 合同記念誌編集特別委員会、愛知県小中学校校長会・名古屋市立小中学校長会、2018年2月15日(日本語)。

関連項目[編集]