名古屋津島バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
愛知県道68号標識

愛知県道68号名古屋津島線名古屋津島バイパス(あいちけんどう68ごう なごやつしませんなごやつしまバイパス)は、愛知県海部郡大治町西之川を起点とし、同県津島市ヨシヅヤ津島本店付近へ至る予定の計画道路である。また、既存の現道(愛知県道68号名古屋津島線)と区別するためにつけられた名称である。

概要[編集]

名古屋津島バイパス、西條平ヶ野交差点付近、愛知県海部郡大治町西條尼ケ須賀、遠景は名古屋第二環状自動車道国道302号名古屋環状2号線)との西之川交差点

区間としては西之川(国道302号名古屋環状2号線)との交差点)から西にある既存の2車線の町道の土地を大治町西条佐渡付近までそのまま一部利用し、そこから先は南西方向へ用地を買収し建設、暫定的に4車線化する計画である。だが、福田川に架かる橋など、現在開通中の区間は大治町内とあま市内のみである。大部分が未着工または用地買収のめども立たず、完成するのかどうかも疑問である。なお、現在開通している区間については2012年平成24年)5月19日に一般開放された。

津島市の津島日光橋は本線の一部であり現在愛知県道68号名古屋津島線の本線である。本線の地下には下水道の本管が通っており、下水道のない地域の減少、及び水害の軽減への効果も期待されている。

路線データ[編集]

通過する自治体[編集]

接続する路線[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]