名古屋明徳短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋明徳短期大学
大学設置/創立 1989年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人名古屋石田学園
本部所在地 愛知県東海市富貴ノ台2-172
学部 英語科
国際文化科
研究科 英語専攻
国際文化専攻
テンプレートを表示

名古屋明徳短期大学(なごやめいとくたんきだいがく、英語: Nagoya Meitoku Junior College)は、愛知県東海市富貴ノ台2-172に本部を置いていた日本私立大学である。1989年に設置。大学の略称は明短。 学生募集は2001年度まで。2002年度より星城大学の設置により短期大学は学生募集を停止し[注 1]2003年5月30日正式廃止[1]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 名古屋明徳短期大学は学校法人名古屋石田学園により1989年に設置された日本私立短期大学。当初は、英語科のみで発足したが後に国際文化科の増設、さらに専攻科の設置により規模が拡大した。

教育および研究[編集]

  • 名古屋明徳短期大学は、英語や諸外国の文化をベースした科目を学ぶと同時にビジネスに有用な科目を専門教育とされていたところに特色があり、英語科では「英語アカデミック」・「教養ベーシック」・「実用ビジネス」、 国際文化科では日本文化、東洋文化、西洋文化の各コースがあった。

学風および特色[編集]

沿革[編集]

  • 1989年 名古屋明徳短期大学開学。英語科を置く:在学者数は256[3][4]
  • 1993年 国際文化科を増設:在学者数は女160人[3][5]
  • 1995年 専攻科を設置。
    • 英語専攻
    • 国際文化専攻
  • 2001年度をもって募集を終了。翌年度より星城大学に転換。
  • 2003年5月30日をもって正式廃止[1]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 愛知県東海市富貴ノ台2-172

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 英語科
  • 国際文化科

専攻科[編集]

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長
  • 高橋令二
  • 織田晃
  • 教授
    • 小林康男:「英米文学概論」や「リカレントイングリッシュ」などの科目を担当していた[2]
    • 中島英司:「哲学」・「フランス語」などを担当[2]
    • 前田俊子:「地域文化研究」・「文化人類学」・「ジェンダー論」などを担当[2]
  • 助教授
    • 森川孝典:「東洋史」・「東洋文学」などを担当[2]
    • 秋山豊:「地域文化研究」・「博物館学」・「歴史考古学」[2]
    • 神野真寿美:「オーラルイングリッシュ」・「英語現地オリエンテーション」[2]
    • 守屋純:「国際関係論」・「西洋史」[2]
    • 田邉三千廣:「西洋文化論」・「日欧交渉史」[2]
  • 客員教授
    • 弘中弘満:「経営学概論」・「簿記・会計」[2]
  • 講師
    • 翠川信人:「中国語」・「中国文学」[2]
    • 加藤順一:「日本史」・「政治学」[2]
    • 森暢子:「英語直読直解」・「英語」[2]
    • 加藤知子:「言語学」・「英語学」[2]
    • 前田修江:「異文化理解」・「英語音声学」[2]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 設備:体育館・本館・学生食堂ほか[2]

[編集]

  • 名古屋明徳短期大学の学生寮は「シュロス」と呼ばれていた[2]

対外関係[編集]

系列校[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』279頁より。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 2000年度入学案内小冊子より。
  3. ^ a b 出典:『全国学校総覧
  4. ^ 90年度版67頁より。
  5. ^ 94年度版74頁より。

注釈[編集]

  1. ^ 但し、英語科および国際文化科は、星城大学の学部・学科には継承されていない。